ヒロシのホビーライフ雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS L.M.P 1/24 PORSCHE908/3 マルティニその3

<<   作成日時 : 2017/01/20 01:18   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10

さあ、いよいよデカール貼るか!と思い、何気なくキット付属の完成写真を見てみると、ゼッケンBとCで両サイド上面にある燃料タンク給油口と思われるものが、Bには片方しかないのに気づきました

画像


昔のモデルカーズに作例が載ってましたので、これも確認してみましたが・・・
画像


やはり左側にはありません。
画像


さて、どうするか。。
簡単なのは、ゼッケンCの方にすればいいんですが、そうするとサイドシル下部とフロントのインテーク周りを白に塗らないといけません。
また自分としてはBの方のマルティニカラーの方が好みなので、穴を埋めることにしました。

それと同時に、フロントスクリーン左にあるコックを付ける穴の位置がスクリーンに近すぎなので、これも埋めて位置を変えることにしました。

給油口(と思われる)穴はφ4mmのプラ棒を少し削って差し込みました。
画像


出っ張ったところはBMCタガネで慎重に切除します。
画像


そしてペーパーを掛けて均したら接合部を黒瞬着で埋めます。
画像


そしてまた丁寧にペーパーを掛けて均します。
画像


軽くサフを吹いて状態をチェックします。
若干埋めきれなかった凹があったので、更に瞬着で処理。
画像


で、ポルシェシルバーを吹いて乾燥したらクリアー吹いて終了。
画像


ま、近くで見ると埋めたのが分りますし、シルバーの塗装面の感じもちょっと塗ったのが分りますが気にしないことにします(笑)
画像


画像


しかし塗装に入る前にもっとよく調べればよかったです。
キットの説明書にはそんなことまったく書かれてないのでそのまま突っ走ってしまいましたよ(笑)

さて、これでやっとデカールが貼れます。
数日ずれ込みましたが、今週末にはデカール貼りを終えたいですね。

ではまた!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ヒロシ様
おはようございます。
リカバー週間(私も・・)。見事克服ですね!
ボディもシルバーが入って滑らかさに惚れ惚れします。
半月切りましたが無事完成へ持って行ってください!
たかとと
2017/01/20 06:58
たかととさん、おはようございます。
お互いにリカバリー週間でしたね(笑)
あとはデカールが問題なく貼れれば間に合うと思います。
ヒロシ
2017/01/20 09:28
塗装後にこういうのが見つかると、「何でやねん!」となってしまいますね。
ナイスリカバリーです。
デカール貼り慎重に楽しんでください。
日の丸航空隊
2017/01/20 14:25
日の丸航空隊さん、気持ち玉ありがとうございます。
そうなんですよね。
でもまだデカールを貼る前で良かったです
ヒロシ
2017/01/20 16:41
ヒロシさん、こんにちは!!
すばらしいリカバリーですね!!
自分もケンメリのボディーの塗装を一部修復しなければならないので参考になります。
ちなみ再塗装はマスキングで覆われていないパネル一枚分を塗られたのでしょうか?
あと、教えていただきたいのですが、デカールを貼る前に3回クリアーを吹かれたと思いますが、クリアー前にデカールを貼って、クリアー塗装後に研ぎ出しするのと、クリアー後にデカールを貼ってさらにクリアーを重ねて研ぎ出しをするのと、どのように違うのでしょうか?
(クリアー塗装後にデカールを貼った方が下地の色の染み出しが起こりにくいとかでしょうか?)
よろしくお願いいたします!
120sec
URL
2017/01/20 16:57
120secさん、こんばんは。
再塗装ですが、最初は上の7枚目の画像のように周りをマスキングした状態で丸の中だけポルシェシルバーを吹きます。
乾燥させたら#1500〜2000番のペーパーで均し、また薄くシルバーを吹いて乾燥させるとともにマスキングを剥がします。
そして8枚目の画像のようにパネルの上面だけ薄く数回に分けて吹いていきます。
またそれとともに#2000番のペーパーで均しながら行っています。
ただこれだと、隣のパネルと違和感が出る可能性があるので、ある程度色がのったところで、マスキングを剥がしてボカシて吹いています。
その上に吹くクリアーも同じようにボカシています。

さて、デカールを貼る前にクリア―塗装するのと、しないのではどういう違いがあるかですが、大きな目的は塗装面の保護と、クリアー塗装して塗面を平滑にしてデカールがより密着するようにするためでしょうか。
下地の色の染み出しが起こり難くなるということももちろんあります。

デカールを貼る前にその塗装面が柚子肌のような場合には軽く研ぎ出しをしてから貼ることもあります。
ヒロシ
2017/01/20 23:46
シルバーのリカバリーですか。さすがですね。艶々のポルシェシルバー素敵です。
ひろ
2017/01/21 08:33
ヒロシさん、お返事有難うございます。
もうやってることは実車の板金塗装と同じなんですね。デカール前のクリアもよくわかりました。
有難うございます!
120sec
2017/01/21 09:35
ひろさん、シルバーの場合は難しいんですよね。
今回も遠めからはほとんど分からないと思いますが、近づいてみると銀の粒子の感じが少し違うのが分かります。
まぁ、仕方ないですね(笑)
ヒロシ
2017/01/21 11:41
120secさん、どうしたしまして。
また何かあればご質問くださいね。
私の分かることであればお答えしますので
ヒロシ
2017/01/21 11:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
L.M.P 1/24 PORSCHE908/3 マルティニその3 ヒロシのホビーライフ雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる