ヒロシのホビーライフ雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS ハセガワ1/48 紫電改(前期型)その6

<<   作成日時 : 2016/03/29 01:03   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 8

皆さん、こんばんは。

さて、ひとつ前のエントリーでご報告したように某誌の作例製作のキットが届いたため、いよいよそちらに取り掛かることになりました。

しばらく紫電改とタイガーモスは休止ということになりそうです。
ただ前回から現在まで多少進んでいます。なので、その分は更新しますね。

まずは紫電改から。

とりあえず士の字になりました!
画像



ということでここまでをどうぞ・・・


主翼のリベット打ちが何とか終わったので次は胴体です。

主翼同様鉛筆でリベットラインを下書きし、北風舎のツールで1回目のリベットを入れます。
画像


そして2回目はもう少しリベットをクッキリさせるため、1個1個カルコで打ちました。
主翼などはハセガワのリベットスクレイパーでやったんですが、どうも穴の周りのメクレが大きく、さらに打ち難い・・・
また先端が減るたびに研いでいるので、どうもその先端が真円でなくなってきているようで、打った穴がなんかイビツ。。

そこで以前から持っていて1回も使ったことなかったカルコでやってみると、穴の感じはスクレイパーよりもいい感じです。

画像


ただ小さいのでだんだん持っている手が疲れてきます(笑)
画像


アールが多い胴体は1回目の北風舎のツールが滑ってしまい下書きからずれたり、間違えて打ってしまったところも数か所。
そういうところは溶きパテで修正しました。
画像


そんなこんなで数日かけて胴体のリベット打ちも終了しました。
画像


で、ここで士の字にしました。
胴体下部と主翼後部は若干のギャップが生じたので、黒瞬着で埋めて修正しました。
画像


ちなみに、胴体側には接合部の補強のため1o厚プラバンをベロにして接着しておきました。
画像


主翼側も合わせて断面を削って調整しています。
画像


フィレット裏にあるパネルラインですが、図面には無いのとダルな凹モールドだったので瞬着で埋めました。
画像


サフを吹いて修正で消えたリベット、パネルラインを再生します。
また、この下面は本来ないリベットを間違えて打ってしまったので溶きパテで消しました。
画像


因みに水平尾翼のキットの既存の凹リベットは、やはり打ったものとのバランスが悪いので埋めて打ち直しました。
また胴体が終わった後にカウリングもリベット打ちを行いました。
画像

写ってはいませんが、脚カバーなどもリベット打ちが終了しています。

いよいよ塗装に進めますが、とりあえずここでストップです。

ですがそろそろ塗装&マーキングを決めないといけませんね。

キットのデカールは有名な胴体の日の丸に15の343空の菅野大尉機と、やはり胴体の日の丸に03の機体
画像


画像


そしてエアロマスターのデカールは、03、20、37の機体。
一番上の胴体の赤帯2本の機体は後期型の機体ですので使えません。
また20は資料で確認できず、前期型なのか後期型なのか分かりません。
画像


結局、胴体の日の丸に番号無しなら問題ありませんが、デカールのマーキングにしようとすると、15か03または37となります。

しかし・・・

同じマーキングなのになんでこんなに違うんだ?
画像


ちなみに世傑はこんな感じで、キットとエアロマスターの中間の大きさという感じです。
37も違いますね
画像


で、ネットでちょっと調べてみると、こんな写真を発見!
昭和20年ころの写真らしいのですが、たぶん当時の白黒写真に色をつけたものではないかと思いますが・・・
画像


菅野大尉機の上方は37の機体です。

これを見ると37はエアロマスターのデカールの感じで良いようです。
世傑の図はちょっと37が大きすぎですし、日の丸のど真ん中ですので違いますね。

実は菅野大尉機はあまりに鉄板過ぎて、別の機体でと思っているんです。
元々日の丸は塗装で入れる予定ですが、胴体の番号に関してはデカールから切り出して貼ろうと思ってました。

なのでいまのところ37の機体でいこうかと思いますよ。

ちなみに、キットのデカールも、他の資料でも菅野大尉機の日の丸の15は「白」ですが、上の写真を見ると日の丸の縁の白より明らかに明度が低いですね。
もしかしたら15も黄色だったのでは?なんて思ってしまいました。


では!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
リベット打ち、お疲れ様でした。
作例が届く直前くらいに終わったのでしょうか?
打ち終わる前に作例が届いてしまっていたら、辛いところでしたね。

胴体日の丸内の数字は、水性の塗料で書かれていたようで、演習の時など、識別するために書いたようです。
書いては消し、消しては書いていたようなので、数字の位置や大きさ、書体など様々だったようですよ。
数字の色については、よく分かりません。
日の丸航空隊
2016/03/29 08:27
日の丸航空隊さん、コメント&気持ち玉ありがとうございます。
リベットはカウリングと脚カバーを残した時点で作例のキットが届きました。
なので、キリのいいところまでということで昨日までに頑張ってすべて終わらせました
作例の一つも昨日から着手しています。

日の丸の数字は消したり書いたりしていたんですね。
なるほど…
ならばあまり字体や大きさなどに拘らなくてもいいかもしれませんね。
いまのところ37番の機体はあまり作例を見たことこと無いのでこれでいこうかと思ってます。

作例の合間に少しずつでも塗装を進められたらと思ってますが、静岡には間に合いそうにありません
ヒロシ
2016/03/29 09:36
リベット打ちが見事にきまっていますね。どうもお疲れ様でした。リベットを等間隔で打つと言うのはかなり難易度が高いと思いますが、これも今までの鍛錬の賜ですね。私もいつかは挑戦しようと言う気持ちだけは持っている(カルコも持っている)のですが、根が面倒くさがり屋なので中々実践が伴いません。(笑)1/32でも作る機会があればやってみましょうかね?

作例キットの製作で、紫電改は暫く放置になるみたいですが、作例共々紫電改の製作も楽しみにしています。(こちらのハリケーン、雑用に追われてあまり進んでいません。)
0-sen
URL
2016/03/29 18:28
リベット打ちを施された機体は、既に凄い存在感ですね。完成を楽しみにさせて頂きます。
ひろ
2016/03/29 23:39
O-senさん、コメントありがとうございます。
リベットは北風舎のツールを使えば等間隔に打つことが出来ます。
ただパネルラインと並行に打つのは気を使いますけど。

作例の方は結構難物(特にスペホの方は…)なんですがやり甲斐があります。
紫電改もできれば合間をみて進めたいです。
ハリケーンも楽しみにしています。

ヒロシ
2016/03/30 00:22
ひろさん、コメント&気持ち玉ありがとうございます。
紫電改の完成は作例の進行状況次第ですが、夏ころには完成させたいです。
ヒロシ
2016/03/30 00:26
最新のエントリーにコメントと思ったのですが、どうしてもこちらのエントリーに目が釘付けです。リベット打って、消して溶きパテで修正…まさにデジャブであります(笑)
リベット打ち完了お喜び申し上げます。
シロイルカ
2016/04/04 23:13
シロイルカさん、銀河のリベット打ち始まりましたね。
頑張ってくださいね。
打ち終わったのは良いんですが、なんかこの状態で満足しちゃってる自分がいます(笑)

もちろんちゃんと完成させますが、ちょっと先になりそうです。
ヒロシ
2016/04/05 00:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ハセガワ1/48 紫電改(前期型)その6 ヒロシのホビーライフ雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる