ヒロシのホビーライフ雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS エアフィックス1/72 ショート・ツカノT.1製作記#1

<<   作成日時 : 2014/12/10 00:56   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 10

今年中にもう一つ位飛行機を作りたいなぁ〜ということで、サクッと完成できそうな72のキットということで蜜柑山から目についたのがこのツカノでした。
画像


実は買った時から気になっていたキットで、そろそろ成仏させてやろうかと。
まぁ、お手付きも気になったんですが、作りたいものを作った方が健全でしょう(笑)

キットはデカールがカルトの所謂赤箱です、店頭でも良く見かけますね。
ただキット自体はかなり前からあるみたいで、今の赤箱は見せかけだけ、中身は結構古いということにあとで気づきました。
モールドはちょっと太めのスジ彫りで、小物もわりとシャープなのでサクッといけるだろうと思ったのが運のつき(笑)
ちょっと大変なキットだったようです。

地雷を踏んだかな。。

ちなみにこのツカノという機体について
エンブラエル EMB-312(Embraer EMB-312)は、ブラジルの航空機メーカーエンブラエルが開発したターボプロップ単発の基本練習機。愛称はツカノ(Tucano:オオハシの意)。ブラジル空軍では練習機仕様機に「T-27」、COIN機仕様機に「AT-27」の名称を与えており、海外ではライセンス生産を行っているイギリスのショート社が「ツカノ T.1」の名称を付与している。
(ウィキペディアより)

コクピット内は計器盤や、サイドコンソールはモールドは無くデカールで仕上げます。
画像

しかしこのデカールと貼る物の形状が微妙に合いません。
ま、組んじゃえば分からんでしょ。72だしいいや(笑)

それと後席の計器盤がフードを押し上げるので下部を少し削った程度であとはわりとすんなりといきました。
画像


仮組みしてみるとそこかしこにギャップやすき間が生じます
画像


胴体には尻もち防止のオモリを7g入れる指示があります。
デジタル計量機で釣り用のオモリでどの位の量か見たのですが、7gって結構な量で、この小さなスペースに入れるのは大変でした。
写真を撮り忘れましたが、オモリを半分に切ったり、プライヤーでつぶして形状を変更したりして何とか入れるだけ詰め込みました。
ただ7g入れたかどうか分かりません。完成した時に尻もちついたら・・・
画像


プラがエア特有の柔らかさで、主翼はぺにゃぺにゃ(笑)
また、フラップのあたりの厚みが凄かったので接着部を削りました。
画像


ぺにゃぺにゃ対策に上下を貼り合わせる前にポリパテを翼の真中辺りに充填しておきました。
また胴体と組んでみると、付け根のところに段差が生じるので、接着前にプラバンで上側を押し上げるようにスペーサーを入れておきました。
画像


この主翼と胴体の合いはかなり酷く、腹側はこんな感じです。
画像


画像


ま、削り合わせてどうこうするレベルじゃないのでこのまま強引に接着しますた。。
とにかく、アチコチにすき間やギャップが生じています。


水平尾翼後縁は凄い厚み。
なのでここはガシガシと削ってシャープに。
画像


胴体のラダーも同じ感じでしたので、これは内側を削りましたが、あまり削りすぎると胴体の合せに影響してくるのでほどほどにし、あとは外側を削ります。
画像


動翼の分割ラインも細く浅かったので深く掘り直しています。
画像


ということで、何とか士の字になりましたよん。
画像


さてここからは各部の薄々攻撃と合わせ目&ギャップなどの処理です。

主翼後縁も酷い厚み!
画像


ガシガシ削ってこの通り
画像


ここでキャノピーの合いを確認。
全体的には良いんですが、前部はちょっとすき間ができます。
画像


画像


しかも気泡が入ってるし
画像


機体はパテだらけ
画像


画像


果たして年内に完成するんでしょうか

ではまた!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、ショート・ツカノちょっと大変そうですね、私も気になってたキットなので一寸ショックです。頑張ってください。
ko-tin
2014/12/10 02:35
おはようございます。
ツカノは、大変なことになってますね。(汗)
キャノピーの気泡はヤバイですね。
一昔〜二昔前の国産キットみたいです。
でも、これを綺麗に仕上げてしまうのがヒロシさんなのですよね。
この先、どのように料理されるのか楽しみです。
日の丸航空隊
2014/12/10 08:20
ko-tinさん、私も買った時から気になっていたのでちょっとショック
まぁ、今回は外観重視で頑張ってみます。
ヒロシ
2014/12/10 09:24
日の丸航空隊さん、気持ち玉ありがとうございます。
キャノピーの気泡はどうしようもないですねぇ。絞る気にもならないし…(笑)
主翼上面はエルロンと翼に段差が生じているのでパテで整えます。
とりあえず外観を綺麗に仕上げたいです。
ヒロシ
2014/12/10 09:27
エァーの赤箱でも 旧キットがあるのですね
こういうのは解らないですね。タミヤに
慣れると辛いですが、ヒロシさんなら
もてる技量で、こなしてしまわれますね。
あきみず
2014/12/10 20:59
うひゃ〜、これはなかなか手ごわいキットのようですねぇ。(^^;
一応凹モールドみたいですが、お腹の接合部分などはまさに昔のエアフィックスそのもの。
頑張ってください〜。
私は Pinto に翼を接着してますが、かなりギャップが生じるので、こちらもプラ材で埋めなくちゃならんです。(苦笑)
COLT-T
URL
2014/12/10 22:13
あきみずさん、そうなんですよ。
旧版のキットでも最近のものは赤箱になって売られていますので注意しないといけないです。
でも旧版でも良いキットは沢山あるし、デカールもカルトになったりしてるので悪くはないですね。
ヒロシ
2014/12/10 22:40
COLT-Tさん、いやはや、なかなか手強いです(笑)
仰る通り凹モールドなので最初は最近のキットかと思いました。

先ほどパテにペーパーを当てて、現在2回目のパテのループです
ヒロシ
2014/12/10 22:43
私もこれは面白い機体だと思って作りました。尾翼の鳥のマークが気にいって、赤と銀の2トーン仕様で完成させました。ヒロシ様のテクでの完成が楽しみです。
MIB
2014/12/11 18:24
MIBさんも作られましたか。
ちゃんと手を入れてやれば良い作品になりそうです。
マーキングは別売デカールがあるので、それでいくかもしれません。
ヒロシ
2014/12/12 11:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
エアフィックス1/72 ショート・ツカノT.1製作記#1 ヒロシのホビーライフ雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる