ヒロシのホビーライフ雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS タミヤ1/72 P-47Dサンダーボルトバブルトップ#8 完成

<<   作成日時 : 2014/12/03 23:00   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 16

皆さん、こんばんは。

とうとう12月になってしまいましたね。
今年もあと1ヵ月!1年ってホント早いです。

さて、ようやくタミヤ1/72 P-47Dサンダーボルト完成しました。
製作を開始してからまるっと2か月かかってしまいました…
まぁ、作例もやっていたので仕方ないですが、もっと早く完成させたかったです。
画像



では完成までをご覧ください。


まず、エンジンの工作です。
クイックブーストのエンジンにはプッシュロッドを追加するため?と思われる下穴があるので、そこにφ0.3mmの洋白線を付けました。
画像


画像


次にプラグコードですが、ちょうどいい太さの銅線が無かったので、ちょっと細すぎる感じがしたのですが約0.1mm径の銅線を使用しました。
画像


そして塗装です。
画像


なかなかいい感じに仕上がったと自己満足
画像


カウリングからはこんな感じです。
画像


ただ、このクイックブーストのエンジンとカウリング、そして胴体とのフィッティングが今一つで、エンジンの先端がカウリングからちょっと出ないといけないんですが(そうしないとプロペラがカウリングと干渉します)、そのまま付けるとクリング先端とほぼ面一になってしまいます。

そこでエンジン側の差し込み部と胴体との間に1ミリ厚のプラバンをスペーサーとして入れ、エンジン自体はカウリングの本来の位置より若干前に行くように加工してエンジンがカウリングから飛び出すようにしました。
画像



次はデカールのタッチアップを行いました。

尾翼の黄色や赤はクレオスのキアライエローとハーマンレッドがぴったりでした。
難しかったのは機首のブルーの色調。
ガイアカラーのブルーをベースに、色の素各色をちょっとずつ混ぜて何とか似た色を作って塗りました。
画像

なんかムラムラになってしまいましたけど、まあ、こんなもんで勘弁してくだせぇ。。

コクピット後部の機体内部色を塗り忘れていたので、ここでマスキングして塗装しました。
画像


で、全体に約70%艶消しのクリアーを吹いて艶調整とオーバーコートして塗装は終了。


次は小物の塗装と工作
タイヤはパーティングラインを消すとパターンの溝も消えてしまうので彫り直しました。
まぁ、すり減って溝が無くなったよ〜という設定でもいいんですけどね(笑)
画像


少しでも重量感をだせればいいかな・・・と、接地面は少し削っておきました。
画像


ブレーキパイプは細い銅線を焼きなまして艶消し黒で塗ったもの。
画像



プロペラはスピナーが赤なので全体にサフを吹いたあと、ブレード先端のイエローの下塗りと同時にファンデーションホワイトで下塗り。
で、スピナーの赤はガイアのブライトレッド、ブレード先端のイエローはキアライエローを塗った上から4番の通常のイエローを塗りました。
画像


画像

それらをマスキングして、クレオスのウィノーブラックでブレードを塗装し、マスキングを剥がせばあとはデカール貼って艶消しクリア吹きます。

最後に基部のシルバーを筆塗りして完了!
画像


主翼裏面にある3つの識別灯はただ塗装するだけのモールドになっていましたが、予め1ミリのザグリを入れておいたので、H・アイズミニの1ミリ径のものをはめ込みました。
画像


ただちょっとザグリが浅かったのでクリアーパーツが飛び出していますけど気にしないことにします(笑)
画像


翼端灯はライトの部分をピンバイスでザグリを入れ、クリアーレッドとブルーで着色しました。
画像


画像


ピトー管は金属線で自作しようかと思いましたが、キットのできが良かったのでそのまま使いました。
画像


機関砲は別パーツパーツになっている2本は穴が開いていないのでピンバイスで穴を開けておきました。
画像


画像


画像


キャノピーの上部に付くバックミラーは本体が黒らしいので黒く塗って、足の部分はシルバーです。
ところでこの画像を見てもお分かりのように、前部風防と胴体とにかなりすき間が空いてしまいました
塗装前の仮組みのときは気がつかなかったんですが、これなら先に風防を胴体に接着してすき間を修正してから塗装すればよかったと後悔してます。
タミヤだからまさかこんなことにはならないだろうと油断してましたw
画像


ということで完成です。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


最後は昔作ったハセガワのキットと
画像


タミヤ1/72 P-47Dサンダーボルト バブルトップ改造
製作開始:2014年10月4日
完  成:2014年12月3日
価  格:1,400円

タミヤのキットはP-47D-25-REをモデライズしているようですが、今回はドーサルフィンとエアブレーキを追加、航法灯を移設してP-47D-30-REに改造しました。
エンジンはクイックブーストを使用しましたが、このエンジンは30-REやM型用らしいのでちょうど良かったです。

マーキングはライフライクデカールを使用し、第406戦闘大隊題514戦闘中隊ジェイ・ファン・ブルーム大尉乗機にしました。
ただデカールはかなりデリケートで、機首のブルーは曲面などの切り込みの縁の色が印刷のずれ?なのか色が濃くなっていて、かなり目立つのが残念。
また主翼の国旗マークは一回りサイズが小さく、手持ちのエアロマスターの国旗マークセットから40inサイズのものを使用しています。

今回はCOLT-Tさん主催の「P-47サンダーボルトを作ろう祭り」に参加して、前から作りたかったタミヤの72を作ることが出来ました。
ありがとうございます。

来年の静岡までにもう1機くらいサンダーボルトを作りたいと思っていますが、ちょっとここで72の飛行機は違うのをやろうと思います。
何を作るかは近々お知らせしますね〜

ではまた!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
ヒロシさんおつかれさまでした〜。
僕もライフライクデカールの製品は何度か使用
しましたが、シート上で見る美しささとは裏腹に、その使い勝手の悪さのためお蔵入りとなっていましたが、ヒロシさんの作例を見て使ってみようかなと…
しかし、機首のタッチアップでの塗料とデカールの色合わせはさすがですね!
タミヤの1/72,P-47についてはかれこれ10年程
作り続けていますが、最近は引けも目立つようになってきました。
金型の劣化が進んでいるのでしょうか?
この辺で思い切ってP-47N型をリリースしてくれませんかね…
Banchan
2014/12/03 23:34
Banchanさん、ありがとうございます。
仰る通り使い勝手はあまり良くはないですね。
でも面白いマーキングもあるので、やはり使ってみたいです。
今回のようなカウリングにぐるっと貼るようなものでなければ、まだいいかと(笑)

最近のものはヒケが目立つようになってきたんですか。
私が作ったのは発売されてすぐの初期ロットですし、在庫のレザーバックも同様です。
どうしても人気機種のキットは金型も痛んでくるんでしょうね。
タミヤさんにはサンダーボルトに限らず、72は零戦以外のレシプロ機の新キットをそろそろお願いしたいです。
ヒロシ
2014/12/04 00:43
サンダーボルトの完成、おめでとうございます。
デカールのタッチアップが綺麗に出来ましたね。
ライフライクのデカールは、珍しいマーキングが多くて好きなのですが、やはり扱いづらいですね。

金型改修して、機種バリエーションを増やして欲しいですね。
また、新機種も。

お疲れ様でした。
日の丸航空隊
2014/12/04 04:53
日の丸航空隊さん、ありがとうございます。
デカールのタッチアップは気を使いました(笑)
やはり皆さんライフライクの扱い辛さを感じているようですね。
私もまだ48の飛燕用とか、72のハリケーンやスピット用もあるので戦々恐々です(笑)

サンダーボルトはバリエーションもいっぱいあるのでいろいろ出して欲しいですよね。
他の機種もそろそろ出して欲しいところです。
ヒロシ
2014/12/04 09:00
完成おめでとうございます。
素晴らしい物を見せて頂きました。
以下、門外漢の戯言です。
機体の色合いとスジ彫りの具合がとてもシャープで、素敵に思います。
ひろ
2014/12/04 14:33
P-47 完成おめでとうございます。
珍しいマークの機体です エンジンやタイヤも
きっちり作られて 製作の参考になります。
アップの写真も ほれぼれと見とれる程の
仕上がりで、墨入れもきっちりやらないと
いけないと思いました。静岡で拝見できるのを
楽しみにしています。
あきみず
2014/12/04 20:50
ひろさん、ありがとうございます。
今回は銀塗装ですが、ノーズアートやアンチグレアのバランスを考えて艶消しを強めにしました。
スジ彫はキットのままで、消えたところだけ再生してます。
ヒロシ
2014/12/04 23:14
あきみずさん、ありがとうございます。
このマーキングの機体はデカールを見つけるまで知らなかったんですが、あとで手持ちの資料を見たら実機写真が載ってました(笑)

タイヤの溝の再生は目立てヤスリとPカッターで行いました。時間はちょっと掛かりますが簡単ですよ。
ヒロシ
2014/12/04 23:16
完成おめでとうございます。
このマーキングも派手でカッコイイですね。
機首のブルーもデカールという事で
タッチアップも綺麗に仕上げられてますね。
お疲れ様でした。
タミヤの72はワタシも積んでいるので
祭りにもう一機参加したいですね〜。
やひち
2014/12/04 23:26
やひちさん、ありがとうございます。
-30-REのデカールがこれしかなかったのでこれにしたんですが、結果的にはオーライでした。
機首のブルーは塗装でやったほうがもっときれいに仕上がったでしょうね。

静岡までにあともう1機やる予定です。今のところスウォードのN型をやろうかと思ってますよ。
ヒロシ
2014/12/05 08:48
ウヲ〜
マジですか?!
スウォードN型の作例
メチャメチャ楽しみにしています。
この製品、僕も探しているのですが、
今はなかなか見つかりませんね。
ガッカリ・・・・
Banchan
2014/12/05 10:47
Banchanさん、そうなんです。
このキットかなり気合の入った内容で、私も作るの楽しみなんです。

スウォードとかスペシャルホビーとかの簡易キットは、見つけたときに買っておかないと以後なかなか手に入りませんね。
ヒロシ
2014/12/05 13:34
おおお!もう出来ている!!ボクはまだコクピットを胴体に差し込んだばかりです。素敵な仕上がり。完成おめでとうございます!!!
ohtinsky
2014/12/06 14:28
完成おめでとうございます。
カウリングのところのタッチアップ、綺麗になっててさすがですね。ライフライクのデカールは、曲面にぐるっと貼るようなものでなければ、まあそれなりに使えるかと。以前、48飛燕のやつは使ったことがありますが、さほど問題なく使えました。
それにしても、いい色合いのマーキングです。デカール買っておいてよかった(笑)
雪風
2014/12/06 16:11
ohtinskyさん、ありがとうございます。
タミヤのキットはサクッと作れますが、余計な改造したので時間が掛かりました(笑)
ohtinskyさんも頑張ってくださいね。
ヒロシ
2014/12/07 10:59
雪風さん、ありがとうございます。
仰る通りぐるっと覆うタイプのものじゃなければ、まあ大丈夫そうですね。
これが48だったら文字の部分を切り抜いてブルーは塗装で仕上げたと思います。
ヒロシ
2014/12/07 11:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
タミヤ1/72 P-47Dサンダーボルトバブルトップ#8 完成 ヒロシのホビーライフ雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる