ヒロシのホビーライフ雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS レベル1/32紫電11型甲製作記 I

<<   作成日時 : 2014/08/24 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 6

まずは塗装前に前回忘れていた機首下のオイルクーラーを。

貼り合わせると断面が全体的に四角っぽい(笑)
また結構なギャップが生じるうえ、前後の穴も真円になっていなかったので、一度パテで埋めて外形ともども修正しました(スイマセン、写真は撮ってません)

穴の奥にはジャンクのエッチングのを入れますが、これは塗装後最後に入れます。
画像


ファインモールドのF-14用の余りです。
しかしこれは1枚しかないので・・・
画像


反対側はこれを丸く切ったものを入れます。
画像


画像



それからこれもかなり前に修正済みだったんですが、アップするのを忘れていたプロペラブレード!
各模型誌でもこのキットの製作記でかならず指摘されるのが根元の裏側のヒケ。
画像


画像


ヒケをパテで埋めるとともに、全体的にペーパーを当てて先端はより薄くなるように修正しました。
画像



さて、いよいよ塗装ですが、どうしようかと悩んでいたマーキングは201-53号機にすることにしました。
デカールは201‐55しかないので、同じデカールの他のナンバーから5と3を入れ替えて使用します。
ただ問題はこのデカールが使えるかどうかということ…
画像


画像


なにしろ40年ほど前に買ったものなので何とも言えません。
まぁ、保存には気を付けていたので黄ばみや妬けなどはありませんが、果たして使用可能かどうか?
それとナンバーの黄橙色が少々薄いので、上からタッチアップする必要がありそうです。


この201-53号機は胴体主翼とも日の丸の白縁はありません。
というか、胴体の白縁は暗緑色で塗りつぶされていたとのこと。そこで縁にクレオスの15番(暗緑色)を吹いて、さらにマスキングという方法をとりました。
画像


画像


因みに主翼上面も同じなのか、よくわかりません。
資料本の記述には胴体のみ塗りつぶされていたとありますが、翼の方は書かれていません。
普通に考えれば翼上面も同じように塗りつぶされていたと考えるのが当然のような気もしますが…
キットのインストには「胴体の白縁が無い場合は、主翼の白縁もない」と説明書きがあります。

とりあえず翼の方はそのまま縁なしでいきます(後で追加で塗ることもできるし)
画像


キャノピーは金型によりキズとか少々うねりがあったので、ペーパーとコンパウンドで修正しました。
またまた写真撮り忘れますた。。


主翼前縁の見方識別帯とプロペラブレードはファンデーションクリームを下地に、黄橙色を塗装してマスキングし、シルバーを吹いた後赤褐色を塗装しました。
画像


画像


さて、機体の塗装です。

まずは全体を8番シルバーで塗装しますが、下面はそのままなので、下面はクリアー入りのシルバー、上・側面はビン生です。
画像


画像


下面はただシルバーを塗っただけでは味気ないので、所々変化を付けてみました。

まずはエレベーターとエルロンはシルバーにグレー(明灰白色128番)を混ぜたものを塗りました。
画像


画像


画像


また胴体中心付近のパネルは、クラッシクシルバーにしてみました。
画像


画像


これで墨入れやウオッシングをすればもっとメリハリが出るでしょう。

次回は下面をマスキングして上面の塗装です。

ではでは!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
塗装に入りましたね。
主翼日の丸の淵は、元々無かったように記憶しています。
下面の塗り分けがいい味醸し出してます。

塗装が終われば、残るは小さなパーツ類ですね。
頑張ってください。
日の丸航空隊
2014/08/24 05:55
日の丸航空隊さん、やはり主翼の日の丸は白縁なしで塗りつぶしも無しでいいんですね。

小物は主脚とか車輪など、それと機銃の銃身の自作などです。
ヒロシ
2014/08/24 11:57
オイルクーラーも 目立つポイントになり
このようにエッチングを入れると 引き立ち
ますね。 下面も無塗装の塗り分けも
メリハリがついて いいです 
この機体はフィリピンで戦ったから 少々
剥げてきているようなのですか。
あきみず
2014/08/24 18:08
あきみずさん、こんばんは。
エッチングはちょうどいいのがありました。
細かい部分ですが、完成後もちょっとしたアイポイントになりそうです。

この機体は実機写真が何枚か残っていますが、塗装はそれほど剥がれていないようです。
ヒロシ
2014/08/24 21:16
紫電のオイルクーラーって面白い形ですよね。
試作の最初は付いて無いみたいで
いかにも後付けな感じなだけに目立つので
Dアップの効果も大きそうですね。
機番も32なら塗装してしまえば・・・。
やひち
2014/08/24 21:27
やひちさん、そうなんですよね。
ホントにとって付けた感じが面白いです。

実は資料にもこのオイルクーラーの穴の中がどうなっているのか…メッシュがあるのかないのかも分かりませんのでデッチアップです(笑)
ヒロシ
2014/08/25 00:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
レベル1/32紫電11型甲製作記 I ヒロシのホビーライフ雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる