ヒロシのホビーライフ雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS SOWRD1/72 P-47Nサンダーボルトその4

<<   作成日時 : 2015/08/31 14:23   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 6

今日で8月もおわり・・・

他の製作の影響で今月はこれを入れても7回しか更新できませんでした。
最近BMメンバーのブログが放置状態のところが多くて、われわれが頑張らないといけないのに申し訳ないです。

最近はSNSも色々あるので手軽なFBなどに投稿してブログを忘れちゃってる方が多いのも時代の流れなんでしょうかね?
なんか寂しいな。。

それにしても記録的な猛暑の後はジメジメした雨が続いています。
なんか夏から一気に秋になった感じですねぇ。いったいどうしちゃったんだろう?
大丈夫か日本?というか地球!


さて、久しぶりのP-47Nです。

作例の合間のちょっとした空き時間で少し進めましたが、暫くはまた休止状態になるでしょう。

まずは機首下面のすき間の処理
画像

0.5mm厚のプラバンをすき間に合わせて削り、埋め込んで接着しました。

画像


カウリング内はあとでタッチアップします。
画像



で、いよいよ主翼の取り付けですが、すき間は何とかなるとして、翼付け根の厚みと胴体側の翼取り付け部の厚みに誤差が生じて段差ができます。
画像


また桁が一応あるにはあるんですが、ないよりはマシといった程度のもので、精度もイマイチ。
一番問題なのは下翼のプラの厚みが厚い割に、胴体側の接合部の厚み分が薄いこと。
そのために表裏とも付け根に段差が生じます。
画像


画像

桁が入る溝が翼内部にあるんですが、今回はその溝をBMCタガネの1.5mmで彫りこんでみました。

右の主翼はそんなことをして、擦り合わせをしたら下面の接合部に若干段差が生じましたが何とか取り付けできました。
画像


ですが、反対の左側はそれだけではダメで、表面の付け根にかなりの隙間ができます。
これを無理やり接着すると、左側だけ上半角が付きすぎてしまいます
画像


そこで0.5mm厚のプラバンを接着してすき間をなくすことに。
画像


赤丸のところが深くした溝です。
画像


これでどうにか上半角も左右対称になりました。
画像


あとはイモ付けの水平尾翼を何とか付ければ士の字になりますが、その後は各合わせ目の処理や、成型不良の修正をしないといけません。
ちなみに主翼に付く機関砲はレジンパーツなんですがまだ主翼と仮組みしてません。
上手く合うといいな

接着の仕方が悪かったのか、背部に段差ができてしまいました
画像


エルロン裏面
○ミヤのキットから改造して型を起こしたのでしょうけど、そのため変な段差が付いてヒケたようになっているしリベットも消えています。
これの修正は厄介ですねぇ。。
画像


さて、ということで今回はここまでです。

当初は作例をやりながらでも簡単に士の字に出来ると思ったんですが、予想以上に手が掛かるうえ、作例もD.UPなどに時間を取られて思うように進みませんでした。
本当は911RSRもボディ塗装まで進めるつもりだったんですけどね。
まぁ、仕方ない・・・

9月になったらがんばろ〜


ではまた!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
SOWRDのP−47N再開ですね。
それにしても「流石SOWRD」簡単には作らせて貰えませんね。
作例の合間を縫っての作業なので、思うようには進まないでしょうが、頑張ってください。
日の丸航空隊
2015/08/31 14:51
日の丸航空隊さん、コメント&気持ち玉ありがとうございます。

とりあえずプチ再開しましたが、また放置プレイです(笑)
合いが良いところと悪いところがあるのでその修正に手間が掛かります。
とりあえず年内に完成出来れば…と思ってます(笑)
ヒロシ
2015/08/31 15:17
う〜〜ん…
なかなか手強いですね!!
手元にヤフオクで落としたkitが
あるのですけど…
やっぱり、タミヤkitに主翼だけSOWRDから
コンバートして、
ドーサルフィンは“型想い”でコピー
する方が気楽かな〜
ヒロシさんどう思われます?
Banchan
2015/08/31 16:04
Banchanさん、う〜ん、どうでしょう
SOWRDのはリベットがびっしり入っていますから、胴体をタミヤにするなら入れないとバランスがとれないかもしれません。
かと言って主翼はエルロンの辺りの成型が☓なので修正が必要だし。
結局どっちにしても手が掛かりそうですね(笑)

因みにドーサルフィンはそのままでは厚すぎなので削った方が良さそうです。
ヒロシ
2015/08/31 17:04
思うに、主翼の厚みと
胴体側のそれの厚みが
合わなかったのは
ヒロシさんが指摘されていたように
主脚格納庫と主翼パーツが干渉
して主翼の厚みが増したのが
原因なのではないかしらん?
Banchan
2015/08/31 18:35
確かにそれはありそうです。
確認したところ右翼はほぼ胴体側と一致しますが、左翼は上側がかなり出っ張ってしまいました。
翼パーツの厚み(特に上翼)が原因のようなので、脚収納庫と当たる内側部分を削れば良いかもしれません。
ヒロシ
2015/08/31 21:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
SOWRD1/72 P-47Nサンダーボルトその4 ヒロシのホビーライフ雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる