ヒロシのホビーライフ雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS タミヤ1/24 スカイライン2000GT-R(箱スカ)製作記#1

<<   作成日時 : 2017/05/02 00:50   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 12

いよいよ5月になりました。
GW真っ最中ですが私は1日〜3日は仕事っす。まぁ、後半4〜7日は休めそうですけど。

さて、飛行機やゲテ物?(笑)が続いたので、5月からはカーモデルを中心に製作していこうと思います。
放置中だったマトラやケンメリも再開しますが、新たに箱を開けてしまいました〜

タミヤの箱スカGT-Rっす!
画像


なんでも今年はスカイライン誕生60周年とかで、模型の方もアオシマが箱スカやケンメリ、ジャパン等のキットをリニューアルして発売するそうでちょっと盛りあがりそうな雰囲気です。
そんなことは知らなかった私ですが、こりゃちょうどいいということでタミヤの箱スカR始めようと思います。

因みに今年は同じくマツダは初めてロータリーを積んだコスモスポーツ発売から50周年ですよ。
なのでロータリーマシンも今年中に手を付けたいと思ってます。

さて、そもそもナガノのエンジンをスクラッチするのに、このキットのエンジンを参考にしようというのが当初の目的でしたが、どうせなら長いこと積んでいたこのキットも成仏させてやろうという魂胆(笑)

因みに箱スカはむか〜しマルイの市販タイプ、フジミのレーシングタイプを製作しましたが今は現存してません。

さて、キットはこれが発売された当時に買ったもので、同じくさかつうから出ていたドレスアップパーツも確保してありましたのでこれを使って製作したいと思います。
画像

このドレスアップパーツはかなりレアかも。
もっとも最近ではストリートカスタムバージョンが出たので、挽き物のエアファンネルなどはセットされてるので、あまり有難みはないかな?

画像


取説
画像


セットされているのはホワイトメタル製のキャブ、挽き物のファンネル、プラグコード、ワイパーやヘッドカバーのエンブレムなどのエッチング。
画像


またホイールとタイヤは上手くいけばフジミのワタナベを使おうかと。
画像

ただフジミとタミヤではホイールの取付け方が違うので、その辺りは考えないといけないですけど、MA誌のバックナンバーのスカイラインGT-R特集号にちょうど同じタミヤのキットにフジミのワタナベを付けるやり方が載っていたので参考にしようと思います。

さて、問題なのはデカール。
買ってからかなり経っているので、どうも怪しい
画像



どうしよう・・・


ということで、カスタマーにちうもんしてしまいました〜

ついでにストリートカスタム用のパーツ(F部品)とエッチングも。
画像

これでフロントのチンスポ、ストラットタワーバーも付けることができますね。

新旧デカールの比較
画像



では早速製作に入りますよん。

まずはボディの下ごしらえ

パーティングラインはフロントからリアにかけてちょっと目立つ感じで付いてるので丁寧に削って修正。
ルーフなどは峰の頂点にパーティングラインがあるので削りすぎないように注意が必要です。
画像


またドアとFフェンダーの境が窪んだような感じになっています。
本来ここは一直線で綺麗に面が繋がってないといけないんですが、ここを修正するのは結構厄介なので、少しペーパーで均す程度で妥協しました。
ま、旧車だしこういうのもありかと(笑)
画像


画像


ただどうしても我慢できなかったのが、このフロントのウィンカーの前端のところで、かなりヒケが目立ちます。
画像


パテで修正しました。
画像


画像


ドアとトランクの分割ラインのスジ彫りはちょっと浅いのでBMCタガネの0.15oで深くしておきます。
画像


画像


ボンネットの裏の四隅には押しピン跡があるのでパテで修正
画像


フロンフェンダーアーチのところは少し薄く加工
画像


画像


リアウィングは真ちゅう線を介して差し込んで固定できるようにしました
画像


画像


ストラットの固定ナットのところは、純正エッチングのタワーバーを付けるときに金属製の六角リベットを差し込めるように穴開けをしておきました。
画像


画像


今回はここまでっす!

さて、最後に実車資料写真です日曜の奥多摩で撮影

このウィンド前の部分のスリットのパネルは3か所ネジで留まっているんですね。
もちろんキットでは再現されていません。
画像


このエンブレム、模型ではただのデカールで再現されていますので、是非とも立体的に再現したいところ。
画像


リアバンパーの端のところはゴムのブッシングのようなものがあります。
画像


トランクのキー
キットではこのキーは凸状にかなり出っ張っています。
画像


給油口パネル
画像


Aピラー付近
画像


リアウィング
画像


どうでしょう?参考になるでしょ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
ヒロシ様
おはようございます。
いよいよ開始ですね!
わたしもケンメリの裏でニチモの箱スカGT-Rを弄ってます。
ケンメリは確実に「おもちゃ」キットですG
箱スカの方はパーツ点数も多く「ニチモ」らしいフルディティー風情なんです。
作業的にはケンメリと並べたときに違和感ないようにゴリゴリにしない感じですが
ヒロシさんの製作記を参考に同時進行してみます。
楽しみにしています♪
たかとと
2017/05/02 06:49
たかととさん、おっ!もうニチモの箱スカに着手されてるんですね。
楽しみです

手持ちのキットは通常のバージョンですが、カスタマーで手に入れたパーツでストリートカスタム仕様でいきます。
ホイールはタミヤのワタナベの方がスポークの形状が正確なので、フジミのリムと合体できないか模索中です。
あとボディカラーで迷ってます。
ヒロシ
2017/05/02 08:44
一世代前の箱スカですね。
ストリートカスタムのパーツが使えるので、自分の思うように作り込めますね。
ホイールの止め方がメーカーによって違うので、気に入ったホイールでも簡単にいかないですね。
このあたり、統一してもらうと嬉しいですけどね。(笑)
日の丸航空隊
2017/05/02 11:15
日の丸航空隊さん、気持ち玉ありがとうございます。
ホイールは仰る通りメーカーによって付け方が違うので、いつもそれが悩みですね。
昔のキットのものは仕方ないとして、最近のものはメーカー間で統一してもらえると有り難いんですが…無理かなぁ(笑)
ヒロシ
2017/05/02 13:34
結構目立つヒケやパーティングラインが有るのてすね。
何も気にせず積んでいます。
その手が有りましたね。のストリートカスタムの部品手配。早速行動開始。積みには積極的です(笑)
ひろ
2017/05/02 14:38
ひろさん、タミヤと言ってももう結構前の製品ですからね(笑)
ストリートカスタムのパーツは、デカール、F部品、エッチングで送料込み1,800円ちょっとでした。
ファンネルも入れるともっと高くなるでしょう。
ヒロシ
2017/05/02 15:57
45年ほど前、私が勤めていた会社に 乗って
来ている方が、おられました。かっこいいな
と見ていたのを、覚えています。
スカイライン誕生60周年という事は、色んな
所で、盛り上がるのでしょう。
製作楽しみにしています。
あきみず
2017/05/02 19:48
偶然ですが、昨晩同じタミヤのハコスカを眺めて「フジミのワタナベ履かせて、ボディカラーをシルバー以外で・・・」とあれこれ考えてました。
当初は絶対にシルバーと思っていたんですけどね。
60周年というのは気づいていませんでした。
ハコスカ(GTRじゃないですが)は祖父が乗っていたので思い入れのある車種です。(その後ケンメリ、ジャパン、鉄仮面まで乗り継いでいました)

ヒロシさんがどんな風に仕上げるのか楽しみです。
私はちょっとプラモはお休みしています。
きよみ
2017/05/02 21:52
あきみずさん、45年前ですか!
私が小学生(5年生かな)のときですね。

60周年ということで模型の方も盛り上がってきてます。
頑張って製作しますね。
ヒロシ
2017/05/02 23:07
きよみさん、ホイールはワタナベにする予定ですが、タミヤのを深リムに出来ないかと思案中です

色はサファリブラウンにほぼ決定しました。
小学生低学年の時、父が「ヒロシ、どっちが良いか?」と言って持ってきたのが、箱スカ(Rじゃありません)とロータリークーペのカタログでした。
そのときロータリークーペの丸型テールがカッコよく見えて「こっちが良い!」とロータリークーペを推しました。
結局我が家のマイカーは4Drのロータリークーペ(4Drでもクーペ?)になりました(笑)
ヒロシ
2017/05/02 23:14
ヒロシさん、こんばんは!
次はハコスカなんですね!!ヒロシさんがどのように作り込まれるのか、すごく楽しみです!
実車写真、すごく参考になりますね!
お気付きかとは思いますが、このキット、トランクとリアガーニッシュ部分の間の溝がないのでスジ彫りが必要だったのですが、自分はウッカリしてしまいました(汗)
120sec
2017/05/07 05:33
120secさん、こんばんは。
ケンメリの流れでやることにしました。
でもドアは開きませんよ(笑)
ご指摘のところは加工済みです。
それ以外の気になるところもちょこちょこと手を入れてます

ヒロシ
2017/05/07 22:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
タミヤ1/24 スカイライン2000GT-R(箱スカ)製作記#1 ヒロシのホビーライフ雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる