ヒロシのホビーライフ雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS ナガノ1/20 ケンメリGT-R #3

<<   作成日時 : 2016/11/21 14:37   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

皆さん、こんにちは。

この土日のどちらかで静岡のツインメッセで行われた「タミヤフェア」に行きたかったのですが、結局なんだかんだと用事ができてしまい行けませんでした

モデラーズクラブの展示会や、話題の48飛燕も実際見てみたかったのですが・・・

そんなわけでその両日はそれ以外の時間はなるべく模型に専念することができました。
良かったんだか悪かったんだか。(笑)

さて、歪んでいたケンメリGT-Rのボディは熱湯風呂に浸けて修正してみたのですが、やった時はそれなりに修正できたんですが時間が経つとまた元に戻ってしまったようです。
ま、最初よりは多少良くなりましたが、それでも歪はかなり気になります。

原因の一つが、薄いプラと開口部が多いボディ。
それでなくともこの軟なボディは心配です。

今後組み立てていくにあたって、塗装後の研ぎ出しなどボディに力が加わることも考慮する必要がありそうです。

そこでまずフロント部とリアウィンドウ下のトランクとの境目に補強のプラバンを貼りました。
画像


とくにフロントグリル周りはバンパー下部の細く薄いボディだけしかないので、強度的にもかなり不安があります。
そこでここはまず0.3oのプラバンを裏に貼って補強しました。
画像

またこのすぐ上にバンパーが付くのですが、仮組みしたところちょっと隙間があくのでその調整も今度する予定ですが、最終的にはグリルの裏のラジエターが付くあたりのフレームをプラバンで追加しようかと思ってます。

表側もヒケやうねりがあったので黒舜着で修正ちう
画像


リアの補強はココです。
画像


ボディはFフェンダーからルーフ、Cピラーからトランク脇のラインにヒケが生じているので修正が必要です。
画像


画像


とにかくボディはまともな形にするまでまだまだかかりそうです。


一方、シャーシは・・・
リアタイヤハウスの一部が電池ボックスを回避するため筒抜けだったのでプラバンで塞ぎました。

画像


画像


タイヤハウス内のアールはパテで再生します。
画像


ところでエンジンですが、試しにキットのものとタミヤの箱スカのものを比べてみましたよ。
画像

いやぁ〜全くの別物ですね(笑)

さて、そのエンジンとシャーシの取り付けですが、困ったことにケンメリのシャーシのミッションの逃げのフロアトンネルが狭く(小さく)、エンジンを入れようとすると干渉してしまい奥まで入りません。

左が箱スカ、右がナガノのケンメリ
画像


ここはもう少し検証する必要がありますが、ミッションとシャーシ双方を削って対処するしかなさそうです。

ところでタイヤとホイールもどうするか検証しました。

左からタミヤ箱スカ、ナガノZ432純正ホイール、Z432付属ワタナベ&タイヤ、ケンメリ付属のなんだか変なホイール&タイヤ
画像


タイヤの直径と太さの比較。
左より、タミヤ、Z432、ケンメリ
画像

太さはやはりワタナベが一番ですね。
ケンメリにはオバーフェンダーも付いてるのでやはりこれが一番似合いそうです。

今回タイヤとホイールはZ432付属のワタナベとタイヤを使用する予定で、Z432を製作するときは純正のホイールを使ってストックの状態で製作するつもりでした。
ところが、それを使ってしまうと、タイヤは1セットしか入ってないので純正に履かせるタイヤがありません。

ならばタイヤはZ432に使うようにして、ケンメリのタイヤはジャンクから探して・・・と思ったのですが、そもそも432の純正ホイールとタイヤはブカブカで使用できません。
画像

要するに、432ははなからワタナベホイールとタイヤで組むようになっていて、純正のホイールで組むことは考えられていないんですね
そのため、432のキットはこのワタナベと同じランナーに240Zと同じオーバーフェンダーのパーツもセットされています。

となると、432はワタナベを使って作るか、純正を使用するならそれに合うタイヤを探さないといけません。
432にワタナベを使うと、ケンメリは箱スカのタイヤとホイールを使ってストックの状態で作ることになります。

箱スカのタイヤを432の純正ホイールと組めないかと試したのですが、こちらもホイールの径が小さくブカブカでダメ。
そこで、ケンメリのタイヤと432のホイールは?と合わせてみたら、タイヤの内側の凸部をカットする必要がありますがピッタリでした。
画像


ということで、ケンメリにはなんとかワタナベを履かせることができそうです。

今回はここまで。

ではまた!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
いやはや、ボディー修正大変ですね。
捻れが戻ってきてしまうんですね。
補強は、目立たないところに上手く収まりましたね。

エンジンとミッションも難物のようです。
タイヤとホイールのマッチングが決まって良かったです。
個人的には、ワタナベホイールを履かせたいです。(笑)
この後、ボディーの捻れ修正が上手くいくことを願っています。
日の丸航空隊
2016/11/21 16:54
スケール的に選択肢が少ない中、タイヤ&ホイールのやりくりが出来そうで良かったです。
ボディはちょっとした難物ですね。
ひろ
2016/11/21 21:40
このボディーは本当に開口部だらけですね。
エンジンの幅広とは対称的なナローなミッション!上手くいかないですね。
ヒロシさんマジックの展開を楽しみにしています。
ヒカル
2016/11/21 22:06
日の丸航空隊さん、気持ち玉ありあとうございます。
ボディのねじれはフロントグリル裏にフレームをプラバンで追加すれば多少良くなるかと。

シャーシはエンジンもそうですが、フロントサス周りの工作も考えなくはならず、まだまだ問題山積です。
オー集間に合うかな?(^^;
ヒロシ
2016/11/22 09:11
ヒロさん、気持ち玉ありがとうございます。
仰る通り1/20はタイヤ&ホイールの選択肢が少ないです。
今回は何とか上手くいきそうですが、24みたいに別売ホイールなんかがあればいいんですね。
ヒロシ
2016/11/22 09:14
ヒカルさん、本当にこのボディふにゃふにゃです(笑)
シャーシと合体すれば何とかなると思うんですが、一応ボディ自体でもある程度は捻じれを修正しておきたいです。

エンジン&ミッションとシャーシのフロアトンネルはどうしましょう?
色々思案してますがいい考えが浮かびません
ヒロシ
2016/11/22 09:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ナガノ1/20 ケンメリGT-R #3 ヒロシのホビーライフ雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる