ヒロシのホビーライフ雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS ファインモールド1/48 九六式一号艦戦製作記#2

<<   作成日時 : 2016/08/17 23:13   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8

皆さん、こんばんは。

九六艦戦の2回目です。

機首上部の修整がほぼ終わったので胴体と主翼を接着しました(まだスジボリの再生はしていません)
画像


このキットのパネルラインはかなり浅く、また一部では消えかかっているところもありました。
そこですべてのラインを深く掘り直すことにして、まず主翼付け根付近とその胴体側面を先に彫り直しておいてから胴体と主翼を接着しました。
これは接着してからだとやり難くなると判断したからです。
画像




さて、前回でもご報告したこの部分はどうしてもギャップが出来てしまい、接着前にどうこうできる状態ではないのでこのあとパテで修正します。
画像


また増槽も左右貼り合わせて胴体下面に仮組みしてみましたが、こんな感じでいいのかな?
画像


画像


とりあえず主翼前縁付け根と、胴体下面の主翼との接合部を修正します。
画像


1日置いてサンドペーパーを当て、さらに不十分なところや新たに気になった部分もパテを盛りました。
画像


とりあえず現在はこんな感じで、接合部の修整が終ったら全体のパネルラインを深く彫り直します。

さて、では次いってみようか!
画像


こうやってお手つきが増えてゆく〜(笑)

ではまた!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
すさまじいパテの量ですね。久々にみました(笑)ポリパテじゃないと歯が立たない感じですが、格闘跡が生々しいですね。また闘い半ばですが、勝利を信じて頑張って下さい。素性は悪くないキットだと思いますので、新キットを作りたい気持ちをここはグッと抑えてこの旧キットを無事成就されんこと祈っています。ファイト!一発○○○タンDってか!
0-sen
URL
2016/08/18 00:45
0-senさん、私も久々に豪快に盛りました(笑)
最初は前後の接合部だけにパテを盛ってペーパ掛けしたのですが、フィレットの下面がなんかヒケているように感じたので、その部分もさらにパテを盛っています。

仰る通り素性は悪くないキットなので勝利を信じて頑張ります
ヒロシ
2016/08/18 01:01
またまた早くから済みません。(汗)
パテパテ攻撃ですね。
機首部分は、主翼とのつながり部分をしっかりとやっておけば、後はカウリングに隠れるので・・・・
フレット部分は確かにヒケていますね。
横から見て、主翼下面と胴体下面の面が合うようにしておけば大丈夫だと思います。
増漕は後ろが下がりすぎみたいなので、気持ち水平になるように取り付けると格好いいかも。

以上、偉そうに書いてみました。(笑)
頑張ってください。
日の丸航空隊
2016/08/18 05:32
この九六式に苦しまれているヒロシさんの顔が目に浮かびます。
エンジン下部の主翼付け根箇所に増漕タンクひどいですねえ。
本家簡易インジェクションも顔負けですね。
この増漕タンクを見て私も昔確か作った記憶が。
私もこの九六式にチャレンジしてみたいですがこのキットまだどこかで売っているかなあ。
エアプレン
URL
2016/08/18 06:07
日の丸航空隊さん、早起きですね(笑)
機首部分はそういえばカウリング(タウネンドリング?)で隠れますね。

フィレット部は途中で気が付いて修正することにしましたが、よく見ないと気が付かない程度ではありますね。
色々修正する部分がありますが、頑張って進めたいと思います。
ヒロシ
2016/08/18 16:31
エアプレンさん、苦しいというか逆に楽しんでます(笑)
増槽タンクはまだ確認してないんですが、たぶんもっとピッタリくっ付くんではないかと…
因みに新しい九六式のキットのこの胴体下面の造形は全然違いますよ。

このキットですが、数年前(7〜8年位前かな)に限定再販された時に買ったものです。
現在は絶版になっているようで店頭では見かけないですねぇ。。
ヒロシ
2016/08/18 16:37
そうそう、私確か作りましたよ。
増漕タンクをこの状態で取り付けるなんて絶対におかしいということで胴体下部のカーブの型紙を取り、増漕タンク横にマジックで印をつけてその部分を削りピタリと合わせた記憶があります。
ただどうしても増漕タンクの形が箱型というのが納得いきませんでしたね。
エアプレン
URL
2016/08/18 20:16
エアプレンさん、やはりすり合せが必須ですね。
この増槽タンクは当時世界に先駆けて採用されたとインストに記述があります。
まだ当時は増槽タンクまで空気抵抗を考慮していなかったのかもしれませんね。
ヒロシ
2016/08/19 23:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ファインモールド1/48 九六式一号艦戦製作記#2 ヒロシのホビーライフ雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる