ヒロシのホビーライフ雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS レベル1/32紫電11型甲製作記 E

<<   作成日時 : 2014/06/02 21:10   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 10

久々の紫電です。

実は静岡の前にカウリングの修正は終えていました。

カウリングの修正は主に下部の取り外しできる出来るカバーの接着と、それに伴う合わせ目の処理など。
また一部パネルラインが抜けているところがあったので追加などをしました。
画像


画像


画像


パネルラインやリベットを再生したのがこれ
画像


画像


画像



さて、このキットは翼端灯などは透明パーツが用意されていますが、ちょっと使い物になりません
画像



ひどいヒケはあるは、気泡が入っているはで・・・
画像


画像


そこで、カッティングエッジの航法灯セットの基部のクリアーレジンを使用してみることにしました。
画像


画像


んが!削っている最中に厚みが足りないことや、電球を模して開けた穴がずれていたことなどからやり直すことにしました。
しかしもうこのレジンは使えません。

そこで透明パーツのジャンクにあったこれを使うことにしました。
ハセガワのスパホのキャノピーのガイドを兼ねたランナーです。
画像


厚みも申し分ありません。
画像


画像


接着の際の補強を兼ねて、電球を模した穴に洋白線を差し込んで翼とガッチリ付くようにしました。
画像


画像


削ります
画像


画像


パネルラインとリベットを再生して完了。
あとはクリアーレッドとクリアーブルーを塗装してマスキングします。
画像


尾灯も同様に。
ただこちらは洋白線ではなく、プラロッドを差し込んでいます。
画像


画像


削り終えたらコンパウンドで磨き、消えたリベットやパネルラインをそれらしく再生して終了。
画像


ちなみにこの尾灯のまわりの〇リベットの再生は自作工具で。
画像

0.5mmの真ちゅうパイプで、先端に溝を切ってあります。
各サイズを作ってありますので、様々なスケールに対応できます。


ここまでくれば、塗装まであと少しですが、まだ残っている作業が…

まずはキャノピー
前部風防には位置決め用のタボがあり、胴体には穴があります。
タボはガラス部分にまでおよんでいて、完成後に目立つのでこれは削除します。
画像


そこで胴体側は位置決めのために風防の基部をケガキ針でなぞっておき、穴は埋めました。
画像


画像


風防はタボを切り取り、跡はサンドペーパーで消しました。
また両サイドの窓も金型の荒れ七日、少々透明度が良くなかったので、ここも一旦サンぺ掛けして磨きます。
画像


ピトー管の取り付け穴は一旦埋めました。
画像


アンテナは金属化します。
オーバルブラスを削って作りますが、基部の形状は難しそうです。。
画像


ということで今回はここまでです

ではまた!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ヒロシさん、おひさしぶりです。
これはたのしみ!どんな紫電になるんだろう!!

ohtinsky
2014/06/02 22:08
ohtinskyさん、お久しぶりです。
今回は極力オリジナルのディテールを生かして製作します。
塗装とかはまだ決めてません
ヒロシ
2014/06/02 22:22
色々な手の込んだ作業をされていらっしゃいますね。
このレベルの紫電改、ヒロシさんの元に来て良かったと大変喜んでいますよ。
大事に作ってあげている気持ちが大変感じられます。
立派な紫電改に仕上げてくださいね。
エアプレン
URL
2014/06/02 23:22
エアプレンさん、紫電改ではなく、紫電です(笑)
古いキットなので、色々と手を入れるところが多いですが楽しいです
ヒロシ
2014/06/03 00:41
1/32の紫電ですか。
た、大変失礼いたしました。
1/32の紫電となるとかなりレアですね。
わ、私も欲すいーーーーーーー!!!!!!
エアプレン
URL
2014/06/03 04:07
32サイズだと、こういったちょっとした作業が楽であり、誤魔化しが効かない辛さもありますね。
自作リベッターは、便利ですね。
作ってみようかな。(笑)

塗装はシンプルですが、工場の違いで尾翼下の塗り残しの形が変わるので、そこだけは気をつけてくださいね。
作業過程が楽しみです。
頑張ってください。
日の丸航空隊
2014/06/03 05:11
エアプレンさん、このレベルの紫電は発売当時約40年ほど前に買ったものです。
買ったときは1,500円でした

で、1〜2年前にもヤフオクでタカラレベル版を手に入れましたが、これは6,500円ほどで落札しました。
ヒロシ
2014/06/03 16:13
日の丸航空隊さん、仰る通り大きい分、楽でもあり誤魔化しも効きませんね。

塗装ですが、日の丸は塗装で入れますが、尾翼の部隊ナンバーはデカールが使えれば…と思っています。
ヒロシ
2014/06/03 16:16
航法灯の作製手法に、ライトユーザーは『口ぽかーん』ですw(°0°)w
ひろ
2014/06/07 11:17
ひろさん、コメント&気持ち玉ありがとうございます。
翼端灯の自作はやってみると意外と簡単ですよ。
コツは翼の方を削りすぎないように、ギリギリまでマスキングペーパーで保護しておくといいです。
ヒロシ
2014/06/07 23:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
レベル1/32紫電11型甲製作記 E ヒロシのホビーライフ雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる