ヒロシのホビーライフ雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS タミヤ1/24 スカイライン2000GT-R(箱スカ)製作記#12

<<   作成日時 : 2017/12/22 15:37   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

引き続きインマニの工作です。

本来キャブ側に付いているフランジが成型の都合上なのか、エンジンヘッドのインマニ側にモールドされています。
キットのキャブを使うならこれで良いんでしょうけど、今回は3Dパーツのキャブを使い、さらにインマニも再現したいのでこのフランジを切除します。

で、何とかヘッドカバーを外しインマニのフランジを切除しました。
ファンもフランジを切除するために持っていたらグラグラしてきたので外しちゃいました(笑)
画像


とりあえずこれで実車と同じ構造になったので、次は先に作っておいたインマニにスロットルリンケージの基部を作ります。

φ1oのアルミ線の先端を軽く潰し、への字に曲げてインマニ基部に差し込みます。
画像


差し込んだらリンケージのシャフトを通すためφ6oの穴を開け、そこのφ6oの洋白線を通します。

そしてリンケージのロッドは0.5oの洋白線で先端をやはり軽く潰し、ピンを通すための穴を開けました。
上側はφ0.4o、下側はφ0.6oです。
ピンは上側は0.4oの洋白線、下側(キャブ側)はヒロのアルミリベットを短く切ったものを挿しています。

リンケージのシャフトとロッドをつなぐ短いレバーは0.5o厚のプラバンの細切りで自作。
本当は0.3oにしようかと思ったんですが、強度と工作のしやすさを優先して厚めにしました。

画像


裏から見るとこうなってます。
画像


画像


エンジンに仮組みしてみました。
画像


画像


画像


エンジンルームに載せてみました。
まだレバーのところはプラの色そのままですが、このあとシルバーに塗っています。
画像


画像


あとは燃料パイプを追加してやればOKなんですが、ここで重大なことに気づきました

スロットルリンケージを自作したのは良いんですが、当然そこに動作を伝える部分があるということを・・・

つまり、バルクヘッド側からスロットルを動かすための機構があるわけで、ここまでやったらそれもないとおかしいでしょ?ということです。
実車資料で確認したら、バルクヘッドの上部に付いていて、キットではシャーシ側ではなく、ボディ側の方に付く感じです。

なので、ボディとシャーシを合体してからじゃないと、エンジンのスロットルリンケージとバルクヘッド側のリンケージを繋げられません。

う〜ん、これはますます年内完成は厳しくなってきました(^^;
というのもこの年末、今度の土日は休みですが、当然家の大掃除等雑用が色々あり、27日は会社の事務所や実家の大掃除です。

仕事は一応27日までで28日から休みです。
しかし28日はヨシリンのイヤーエンドスペシャルライブ(久々の南青山曼荼羅)、翌29〜30日はロドスタ仲間で伊豆に温泉1泊ツーリング!

てなわけで、実質模型に割ける日はそう多くはありません。

まぁ、でも〆切があるわけじゃないんで気楽にやりましょう(笑)

因みにボディはウェザーストリップの塗装のためのマスキングも始めましたよ。

ではまた!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
キャブレターの取り付け無事にできましたね。
おめでとうです。
キャブの「ゴワッ」という音が聞こえてきそうです。
リンケージ作動機構は、ボディー側なのですね。
普通に考えたら、バルクヘッド側ですがね。
GT-Rだから特別なのかな?
焦ると良くないことがおきるので、ユルリといきましょう。
日の丸航空隊
2017/12/22 15:50
日の丸航空隊さん、キャブが3Dでかなりリアルな造形なので見栄えが良いです。

リンケージ作動機構ですが、書き方がおかしかったのかもしれませんが、付いているのはバルクヘッド側です。
ただキットのエンジンルームのバルクヘッドが、シャーシとボディで分割されているので、書き方としてボディ側と書いたわけなんです。

最後から2番目の写真でもわかりますが、ちょうどマスターバックの上あたりになります。
ヒロシ
2017/12/22 22:05
ヒロシ様
こんばんは。
1/24での密度感最高ですね!
僕もトヨ2で同じような作業をしましたが全くの手抜きでして。。。スロットルリンケージの行き場所は適当にしてしまいました。。
イエローのパワーコードと赤結晶のカバーのコントラストが痺れます!
たかとと
2017/12/23 22:57
たかととさん、キャブがリアルにできているので、この辺りはなるべく再現したかったんです。

ヘッドカバーとプラグコードは派手かな?と思っていたので、そう言っていただけると嬉しいです
ヒロシ
2017/12/24 11:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
タミヤ1/24 スカイライン2000GT-R(箱スカ)製作記#12 ヒロシのホビーライフ雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる