ヒロシのホビーライフ雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS ハセガワ1/48 F-86Fセイバー#2

<<   作成日時 : 2016/11/22 10:21   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 8

セイバーも着々と進行中っす!

インテークを前後繋げて、コクピットと前脚収納庫を付けました。
画像

収納庫のインテリアグリーンは以前モノグラムのF-102用に作った色ですがちょっと濃かったかな。

ここで仮組みで胴体に組み込んでみたのですが・・・
画像

シート後ろの隔壁?が本来より前にきています。
後ろの風防のスライドレール部分が見えていますが、本来この部分はもっと上にきてキットのパーツをカットするなどの工作が必要ですが、レジンパーツの説明書には何も指示がありませんでした。

こりゃ変だぞということで、キットのプラパーツと比べるとご覧の通り。
後部の長さが短いです。
コクピット自体の位置は計器盤の位置で決まってしまうので、後ろがこんなに空くのは変です。
画像


心配になって、スライドキャノピー後部に付くパーツも比べてみるとこの有様。
左キット、右レジンパーツ
画像


キャノピーに合わせてみると、レジンパーツは長さも幅も足りず、いざ取付けようとするとそのままでは困難なことが分かりました。
キット
画像


レジンパーツ
画像

なので、これは素直にキットのパーツを使うことにしました。
どうやらキットのパーツに少々手を加えてコピーしたので収縮したようです。

ただキットのパーツもレジンパーツをお手本にちょっとだけデッチアップ。
0.5×0.4プラ角棒を追加
画像


さて、ここで計器盤にデカールを貼ってみました。
彫刻も繊細に入っていたので塗装で仕上げることも考えましたが、あえてデカールを使ってみました。
というのもこの頃のハセ付属のカルトデカールは「硬い!」というのを聞いていたので。
画像

案の定、硬いです。

デカールフィット等の軟化剤もなかなか効きません

最後は軟化剤+アイロンで熱した濡らした綿棒で押し当てて何とか馴染ませましたが、メーターのーモールドとちょっとズレて貼られてしまいました。う〜ん、こりゃこの先デカール貼りは難儀しそうですな。
イエローの帯など極力塗装でやった方が良さそうです。

コクピットはせっかくここまで塗ったので後部のみカットして、キットのプラパーツをカットして差し替えて長さを確保しました。
それにしてもレジンパーツのあの後部の開閉機構部分は何だったんでしょう?
高さも前後長も合わないし、形状もいまいち
画像


櫁柑山にある自衛隊仕様と、ブルーの2機は将来作るときレジンなど使わずキットのままでいきますよ。
まぁ、在庫してるレジンパーツは今回の分しかないしね(笑)

画像


胴体を貼り合わせる前におもり(5g)を入れましょう。
実は説明書の図(表記)が小さくて、危うく見落とすところでした。。危ない危ない!
画像


釣り用のおもりを使用しましたが、重さは多分5g以上はあると思います。
エポキシボンドで固定後、その周りをタミヤのパテで補強しました。

そして主翼も接着し⊥の字になりますた。
このまま暫く接着剤が乾くまで放置。。
画像



各カバーには少々ヒケが生じていたので、ここも修正中です。
画像


画像


画像


次回は接合部の修正などです。

では!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
レジンは縮むので、注意が必要ですね。
結構、キットパーツの方が良かったりする場合もあるので、選択肢の一つと考えておいた方が良いですね。
デカールは堅いのもアレですが、モールドとずれているのだけは勘弁して欲しいですね。
日の丸航空隊
2016/11/22 10:43
日の丸航空隊さん、今回のレジンパーツはあまり出来は良くなく、あえて使うほどのものでもなかったのですが、せっかく買ってあったので使った次第です。

調べてみるとアイリスからもっといい出来のコクピットセットが出ているので、もし今度使うならそれを使いたいですね。

メーターのデカールはモールドと位置は合っていたようですが、貼るときにずれてしまいました
ヒロシ
2016/11/22 15:28
今朝方の地震は大丈夫でしたでしょうか? こちらもこの前、地震があったばかりで、何だか怖いですね。
大戦後のジェット機に関しては全く知識は持ち合わせていませんが、名前くらいは分かります。製作は順調そうですが、せっかくのディティールアップ用レジンパーツがこうだとがっかりしますね。そこは貴殿の腕でうまく調整してやってください。
今後の製作記事も楽しみにしています。
0-sen
URL
2016/11/22 19:33
0-senさん、ご心配いただきありがとうございます。
朝目が覚めるまで地震があったことを知りませんでした(^_^;)
こちらは震度1〜2位だったようです。

コクピットのレジンパーツは買うときに「一応買っておくか」程度で、インテークのレジンは特価で¥300だったので、それこそ「使えなくてもいいや」って感じで買いました。
レジンパーツもピンキリで、それこそ使わない方が良いようなものもあるので見極めが大事ですね。
ヒロシ
2016/11/23 00:54
重りってなんで入れるんですか
たかとと
URL
2016/11/23 17:23
たかととさん、こんばんは。
飛行機の場合、この機体のような3点姿勢(前脚、主脚)のときはオモリを機首に入れないと完成した時にしりもちをついちゃうことがあるんです。
もちろん機体によってはオモリを入れなくても大丈夫なのもあります。
ファントムなんかはオモリはいらないんですよ。
ヒロシ
2016/11/23 19:54
ヒロシ様
こんばんは。
そうだったんですね
勉強になりますね!
たかとと
URL
2016/11/23 22:20
たかととさん、そうなんですよ。
この機体のようにオモリを入れるスペースがある場合はいいんですが、中にはほとんどスペースが無い機体もあって、そういう時は大変です。
ヒロシ
2016/11/24 00:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ハセガワ1/48 F-86Fセイバー#2 ヒロシのホビーライフ雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる