ヒロシのホビーライフ雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS ファインモールド1/48 九六式一号艦戦製作記#8 完成

<<   作成日時 : 2016/11/13 23:16   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 12

九六式艦戦完成しました。


いやはや、最後までトラブル続きで参りましたが、何とか見られる程度までリカバリーできました。
画像


では完成までをどうぞ・・・

まずは前回とんでもないことになった垂直尾翼左面は、他の部分に対して艶が無さ過ぎたので、少々艶あり(半艶程度)のクリアーを吹いて調整しました。
現状ではこの程度のリカバリーが最も簡単かつ違和感が出ない方法と判断しました。

本当ならちゃんと塗装し直したいところですが、デカールを貼った部分ということもあって、予備のデカールもないので諦めました。

ということでいよいよ完成に向けてラストスパートっす!

まず主車輪はホイールに目立つ押しピン跡があったので切除しました。
スパッツの中に入ればたぶん見えないんでしょうけどね。
画像


インストではタイヤを挟んでスパッツを組むようになっていますが、それでは塗装し難くなってしまうので、U字にカットして塗装しました。
こうすれば後から入れられます。
画像


次に機首に接着したエンジンにタウネンドリングを装着し、翼短灯をマスキングして塗装。
画像


もちろんデカールの上に貼るので粘着力を弱めて貼ったのですが・・・


左の裏表を慎重に剥がし、次に右の主翼を剥がしたときにそれは起こりました。

うぎゃ〜〜¥+$%*>
画像


なんとこの段階でまたもトラブル!

このキット呪われてるんじゃないかと思いましたよ

一瞬もうゴミ箱に捨てようかと思いましたが、思いとどまりリカバリーの方法を考えました(苦笑)

色々考えた末ここだけ塗装することにし、まず残ったデカールを全部剥がしました。
画像


次にデカールと同じ径でマスキングし、ファンデーションホワイトを塗装。
画像


赤は何となくデカールの赤と色調が合いそうだったので、かなり昔にハセガワの48鍾馗のときに調色した日の丸用の赤を使ってみました。
画像


最後に艶消しクリアーで艶を整えて終了っす。
どうでしょう?
意外と分らないのでは?
画像


ちゅうことで完成です。

あ〜疲れた

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


ファインモールド1/48 海軍 九六式一号艦上戦闘機
製作開始:2016年 8月 6日
完   成:2016年11月13日
価   格:¥3,900(限定再販品)


キットはファインの初期のキットで、フィッティングもあまり良くなく、簡易キットに近いものがありそれだけに形にするだけでもかなり厄介でした。
今回はシートベルトをエッチングで追加したのと、ピトー管にファインの日本海軍機用ピトー管(AC-47)を使用しました。
このピトー管は実機と違うのですが雰囲気重視です
またデカールが見た目では良さそうだったのですが、実際貼るときには割れたりして胴体の日の丸はエアロマスターの零戦用を流用しました。

さらに尾翼にフラットクリアーのフラットベースだけが吹き付けられたり、主翼の日の丸のデカールがマスキングテープに持っていかれたりと踏んだり蹴ったりのトラブル続出状態でした。
なので仕上がりは到底満足できる状態ではないのですが、一応パッと見はちゃんと見れる?程度には完成させられました。

今回はちょっと気を抜きすぎて製作してしまいましたね。
日の丸も横着せず、最初から塗装でやれば良かったと反省しています。

九六式はこのキットと同じ時期の古い二号一型と最近出た新金型の二号二型もあるので、何れリベンジを兼ねて製作したいですね。

ではまた!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
九六式一号艦上戦闘機の完成おめでとうございます。色々トラブル続きのキットでしたが、無事に完成まで仕上げられたのは素晴らしいと思います。九六式=シルバーと言うイメージが強いですが、こう言う迷彩塗装も雰囲気が変わって良いですね。私もこのキットを持っていますので、いつか製作機会があれば、参考にさせて頂きます。どうもお疲れ様でした。
0-sen
URL
2016/11/14 01:09
完成おめでとうございます。『お疲れさま』ですかね⁉
トラブルを越えて完成に持ち込まれるのは流石ですね。
トラブル続きは厄落とし。と言う事で!
ひろ
2016/11/14 05:35
完成おめでとうございます。
前回の記事でも「!」で今回の記事はそれ以上の「!!」でした。
リカバリーも完璧でうまくいった喜びは普通の時以上ではなかったのでは?と思います。
素晴らしいですよーーー
たかとと
URL
2016/11/14 06:50
地を這ってでも完成させられたヒロシさんに大変お疲れ様でしたーーーーーー!!!!!!!!!!
何事もなかったように綺麗にリカバリーできましたね。
さすがヒロシさん。
ひ、日の丸・・・・・・・・・・。
2度のトラブルに見舞われたとは。
同感であります。
そのキット呪われています。
ま、まあこれはさらなる技術を向上させる為に模型の神様がヒロシさんにその試練をお与えになったのでしょう。
日の丸がペリペリとなった時は頭が真っ白になり血圧が下がったはずです。
エアプレン
2016/11/14 08:25
0-senさん、ありがとうございます。
迷彩塗装はこの一型のみだったようですので、あえて迷彩にしました。
とにかく今回はトラブル続きでモチベーションの維持が大変でしたが、何とか完成してホッとしています(笑)
ヒロシ
2016/11/14 10:17
ひろさん、ありがとうございます。
作例の飛行機2機に続き、フジミのBBと大変だったのでちょっと気が抜けていたのかも
仰る通り「厄落とし」ということで、次回作頑張ります。
ヒロシ
2016/11/14 10:19
たかととさん、ありがとうございます。
尾翼のフラットクリアーの失敗のひび割れはそのままだし、その他の部分も仕上がりは結構(;´д`)ですが、まぁ、パッと見はそれなりになったのでヨシとしました。

何といっても完成させることに意義があると自分に言い聞かせてます(笑)
ヒロシ
2016/11/14 10:23
エアプレンさん、ありがとうございます。
日の丸が剥がれたときは真っ蒼になりました(笑)
塗装した日の丸の赤が意外に違和感なかったので助かりました。
もし色味が違って目立つようだったら、他の日の丸も塗装しなければならなかったのでラッキーでした。
ヒロシ
2016/11/14 10:27
九六艦戦、完成おめでとうございます。
トラブル続きで大変だったですね。
ファインのデカールって、やはり堅いですよね。
ソフター使っても割れることがありました。

厄除けに違うの一つ作りましょう。
日の丸航空隊
2016/11/14 11:00
日の丸航空隊さん、ありがとうございます。
いやぁ〜今回はどうなることかと思いました
デカールは見た目は妬けてもなかったし大丈夫そうだったんですがねぇ…

厄除けに作るのはどうしましょうかね。
とりあえずはケンメリGT-Rに着手しますが、飛行機も来年の静岡に向けてそろそろ始めないといけません。
何にするか現在考え中です
ヒロシ
2016/11/14 14:50
遅くなりました 完成おめでとうございます。
今回はリカバーの方法をいくつも教えてもらいました 自分もよくやる事なので、覚えておきます。 迷彩の96艦戦も 意外な感じが
しますが、銀と赤に比べて おもむきが
あります。 お疲れ様でした。
あきみず
2016/11/15 19:37
あきみずさん、ありがとうございます。
図らずも失敗したのが良いネタになったようですね(笑)

当初は銀/赤も考えましたが、今後作る予定の二型などは銀/赤になるのであえて迷彩にしました。
ヒロシ
2016/11/15 21:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ファインモールド1/48 九六式一号艦戦製作記#8 完成 ヒロシのホビーライフ雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる