ヒロシのホビーライフ雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 作品の引き上げ、そしてレストア

<<   作成日時 : 2012/08/20 15:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

残暑がきびしいざんしょ!

・・・て、だからオヤジギャグは禁止だってば(笑)

ということで残暑お見舞い申し上げます。

昨日ずっと前から「もう、引き揚げないといけないな・・・」と気になっていた作品群を、荻窪の喜屋ホビーさんに行ってやっと引き上げてきました。

かなりデカイスケールの作品がショーケースの中を占拠していたのでずっと心苦しかったわけですが、なかなか取りに伺えず喜屋ホビーさんにはご迷惑をおかけしました。

作品はほとんどが昔電ホで製作したもので、1/32のタミヤのファントム、トラぺのP-38やF-105D、1/24のP-51Dなどの大スケールの作品に加え、1/48のF-4Uやハリケーン、疾風など。

幾つかはナガエアートさん経由で貸し出したものがあるんですが、1/32の作品は自ら直接持ち込んだものです。

今回は家のAZワゴンを家族に使われたため、ロードスターで行ったので積み込みが大変でした(笑)。結局1/24のP-51Dだけは次回引き揚げということになっていまいましたが、それ以外は引き揚げてきました。

で、今物騒な話題でもちきりの‘中国’製キット2点はあまりの大きさと重さに脚柱が耐えられず破損。それ以外も破損が激しく廃棄処分としました。
ま、作品に愛着があれば何とか修理したのですが、どうもこのメーカーの作品は完成しても愛着が湧きません。
もちろん作るときはそれなりにかなり苦労したのですが、完成しても愛着がわかないのは私の気持ちの問題なのかもしれませんが、やはりキットに愛が感じられないからでしょう。

まぁ、たとえ修理したとしても飾る場所もありませんので仕方ないですね。

もちろんそれ以外のキットは大切に修理&保管します。


タミヤのファントムは97年にホビージャパンの初めての作例として製作したものですが、編集部から戻ってきてすぐ立川のコトブキヤさんで展示してました。
暫くして今度は横浜のコトブキヤさんのお店に移されて展示されたあと、一旦我が家に戻ってきてその後喜屋ホビーさんへという流浪の旅をしてました
凡そ10年ぶりの帰還でしょうか。

実は横浜に展示中当時、ちょっと大きな地震にあい、上から物が落ちてきて翼端を破損したり、キャノピーのヒンジが折れたりしたのですが、それらは一時帰宅した際に修理しました。

今回は帰りの運搬中、レドームの先端が入れていた箱に振れていたため擦れてしまいましたが、近いうちタッチアップします。
画像


ハリケーンは特に破損等もなく良好な状態です。
胴体の蛇の目などの色が薄く見えますが、これはこのキットがテストショットを組んだもので、デカールも同様にテストショットみたいな質のものだったため。
この作品は全面黒のナイトハリケーンと2機同時製作した片割れです。
画像



疾風ももう1機のほうに別売デカールを使用してこの作品と2機同時製作したもの。ちなみにハリケーンも疾風も1ヵ月で2機作りました

一見何ともないように見えますが・・・
画像


アンテナ線は切れ・・・
画像


右翼の機関砲はありますが・・・
画像


左翼の機関砲は行方不明
何となく機関砲は接着せずに差し込んだだけだったような微かな記憶が(^_^;)
画像

アンテナ線は張りなおせばOKですが、アンテナ柱がテンションに負けて曲がってしまっているので、この際金属線で作り直す予定です。
ちなみに同時に製作したもう1機のアンテナ柱も同じ状態だったりしますので、そっちも直したいですね。


ハセガワの1/72のハリアー。
これは何ともありません。
画像


同じくハセガワのK-4は、当時電ホのスペシャル企画(私の発案)で様々なD.UPを詳細に解説しましょうということで、コクピットにアイリスのレジンパーツを組み込んだり、ブレーキホースを追加したりといろいろ行った作品です。
片側の脚カバーが取れていたので再接着しましたが、エルロン裏にあるマスバランスが片方紛失してました。ジャンクを探したのですが、生憎メッサー用は無かったためそのままです。
そのうち何とかしましょう。
画像



トラぺ1/48のフラゴンは、片側の主車輪の軸が折れ、機首先のピトー管が紛失。
画像


主車輪は修復しましたが、ピトー管はかなり複雑な形状なので自作するのも大変そうです。
ま、これもそのうち何とかしましょう(笑)
画像


ハセガワのF-4U-5Nはやはりアンテナ柱が折れ、ピトー管も輸送中に折れてしまいました。
画像


今ではピトー管は大抵金属化しますが、このときはキットのプラパーツをそのまま使っていました。
なので、この際金属化です。
0.7mmの真ちゅうパイプと0.5mmの洋白線で自作しました。
画像


画像


アンテナ柱も金属を埋め込むなどの補強をしていなかったみたいです。ここも補強。
画像


尾翼側も新たに細い銅線をよったもので作り直し。
画像


アンテナ線はいつものドール用の髪の毛です。
画像


画像


とりあえずファントム以外は昨晩のうちに全てショーケース内に収めました。

問題は一番大きいファントムですね。
他の作品はまるでジグソーパズルのように作品をすき間なく詰めて入れたので、このファントムも何とかなるかな?

今回引き揚げてきた作品は、そのうち完成品ギャラリーでちゃんとご紹介したいと思います。

ではまた!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あちらこちらに作品がばら撒かれていたのですね。
本日、パソコンを新規にしました。
セットアップがまだうまくいっていないようなので、心配です。
後数日したら何とかなると思います。
日の丸航空隊
2012/08/20 22:04
日の丸航空隊さん、ハイ、そうなんですが、今回でほぼ回収が終わりました。

PC新しくなったんですね。慣れれば快適ではないでしょうか。
ヒロシ
2012/08/20 23:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
作品の引き上げ、そしてレストア ヒロシのホビーライフ雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる