ヒロシのホビーライフ雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS SOWRD1/72 P-47Nサンダーボルトその10

<<   作成日時 : 2016/01/15 15:53   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 10

デカールの貼り付け作業です。

このキットのデカールですが軟化剤があまり効きません

ノーズアートやシリアルナンバーなどは何とかなったんですが、国旗マークには参りました。
スジ彫りや凹リベットに馴染んでくれません。
特に胴体のは・・・
画像


軟化剤を付けて綿棒で押し当てていたら・・・

ズタボロ!


で、思案した結果国旗マークは全てエアロマスターのものに貼りなおすことにしました。
画像


画像


このエアロマスターのもすごく良いってわけじゃないんですが、軟化剤がちゃんと効くのでキットのものよりはマシですね。
画像


主翼・キットのデカール
画像


エアロマスター
写真では分かり辛いですが、パネルラインにちゃんと馴染んでいます。
画像


全てのデカールを貼り終えました。
画像


画像

コーションデータのデカールがたくさん付属していました。老眼の目にはほとんど見えないような小さなものまであったのですが、それらは貼りませんでした。
因みに小さくてもちゃんと文字が読めるくらいの印刷です。


そして完成しました〜
画像


ウソぴょん!!
これ昔作ったアカデミーの1/48です
今回製作しているものと同じ部隊のものと思います。

このN型のキットのプロペラはピッチというかひねりが不足していますが、まずまずの形状をしています。
そう、N型のほとんどはこういうプロペラなんです。
画像


さて、あとは全体に半艶クリアー吹いて小物を製作&塗装すれば完成です。
このまま続けて完成させるか、横浜のオー集が近くなってきたのでランチアベータに戻ってあっちを先に完成させるか悩むところですが・・・


ではまた!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
エープリルフールにはまだ早すぎますです。
完成したのかと思っちゃいました。
デカールの馴染み具合は、格段の差がありますね。
72サイズだったら、コーションデータ類は無くても大丈夫でしょう。

ベータも頑張ってください。
日の丸航空隊
2016/01/15 19:55
日の丸航空隊さん、騙されましたね(笑)
デカールは軟化剤があまり効かなかったのでエアロマスターのを持っていて良かったです。

コーションデータは仰るとおりで、貼ってもほとんど分らないような小ささだったので省きました。
ベータも頑張ります!
ヒロシ
2016/01/15 22:11
ヒロシ殿、ご無沙汰致しております。製作記への初コメントになります。(カーモデルの事は良く分からないもので…。)
デカール貼りにご苦労されたようですが、東欧系メーカーのデカールってみんなこんな感じなんでしょうか? 以前、RODENのDr.1を作った時にもデカール軟化剤が殆ど効かず苦労させられました。一見プリントも綺麗でよさげに見えるのですが、いざ貼る段階になるとえっ?て思ってしまいますね。今回はエアロマスターでの代用品があって良かったですね。
シルバー塗装面に半艶クリアを吹くとメタル感が損なわれると言う事はないのでしょか? 私はシルバー地に半艶や艶消しクリアを吹いたことがないので、少し気になって書かせて頂きました。
完成、楽しみにしております。
0-sen
URL
2016/01/15 22:41
0-senさん、初コメありがとうございます。
東欧系のデカールですが、全てがこんなではないです。
エデュアルドとかスペシャルホビーとかはかなり質の良いデカールがセットされています。

で、ローデンのデカールは最近のは分りませんが、仰る通りプリントも綺麗で良さそうに見えるのですが、軟化剤がほとんど効かないという代物が多いです。
私も以前製作したユンカースD1では酷い目にあいました(笑)
何しろ蒸しタオルも効かないほどだったので。

さて、シルバー塗装面に半艶クリアですが、私の場合は予めシルバーにある程度クリアーを混ぜて塗っているので、上からクリアーを塗装してもほとんど変化はありません。
クリアーを混ぜないでシルバーを塗装し、その上から半艶クリアーなり通常のクリアーを塗装すると塗装面に変化が起こります。
メタル感が無くなるかどうかは分りませんが、銀の粒子がクリアーを吹くことによって泳いでしまうので多少なりとも感じは変わります。
ヒロシ
2016/01/16 01:02
P-47Nの製作記も
ここまできましたか・・・・
感慨深いですな〜
ところで、このキットには
尾輪のパーツが2種類
入っていたと思いますが
その使い分けはどのように
解釈されたのですか?
Banchan
2016/01/16 08:54
完成おめでとうございます(`・ω・´)

デカールの貼り込みを真剣に読みながら、急遽完成へのコメントを考えてしまいましたよ(爆)
ひろ
2016/01/16 14:47
Banchanさん、尾輪は仰る通り2種にパーツが入ってます。
ダストブーツで覆われた状態と、覆われてない状態ですね。
普通は覆われていたらしいのですが、今回はあえて覆われていない方にしてみました。
でもあとで変えるかも(笑)
ヒロシ
2016/01/17 18:30
ひろさん、だましてゴメンチャイ
ヒロシ
2016/01/17 18:31
代替えのデカールがすぐに 出て来るのも
長年に及ぶ 対処が 生きてきているのですね。 すっかり完成されたと 思いました

あきみず
2016/01/17 20:52
あきみずさん、国旗マークは米・英・日・独と一通り揃えてます。
今回のように何かあったときは便利ですね。
ヒロシ
2016/01/17 22:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
SOWRD1/72 P-47Nサンダーボルトその10 ヒロシのホビーライフ雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる