ヒロシのホビーライフ雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS ハセガワ1/48 紫電改(前期型)その12 完成

<<   作成日時 : 2016/09/19 22:37   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 10

今年1月から作り始めた紫電改がやっと完成しました!

※最初にアップした画像が数枚ピンボケだったのもあって、数枚を新しく撮ったものと差し替えました
画像


では完成までを簡単に。

脚柱にはブレーキホースを追加しました。
電線をばらした細い銅線(約φ0.25o)を焼きなまして使用しました。
画像


下はホイールに穴を開け、上は収納庫の基部に穴を開けそこに差し込んでいます。
画像


画像


画像


増槽ですが、付けようとしたらなんと前側のステーがインテークの角に干渉してちゃんと付きません
画像


増槽を付けないで仕上げることも考えましたが、折角なので付けたいなぁと思い、仕方なくステーの内側を削って薄くしました。
画像


結局このあともう少し削って薄くするとともに、後ろ側のステーもバランスを考えて薄く加工しました。

アンテナ線は垂直尾翼先端の突起にφ0.25oのピンバイスで穴を開け・・・
画像


モーターのリード線か何かをバラした極細線(約0.1o)をターンバックル状にして・・・
画像


先ほどの穴に差し込んで瞬着で固定します。
画像


アンテナ線はいつものドール用の髪の毛っす!
画像


画像


画像


画像


機関砲はファインモールドの紫電改用の挽き物
画像


ピトー管も同様です。
画像


てなわけで完成です!
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


ハセガワ1/48 川西 N1K2-J 紫電改“前期型”
製作開始:2016年1月11日
完   成:2016年9月18日
価   格:\2,400

作品は32のエアラコブラに続いて2機目のフルリベット加工を施しましたが、大きな32よりむしろ大変でした。
でもスジボリだけのストックの状態より緻密さが出て気に入ってます。
追加工作したのはシートベルト、照準器、機関砲、ピトー管などをファインモールドのD.UPパーツで。エンジンにはプラグコードを追加しています。
マーキングは第343海軍航空隊 戦闘第407飛行隊所属機で世界の傑作機では大原機とされています。
日の丸は塗装、胴体の日の丸の03と白帯はキットのデカールを使用し、尾翼の機番はエアロマスターデカールからです。
48はもう1機“後期型”が残ってますが果たしてまたフルリベットをやるかどうかは分りません(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
@_@スゲー。クルマ模型とは作業量が半端なくすごいですね。
チッピングやディティール部のアップ写真などまるで本物のようで凄すぎです。
アンテナ線や尾翼の金属線等もクルマ模型では再現することが無い部分なのでびっくりします。
完成おめでとう&お疲れ様でした!
たかとと
URL
2016/09/20 07:10
紫電改の完成おめでとうございます。
フルリベットも48サイズならではの感じで、雰囲気がばっちりです。
塗装の剥がれと排気汚れが臨場感を増していますね。
ブレーキパイプの処理、参考になります。
お疲れ様でした。
日の丸航空隊
2016/09/20 08:23
たかととさん、ありがとうございます。
大戦機はアンテナ線があることが多いのですが、第一次大戦機の複葉機の張り線に比べたら簡単です(笑)

カーモデルでも錆だらけの再現をする作品がありますが、ああいうのもいずれやってみたいです。
ヒロシ
2016/09/20 11:08
日の丸航空隊さん、ありがとうございます。
フルリベットは雰囲気が増していいんですが、毎回毎回は疲れるのでできません(笑)

ブレーキパイプは実機だと途中で太さが変わっているんですが、模型ではそこまで再現は無理でした。でもあると無いとでは全然違うので追加して良かったです。
ヒロシ
2016/09/20 11:14
紫電改が完成しましたね。おめでとうございます&お疲れ様でした。
リベット打ちと塗装剥がれ塗装が相まって、非常に見ごたえのある作品に仕上がっていて、さすがだと思います。氏の製作スタイルを私も挑戦してみようと思いますが、リベット打ちがどうも苦手と言うか面倒で、いつもスルーしてしまいます。(笑)いつか私もこのキットを製作する機会があれば、参考にさせて頂きます。
0-sen
URL
2016/09/21 12:25
完成おめでとうございます。

打ち直したリベット、剥がれ再現や排気汚れの使用過程の再現。
凄い物を見せて頂きました。
ひろ
2016/09/21 16:06
0-senさん、ありがとうございます。
リベット打ちは確かに面倒ですよね。
私も今回は思い切ってやってみたんですが、むしろ図面を見てリベットラインを決めて下描きを書くまでが面倒で、リベット打ちそのものはただ淡々とやるだけで意外と簡単です。

ま、毎回やるのも疲れるので、これは!と思う機体にはまたやってみたいです(笑)
ヒロシ
2016/09/22 14:45
ひろさん、ありがとうございます。
やはりリベットを打ったのは効果ありましたね。
ハゲチョロはもう少しセンス良く再現したいなぁ〜と思ってます。
排気汚れは控えめにしてみました。
ヒロシ
2016/09/22 14:49
遅くなりました 紫電改完成おめでとう
ございます。キャノピー新しく作られて
開けた状態で、コクピットも注目されます。
銅線は焼きなました方が、作業しやすい
のですね。アンテナ線のターンバックル
も参考になります。
あきみず
2016/09/25 13:27
あきみずさん、ありがとうございます。
銅線や洋白線は焼きなますと柔らかくなって、反発力も無くなるので作業しやすいですよ。
ヒロシ
2016/09/25 20:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ハセガワ1/48 紫電改(前期型)その12 完成 ヒロシのホビーライフ雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる