ヒロシのホビーライフ雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS タミヤ1/20 ベネトンB188製作記#5

<<   作成日時 : 2015/03/05 01:26   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 8

いよいよ塗装作業です。

各色(黄、赤、緑、青)それぞれベースとして下塗りのファンデーションカラーを塗装します。

まず後部カウルの真中あたりと、フロント翼端板にイエローを塗装します。

ちなみにフロント翼端板の色はキットの指示ではブーツェン車がイエロー、ナニーニ車が赤になっていますが、当時の資料を見てみると確かにそのような写真もあるのですが、GPによっては両者ともイエローもあります。というかイエローの方が多いみたいです。

今回はイエローにしましたが、最終的にどちらの車にするかは未定です。
GPによってマークの大きさ(特にリアウィングのベネトンのマークなど)が違うので、デカールで対応できる範囲になるでしょう。

次はレッドの塗装ですが、ここでインストの各色の使用色を見てみるとレッドはイタリンレッド、ブルーはスカイブルー、グリーンはパークグリーンとなっています。

で、パークグリーンですが、塗料ストックを調べたら当時使った残りと思われるスプレー缶が出てきました。
画像


画像


まだ中身は結構残っているようだったので瓶に取り出してみました。
以前MA誌のタミヤ1/32のスピットの記事でもご紹介させていただきましたが、画像のようにストローをスプレーの噴射口に当てて吹くと楽に塗料を取り出すことができますよ。
画像


ただし、塗料の中にガスが混ざっているのでよく撹拌して、できれば半日から1日はふたを閉めないように!
ガスが残っていると開けたとき蓋が吹き飛び、塗料も飛び散りますぞ(笑)
幸い、この塗料は年月が経っていたせいかガスはあまり残っていませんでした。

クレオスのデイトナグリーンと比べてみました。
画像

う〜ん、難しいですねェ。
実車を見ると日の当たっているところではパークグリーンのように見えますが、多くの写真はそれよりも濃く写っていてデイトナグリーンに近い感じがします。
またタミヤスプレーは今はどうか分かりませんが、退色しやすいという感じがします。
というのも昔作った作品で、タミヤスプレーを使ったボディ色で退色しているのが多いんですよね。あくまで私個人の意見ですが・・・
てなわけで今回はクレオスのデイトナグリーンを使用することにしました。

話が横道にそれました。
グリーンは一番最後に塗装ですので次はレッドです。
レッドはクレオスのモンザレッドにしました。

まずは細切りのマスキングテープで境を決めます。
画像


画像


全体をマスキングしてファンデーションピンクを塗装します。
小物も勿論一緒に
画像


続いて赤(モンザレッド)を塗装
画像


マスキングを剥がすとこんな感じだす。
画像


画像


やはり両側のイエローとレッドの境界線がずれているところがありました。
こういうところは筆でタッチアップします。
画像


画像



またまたマスキングをして、今度はブルーを塗りますが、マスキングをしたらその境目に軽くクリアーを吹き付けて、ブルーを塗ったときの染み出しを防止します。
なお、その前にファンデーションイエローで塗装面がざらついているところはペーパーを当てて均しておきます。
画像


画像


そしてフィニッシャーズのファンデーションブルーを下塗り。
画像


そしてブルーです。
ブルーはこの前のブガッティのときに34番のスカイブルーを調色した残りにさらにシアンを混ぜてもう一段濃くしたブルーです。
画像


マスキングを剥がしてみました。
まずまずの仕上がりで一安心
画像


さて、次はモノコックのグリーンだ!と思ったら、コクピット後部にイエローを塗装するのを忘れてました(^_^;)
ファンデーションイエローを塗ってマスキング!
画像


またまたイエローを塗装です。
画像


さて、ここまでやって一晩乾燥させて最後のグリーンです。

マスキングし直してファンデーショングリーンを塗ります。
この色はフィニッシャーズからは出ていないようなので、ファンデーションブルーと、クリーム、それに6番のグリーンやシアンを混ぜて作ったものです。
何だかペパーミントグリーンみたいな色ですが
画像


ところがここでノーズの分割線が側面にないことに今更気づきました
画像


資料本をいろいろ探してみたところ、唯一分割線と思われる写真を発見!
画像


画像


スジ彫りしますた。。
画像


スジ彫りをした後、もう1回ファンデーショングリーン(自家調色)を塗装。
画像


そしてデイトナグリーンを塗ります。
画像


これですべての色の塗装が終わりました。
画像


一晩おいて、スパークリアーVを3回ほど塗装しました。

そして各色の境のメクレを1500番〜2000番のサンドペーパーで均します。
この時どうしても下のベースの色が出てきたりしますが、あくまで平滑にすることが目的なので構わずペーパー掛けします。
画像


画像


画像


画像


そして地の色が出たところは丁寧にタッチアップします。
画像



ところで、ここまで来て何だかグリーンが濃すぎるような気がしてなりません。
どうしようか考えた結果、マスキングして上から塗り直すことに。
一瞬シンナー風呂も考えましたが、そこまでする必要はないだろう・・・と。
画像


デイトナグリーンにクールホワイトを少し足して、ほんの少し明るめにしました。
ストロボを焚いたので明るく見えますが、焚かないとあまり前と差が分りません
画像


でも前よりかなり良くなった気がします。
もう一回クリアーを吹かないといけませんが、2日ほど乾燥させてからにしましょう。

その間にシャーシやエンジン関係などを進めるつもりです。

ではまた!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ベネトンの独特のカラーリングが、印象的です。
塗装の境目のメクレはどうしても怖くて十分にペーパーがかけられません。
シャーシ関係まで進めば、完成までそんなに時間は掛からないのでは。
頑張ってください。
日の丸航空隊
2015/03/05 05:29
日の丸航空隊さん、気持ち玉ありがとうございます。
境目のメクレはどうしても生じてしまうので処理が厄介なところですよね。

今回はカウルは固定もしくは完成しても外さないつもりなのでエンジンなどは塗装もしない予定で、ミッションなどの外から見える部分のみという感じです。
なのでそれほど時間は掛からないと思いますので頑張ります
ヒロシ
2015/03/05 09:38
おぉ、ベースの塗装完了しましたね(^^) ここまでくれば後はデカール貼ってクリア吹いてシャーシやってチャチャっと完成ですね(笑)
私はタミヤのスプレー塗料ってあんまり好きではないんですよねぇ。いい色とか専用色とかあるのは便利ですけど、なんか乾燥も遅いような気もするしおっしゃるように退色するような感じで…
yaszo
2015/03/05 11:39
超面倒なB188の色分け。
お疲れ様です。
僕は製作当時スプレー派だったので「タミヤの指定色」で作りました。
ここにあります。
http://blog.goo.ne.jp/takatoto2006/e/3463398e546f2b72921c4a1abae89c14

僕はモノコック側のイエローとグリーンの色分け部が間違っており、変な角度になっております。
やはりもういちど作り直したい!!
たかとと
2015/03/05 15:15
yaszoさん、そう簡単にいけばいいんですけどね(笑)
でも今回はカウルは固定、もしくはカウル内は作りこまない予定なので、完成まではそう長くはかからないかと…

タミヤスプレーは仰る通り乾燥が遅いのと、塗膜が弱い感じがします。
ただ飛行機用の艶消し系は結構いいんでたまに使いますけど、それでも瓶に出してエアブラシで吹いてます。
ヒロシ
2015/03/05 16:43
たかととさん、面倒でしたが、細かい塗り分けがないのがせめてもの救いです。
作品拝見しました。
なかなか綺麗ではないですか!
私の以前の作品はかなり劣化していたので引っ越し時に処分しました。

B188はもう再販はされないんですかねェ。
B192は今でも手入るのになんででしょう?
ヒロシ
2015/03/05 16:49
こんばんは(^◇^)
みるみる色が加わっていく様は
観ていて気持ちイイっすね〜!
観てるだけでワクワクしちゃいます。
塗重なる部分の処理の解説、
タメに成ります〜!( ̄^ ̄)ゞ
その時が来たら思い出さなきゃ!笑
Mr.M
2015/03/05 18:18
Mr.Mさん、こんばんは。
ベネトンは当時のマシンの中でも一際派手でセンスが良かったですから、塗装も力が入りますね(笑)

塗り重ねの処理は他にも方法があると思うので参考程度にしてみてください。
ヒロシ
2015/03/05 21:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
タミヤ1/20 ベネトンB188製作記#5 ヒロシのホビーライフ雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる