ヒロシのホビーライフ雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS お買い物雑記帳

<<   作成日時 : 2017/04/04 13:36   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

今回はプラモではなく飛行機のディテールアップパーツ。

ほい!マスター(MASTER)の金属挽き物パーツっす
画像


少し前にやひちさんがエデュのMig-21を製作されて、その時にプラのピトー管がヘニャヘニャでどうしようかと悩んでいたら、「マスターの真ちゅう製ピトー管にしたら?」とアドバイスを頂いたそう。

実は私もエデュのMig-21PMFを昨年リサイクルショップで手に入れていて、「作るときあの長いピトー管どうすっかな?」と思っていたんで、これは良いと思ったわけです。
画像


ちなみにキットのプラパーツは細さはまだしも、既にちょいと湾曲してるような・・・
画像


で、早速ネットで探すといろいろな機種のピトー管や機関砲などのパーツが出てます!
もちろん最初ミグのピトー管が目的でしたが、ちょうどどう直そうか悩んでいたSu-15のピトー管?アンテナ線?もあるではないですか!

Su-15フラゴンは以前電ホの作例で製作したトランぺッター1/48。
編集部から戻ってきたあとしばらくコトブキヤさんで展示していたんですが、引き揚げ時にはピトー管が折れて無くなっていました
画像


画像


もちろん紙面に掲載されたときはありましたよ(笑)
画像


画像

この作品、トラぺのわりには出来も良くてわりと気に入っている作品だったので、なんとかピトー管を修復したらそのうち展示会で展示したいなぁ…と思っていたんです。
しかし途中にあるこの複雑な形状のアンテナをどうするかが問題でした。
ちょっと簡単に自作できるような代物ではないですしね。

それがマスターでは真ちゅうの挽き物とレジンパーツでキットのパーツより忠実に再現されています。
画像


で、どうせ買うんなら他にも買っておこうと思い、1/48のA-10のガトリング砲身や、やはりリサイクルショップで半額程度で手に入れたキティホークの1/48ミラージュF.1、最近買ったハセガワ(ICM)1/72のMig-25PDのピトー管なんかも一緒にちうもんしますた。

A-10はイタレリのに使いますがかなりリアルですよ!
画像


キットは・・・
かなり残念な出来
画像


これでどれも作るときにピトー管などの心配をしなくて済みますね。

ではまた!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
こういう「小物パーツ」って、あるととても便利ですよね。
キットのパーツを生かすのが基本なのでしょうが、出来が今一のパーツなら思い切って代えた方がキット全体も引き締まりますからね。

マスターの挽き物は良いできですよね。
日の丸航空隊
2017/04/04 16:13
日の丸航空隊さん、気持ち玉ありがとうございます。
このマスターの製品は出来は良いわりにそれほど高価でなくお買い得感があります。

やはり強度とリアル感を求めるとこういうパーツが必要ですね。
ヒロシ
2017/04/04 23:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
お買い物雑記帳 ヒロシのホビーライフ雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる