ヒロシのホビーライフ雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS タミヤ1/20 ベネトンB188製作記#1

<<   作成日時 : 2015/01/05 01:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 10

毎年正月に新しいキットに着手するというのが、ここ何年もの恒例行事になっています

ということで、今年は先日宣言したベネトンB188です。
本当はMP4/7のレストアが完成したら始めるつもりでしたが、ご存じのように失敗してレストアは中止したため前倒しして始めることにしました。
画像


今回は後部のカウルは固定してしまう予定なので、エンジンなどの塗装はもちろん、D.UPもしません。
ミッションなどの完成後も見える部分のみ塗装して仕上げる予定です。
いうなれば外観重視ですね。
ま、その方が余計な手間が掛からず早く完成すると思うので・・・


さて、ではまずはこのキットの一番の鬼門!
フロントサスのところのモノコックのパネルからです。

ここは、フロントサスを後で取り付けできるようにモノコックの一部が別パーツになっています。
もちろん実車はこんな分割にはなっておらず、一体になっています。
そこでサスペンションアームを根元付近でカットし、あとで取り付けできるようにφ0.4mmの洋白線を差し込んで取り付けできるようにしておきました。
画像


画像


で、このFサス一体のパネルをモノコック本体の方に接着して接合部を黒瞬着で処理します。
すき間はかなりのものですね(苦笑)
画像


画像


画像


それからバックミラーの取り付け穴も、後で金属線を介して刺し込み式にするので、一旦埋めてφ0.5mmの穴を開けておきます。
画像


裏からプラ棒を当てがって接着しました。
画像


それからカウル後部両脇にあるNASAスクープですが、ここは浅いモールドで実感に掛けるのでD.UPします。
画像


まずモールドに沿って開口します。
画像


穴に合わせてカットしたプラペーパーを接着します。
画像


画像


裏はこんな感じですよ
画像


あとは若干できたすき間などをパテで埋めて仕上げます。
画像


カウルやモノコックのパネルラインは塗装で埋まらないよう深くしておきました。
画像


画像


ところで仮組みしてみると、サイドポンツーンと本体側とに少々ズレが生じます。
画像


画像

ここは本当は接着してしまった方が仕上がりが綺麗になると思うのですが、アンダーボードとエンジンとの関係もあるし、追々考えていくことにします。

それにしてもプライベートでF1作るのは久しぶりです。
たぶんロータス79以来ではないかと。。

櫁柑山にはレイトンハウスやジョーダンなどの80年代後半のマシンのキットもあるので、どんどん作っていきたいですねぇ。

ではまた!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
今時のF1と違って、あっさりした外観で「これぞマシン!」という感じがします。

フロントの足回りは、複雑な工作過程のようなので、今回の方法が良いかも知れませんね。
NASAスクープの開口は、結構目立って良いのでは?
頑張ってください。
日の丸航空隊
2015/01/05 04:37
おはようございます。

さすがの工作!
でもNACAダクトの中(ギャグでは無い 笑)
ってヤスリ掛けとか大変ですよね・・・・・。

外見重視っていうのもいいですね!
JW
2015/01/05 06:41
地獄のマスキング。188
といっても直近でやったアリタリアカラーより全然ましかなぁ。
私もナンニーニで作ったものが展示してあるので
ブーツェン号を作る時の参考にさせて頂きます。
プラ中心ですがF1も30近くあるので今年は一つくらいカタチにしてみたいと思っております。
たかとと
URL
2015/01/05 07:21
日の丸航空隊さん、気持ち玉ありがとうございます。
最近のF1と違ってゴテゴテしてなくていいですね。
フロントのところは以前製作した時はそのまま作ったし、NASAスクープもあのままだと塗料で埋まってしまいそうでしたので今回は拘ってみたいと思います。
ヒロシ
2015/01/05 10:09
JWさん、おはようございます。
ダクトのところのパテは最小限にしたので、ヤスリ掛けは大丈夫だと思います。
以前ヨンパチのF-14でもNASAダクトを工作したので、同じような方法にしました。
ヒロシ
2015/01/05 10:13
たかととさん、そう、ベネトンは塗装が厄介と言えば厄介ですね。
以前作ったのは、このベネトンが発売されてすぐだったので25年くらい前です。あの頃はデカールの上からクリアーコートなどしていなかったので、経年劣化でデカールは日焼けしてボロボロになって処分してしまいました。

先日ざっとF1のストック(1/20のみ)を数えたら、たかととさんと同じく30個位ありました。頑張って作らないと減りません
ヒロシ
2015/01/05 10:19
始まりましたね。
Fのサスアーム、注目したいと思います。
ひろ
2015/01/05 17:57
ひろさん、気持ち玉ありがとうございます。
Fサスのところはやはりちゃんと接合部を消したいですね。
ヒロシ
2015/01/05 22:04
遅まきながら、新年明けましておめでとうございます。
「F1はロータス79以来のF1に〜」とのお言葉に、ただただ、あの時の親切なご対応本当に感謝致しております。あれ以来、ずっとブログ拝見させて致しておりますが、言われてみれば本当にプライベートF1は79以来なんですね、なんだか感慨深いものがあります…。
久々の新作のF1制作楽しみに拝見させて頂きますね♡。
yan
2015/01/07 21:02
yanさん、明けましておめでとうございます。
作例では毎年1/20や1/12を作っているんですが、プライベートでは79以来ですね。

今回のベネトンやレイトンハウス、ジョーダンなどは、発売されてすぐ作ったのですが、作品は処分してしまったので新たに作り直したいと以前から思ってました。
ベネトンの後も出来れば続けて他のマシンをやりたいです。
ヒロシ
2015/01/08 09:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
タミヤ1/20 ベネトンB188製作記#1 ヒロシのホビーライフ雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる