ヒロシのホビーライフ雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS オオタキ1/48 F4U-1A コルセア製作記#4

<<   作成日時 : 2018/03/14 22:33   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

久々にコルセアっす!

思いのほかトラクターに集中しちゃったので予定よりちょっと遅れ気味です。
でもトラクター作りつつ、少しづつではありますが進めてたのです。

機体にサフを吹いて各部をチェック。
やはり数か所に処理が甘かったところがあり、それらを修整して再度サフをその辺りに吹いて完了。

で、いよいよ塗装です。

まずはインシグニアホワイトを塗ります。
下面はパネルラインに沿って黒を吹いておきました。
画像


このインシグニアホワイトはクレオスにはそのものズバリの色がありません。
さてどうしようかと思ったときに、以前タミヤスプレーでその色を使った残りがあるのを思い出しました。
早速スプレー缶から容器に取り出し、エアブラシで塗装しました。

インターミディエイトブルーはクレオスの特色セットから。
インシグニアホワイト部分をマスキングして塗装。
画像


画像


そしてグロスシーブルーも特色セットから。
マスキングを剥がすと塗り分けラインがかなりクッキリしてしまいました。
画像

グロスシーブルーはマスキングせずフリーハンドです。

画像


各所の塗り分けラインをエアブラシの細吹きで微調整して修整し、退色表現を施しました。
画像


画像


画像


画像


このあとは墨入れですね。

それからキャノピーですが、透明度がイマイチ
画像


つうことで#2000番で均し
画像


コンパウンドで磨きました
画像


最初よりはかなり良くなりました
画像

キャノピーももちろん機体と一緒に塗装済みです。

今回はここまでです。

ではまた!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
コルセア再開ですね。
インシグニアホワイトは、Mr.カラーの316番FS17873でも違いますか?
現用機用かな?
ひっつき虫マスキングは、押さえ方一つで「ボケ足」の出方が変わってきてしまいますね。
ナイスリカバリーです。
キャノピーは、当時としては透明度も良かったのでしょうが、今の目で見てしまうと「アレ」ですね。(笑)
退色表現も適度で良い感じです。
日の丸航空隊
2018/03/15 09:08
コルセアの塗装開始ですね。各色の塗り分け部分のボケ足の修正もうまく行ったようで、次は墨入れですね。私は先にデカールを貼っちゃう方ですが、これは人それぞれですね。
透明パーツの磨き上げもグッドです。
私も早く模型作りに集中したい気分です。
0-sen
2018/03/15 19:56
日の丸航空隊さん、インシグニアホワイトはFS17875または37875(つや消しとグロスの違いかと)のようで、316番とはちょっと違うみたいです。
キャノピーは疾風よりはかなりマトモですが、磨いて一層よくなりました(笑)
退色表現は最終的につや消しに降った時にもう少し強調されると思います。
ヒロシ
2018/03/15 23:53
0-sen殿、コルセアのトライカラーは機体によってボケ足や3色の塗分けラインが異なっているのでなかなか厄介です。
でもこういう作業は楽しいですね(笑)
明日からデカール貼りに入れそうです。
ヒロシ
2018/03/15 23:56
マスキングの後に細吹きでぼかしを
出すのもさすがです。三色迷彩も、アップ
してもらうとよくわかります。
キャノピーの磨き2000番だけで均して
コンパウンドで磨かれたわけですか
内側も同じでしょうか。
あきみず
2018/03/16 15:34
あきみずさん、キャノピーの磨きは今回は手を抜いて2000番までです。
いつもは2000番の後に6000番位までやりますが(笑)
内側も同様に磨いてますよ。
ヒロシ
2018/03/16 18:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
オオタキ1/48 F4U-1A コルセア製作記#4 ヒロシのホビーライフ雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる