ヒロシのホビーライフ雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS アリイ(オオタキ)1/48疾風 製作記#2

<<   作成日時 : 2018/01/11 00:57   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

もうお話ししているように、全くと言っていいほどサクサクといかないこの疾風に嫌気がさしてきて、機種変更することにしました。

今までの貴重な製作時間を無駄にしたくないのでとりあえずは製作を続けますが、もしかしたらこの先放置するかもです。
ただせっかく別売デカールもありそれを使いたいというのもあるのでなるべく完成までもっていきたいですが・・・(笑)

てなわけで現在まで進んでいるところまでをアップします。

問題の主翼の上反角は、異常に上がってしまった片側のフィレット部分を力業で一度引っぺがし、グニグニと曲げて再接着してみました。

脚柱を仮付して置いてみたら、まぁとりあえず許容範囲までにはなりました。
画像


カウリングは機銃口の上にバルジがあるんですが、キットのものが米粒がくっ付いているような、なんじゃこりゃ?というモールド
うっかり切除前の写真を撮り忘れてました。
画像

オオタキのオリジナルもこんなだったのかなぁ?

因みにハセガワはこんな感じ
画像

ここは後でバルジを作らないといけないです。

それからカウリングとフラップとにすき間が生じます。
ここはすき間ができないようにカウリング側に密着させると、今度は胴体との接合部にすき間ができちゃいます。
画像


という具合に修整の嵐でまったくサクサクといきません。
更にキャノピーもハセガワのを合わせる必要もあるし・・・

で、このオオタキの48シリーズをちょっと調べてみたんですが、1972年初めに第1弾として零戦、隼、紫電、飛燕などが発売されたようです。
画像


1972年2月号に載ってました。
画像


表紙はハセガワの初代1/32零戦で、工作ガイドもこの零戦です。懐かしいぃ〜
画像


疾風はいつか分からなかったのですが、1973年11月号のMA誌のオオタキの広告ページには赤とんぼや雷電などと一緒に載ってました。
画像


表紙はレベル1/32のタイフーンで、これも工作ガイドに。
更にハセガワの1/72のT-34メンターも発売された後でこれも工作ガイドと資料などが掲載されてました(あ〜メンターも作りたいな)
画像


因みに鍾馗と五式戦は1974に発売されており、P-40EとP-51Dはその後の発売予定になっていました。

さて、冒頭で機種変更を宣言しましたが、先日オクでオオタキ版のコルセアと紫電を落札しました。
コルセアは750円で、紫電は540円で落札!
共に送料入れても1000円ちょっとでした。

コルセアは既に手元に届きました。
流石にオオタキ版なので成形も綺麗です。

紫電とコルセアのどちらにするかはまだ決めていませんが、どちらも別売デカールを持ってるしオオタキ版なので疾風ほど苦労しないと思うので迷いますね。

48の紫電は以前タミヤのを作っています。
コルセアは同じくタミヤのバードゲージを作っていますが、オオタキのはF-4U-1Aなのでコルセアにするかも。

とにかくサクッと楽に作れる方がいいですね。

まぁ、両方届いてから考えます

ではまた!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
あっちが直れば、こっちがアウト!って辛いですよね。
紫電かコルセアで気分一新したいですね。
アリイまでは良かったのに、残念です。
日の丸航空隊
2018/01/11 14:56
日の丸航空隊さん、最初はもっとサクサクといけると思ったんですが、マイクロエース版はダメですね。
紫電かコルセアに変更してサクッといきたいです(笑)
ヒロシ
2018/01/11 15:35
マイクロエース版疾風ってこんな感じなんですね。私は一度も作った事はありませんし、キットも所有していませんが、何だか大変そうですね。そこを何とかするののが腕の見せ所だと言う声もあるかと思いますが、こうも不具合箇所が多いとその気力も失せますね。でも、やはり完成形が見たいです(笑)
オータキのキットって、殆ど未見ですが、1/48赤とんぼってありましたよね? 薄っすらと作った記憶があります。(もちろん、現存しません。)積みプラの中にもオータキのキットはないと思いますが、金型がドイツレベルに流れた1/144DoXは所有しています。なんだか作りたくなって来ましたね。😊
0-sen
2018/01/11 23:54
0-sen殿、マイクロエースになってからは金型のメンテをしてないみたいです。
ホビーショーでもマイクロエースは鉄道模型に力を入れていて、展示しているプラモキット(それこそ旧オオタキのキットです)も、脚が折れてたりパーツが欠損しているのを平気で展示しているくらいですから

疾風は今回初めて作っているんですが、オオタキ時代にスピットファイア、メッサーシュミット、P-47Dは作っています。
日の丸航空隊さんが製作されているメッサーシュミットを見ても分かると思うんですが、本当はもっと合いもよくてサクサク組めるはずなんです。

144のDoXは私も当時あこがれていたんですが、結局作ったこともないしキットも所有していません。
ぜひ製作してください!
ヒロシ
2018/01/12 00:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
アリイ(オオタキ)1/48疾風 製作記#2 ヒロシのホビーライフ雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる