ヒロシのホビーライフ雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS ファインモールド1/48 九六式一号艦戦製作記#7

<<   作成日時 : 2016/11/11 11:38   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8

前回の続きでデカールを貼りました。


・・・が!

デカールが古くなっていたせいか、伸縮性がまるでなくちょっとした凹凸ですぐ割れる!
主翼の方は何とか貼れたのですが、胴体は片側がバリバリに割れてしまい修復不可能に。。

仕方ないので手持ちのエアロマスターの零戦用のデカールからほぼ同じ大きさのものを貼りましたが、主翼と若干赤みが異なってしまいました
こんなことなら日の丸は塗装で行うべきでした。


そして仕上げのフラットクリアーでまたも悲劇が!


ガイアのEXフラットクリアーを使用し、1回目を軽く吹いて乾燥させつつ夕食を終えて2時間ほど経ったところで2回目を吹いたときにそれは起こりました。

エアブラシの中の塗料のフラットベース分だけがなぜか尾翼部分に吹き付けられてしまいこんな状況に・・・
画像


いつもは時間をおいたときには、カップの中の塗料を撹拌させるためにウガイをしてから吹くのですが、たまたま忘れてそれをせずに吹いてしまったのが原因のようです。

恐らくカップの底に沈殿していたフラトベースの成分が吹き付けられたんでしょう。。

デカールが貼られていないところなら塗料を落としてリカバリーも出来そうですが、ここはちょっと無理。
仕方ないので、乾燥後軽くペーパーを当ててさらにフラットクリアーを吹くしかありません。
画像


どうにか艶は戻りましたが、フラットクリアーがドバっと付いたせいで表面がひび割れてしまいました。
ただ、まだこの尾翼だけ艶消しが強いので、この艶を統一するために調整したフラットクリアーを吹く予定です。

いやぁ〜しかし参ったなぁ。

でももうこのまま完成にもっていくしかないですね。
テンションだだ下がりっす!

とりあえず完成すりゃいいや!

早くケンメリに手付けたいし・・・

模型誌の作例でなく、プライベートものだったのが不幸中の幸いですた。

ではまた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
九六の尾翼が大変なことになってしまいましたね。(汗)
フラットベースが着いちゃうと、ヒビヒビになってしまいますね。
作例でなかったことは良かったですが、プライベート昨にしても痛いですね。
へこまずに最後まで頑張ってください。
日の丸航空隊
2016/11/11 15:24
日の丸航空隊さん、ありがとうございます。
ちょっと気を抜いて作業しすぎました(笑)
ま、こいつはこのまま完成させて、棚の奥にしまい込みます。
とりあえず今週末の完成を目指します。
ヒロシ
2016/11/11 16:03
茶色のリカバーも終わり最終段階での
誤算で気力が落ちてしまうのを、また元に戻り
ましたね ペパーかけで解らなくなっています
もうチョットですので、頑張って下さい。
あきみず
2016/11/11 17:40
大変な事になってしまいましたね。
完成まじかにもう最悪ですね。
私はドラケンの時にこうなりました。
湿度の関係でドラケンが真っ白に。
2000番でなんとかリカバリーが出来ました。
私だったらヒビのいった塗装面に筆で溶剤をサラサラと塗り、うまく溶けたところでペーパー掛けをしてデカールを紙で隠しながら再度塗装すると思います。
強引に。
エアプレン
URL
2016/11/11 20:24
あきみずさん、おはよございます。
昨晩艶の感じも同程度まで修正できましたが、近くで見るとやはりひび割れがわかります。
でも今回はこのまま完成させます。
あと少し頑張りますね。
ヒロシ
2016/11/12 08:33
エアプレンさん、おはようございます。
確かにそういう手もあるんですが、今回は面積が広く、へたに修正すると余計に違和感が出そうなのと、あまりコイツに時間を掛けたくないのでもうこのまま完成させます。
良い教訓になりました(^_^;)
ヒロシ
2016/11/12 08:36
ヒロシ殿、おはようございます。
完成間際まで来て、このアクシデントはテンションも下がってしまわれるでしょうが、納得できる範囲で修正する事が一番の健康法だと思います。そんなに致命傷には見えないのですが…。貴殿のポリシーがそうさせているんでしょうか? ウェザリングでうまくカバー出来ればいいのですが、96艦戦って、実機でもあまり汚れは目立たないんですよね(笑)
完成写真お待ちしております。
こちらはHe111の下面塗装まで終わりました。
0-sen
URL
2016/11/12 09:54
0-senさん、こんにちは。
最近あまりこういう失敗はしてないんですが、久しぶりにやっちゃいました。
まぁ、致命傷とまでは言わないのですが、やはりちょっと残念な仕上がりになってしまいましたね。
ただ、最初からそれほど思い入れたっぷりにやっていたわけではないので、それほど落ち込んではいません。

仰る通り納得できる範囲で修正したほうが健康的ですね。
ヒロシ
2016/11/12 15:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ファインモールド1/48 九六式一号艦戦製作記#7 ヒロシのホビーライフ雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる