ヒロシのホビーライフ雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 完成品ギャラリーVol.31‘70年代F1’Part.1

<<   作成日時 : 2017/07/30 00:44   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

久しぶりに完成品ギャラリーです。

今回は70年代F1特集という感じで、今までブログ上ではあまりご紹介できなかった作品をやってみようかと。。

ブログをやり始めてからプライベートで作ったものは勿論製作記を載せていますが、オートモデリングで製作したものは本が発売されるまでは基本ご紹介はしてませんし、その後もあまり登場してないと思います。

なので、ちゃんとご紹介するのは初めてだと思います。
まぁ、オートモデリングをお持ちの方は内容は分かると思いますが(笑)

チーム ロータスtype72Cフォード (1970)
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


エブロ 1/20 チームロータスtype72C (1970)
製作開始:2012年4月10日
完   成:2012年6月11日
価   格:¥5,800



オートモデリングVol.27掲載作品
キットにはゴールドリーフのスポンサーデカールは付属していないので、TABUデザインの別売デカールを使用しています。
プラが赤成型で思いっきり染みあがりを起こすので、シルバーサフを吹いて対策をしたんですが、完成後数か月したら一部に染みあがりを起こしていました
因みにクリアーコートはフィニッシャーズのウレタンクリアーです。

コクピット内やエンジンは出来る限りD.UPしています。
特にコードやホース類を追加すると密度感がアップするのでその辺りを中心に。。
またメッキパーツはほとんど落としてメッキシルバーNEXTなどで再塗装しています。


チーム ロータス type72Eフォード (1973)
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


エブロ1/20 チーム ロータス type72Eフォード (1973)
製作開始:2015年8月12日
完   成:2015年9月20日
価   格:¥5,800



オートモデリングVol.32掲載作品
上の72Cとほぼ同様のD.UPを行っています。
また、この作品にはエブロから別売アクセサリーとして発売されたノーズ内のフレームを組み込んでいます。
ただパーツは組立て済みでキットに付けるだけなのですが、少々精度が良くなく、車体側の取り付け穴に合わせるために、無理やり曲げて付けています。

このキットもJ.P.Sのスポンサーマークが付属していないので、TABUデザインの別売デカールを使用しています。
クリアーコートもウレタンクリアーです。


タイレルFORD P34 1976 日本GP
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


タミヤ1/20 タイレルP34 1976日本GP
製作開始:2011年2月1日
完   成:2011年5月5日
価   格:¥3,570


最近再版されましたが、これは前回再販されたときのもの。
エンジン、コクピット内のD.UPはもちろんですが、シートの軽め穴を開けるがめちゃ大変でした
完璧な日本GP仕様にするため、別売(ホビダス)のレインタイヤセットを使用しています。

コクピットカウル左右にある<窓>は取り付け部の加工と透明プラバンによって段差を極力なくすように修正しています。
なお、この作品もウレタンクリアーでオーバーコートしています。


1/20 タイレルFORD P34 1977
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


タミヤ+MFHトランスキット 1/20 タイレルFORD P34 1977
製作開始:2011年2月6日
完   成:2011年5月5日
価   格:¥2,000(キットのみ)


これを製作した当時はまだフジミからこのキットは発売されていませんでしたので、ヒロのトランスキットを使用して77年の日本GP仕様へと改造しています。

タミヤのキットは古く、その修正に加えてトランスキットの組み込みとかなり手が掛かりましたが、完成するとその重量感もなかなかのもので、充実感が味わえます(笑)
この作品もウレタンクリアーコートです。

今回はPart.1ですが、いずれPart.2もと思ってますよ。

ではまた!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
70年代のF-1はやはりかっこいいと思います。
(おっさんの自分だけ?)
シンプルでいながらメカメカしていて好きです。
6輪たいれるを富士で初めて見たときの驚きと嬉しさは、今でも鮮明に記憶に残っています。
日の丸航空隊
2017/07/30 19:57
日の丸航空隊さん、やはり70年代のF1は良いですよね。
富士のF1は当時TVで見てましたが、6輪タイレルは子供の私にも強烈な印象を与えました。
70年代のF1はまだ作ってない車種もあるので、今後ともどんどん作っていきたいです。
ヒロシ
2017/07/30 21:21
はい、私も!
テレビで観た1人です。
きれいで丁寧な仕上がりが活きた4台並び。壮観でしょうね。
ひろ
2017/07/31 12:20
ひろさん、当時はTVしか観れなかったので、その後タミヤからプラモが出たときはすぐ買って作りました(1/20ですけど)

1/20のP34は出てすぐ、その後一応ちゃんと塗装したのが1台、そして今回ので3台目です。
前の2台は既に現存してません。
ヒロシ
2017/07/31 14:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
完成品ギャラリーVol.31‘70年代F1’Part.1 ヒロシのホビーライフ雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる