ヒロシのホビーライフ雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS ハセガワ1/32 ボーイングP-12E #4

<<   作成日時 : 2018/06/06 15:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 6

機体の方は凸モールドのラインやリベットの再生をどうするかというのが残ってますが、大方目途がついた感じです。

残るはエンジン、プロペラなどの小物。

エンジンは前面に付くカバーが一体成型になっています。
ここは後発のP-26になると別パーツになっているんですが、コイツはこのままいくしかありません。
またエンジンのシリンダー部のパーティングラインのズレが結構あるのですが、ちゃんと修正するとなると形状がおかしくなるし、フィンのモールドも消えてしまうのでほどほどにしておきました。
画像


ネットで拾ったどこかの博物館の実機
画像


あとはプラグコードを追加し、中心の軸の周りを少々D.UPしてやろうと思ってます。

いっぽうプロペラですが、前回適当にD.UPしたものの、上の実機を見たら全違ってたという結果に(^^;
なのでセンター部分を作り直しますた。

まず元々のモールドを切り飛ばして中心にφ0.4oの真ちゅう線を埋め込み、それを中心としてφ2oのプラ棒を輪切りにして接着。
画像


次にジャンクパーツからST27のF1のエッチングにちょうど良いものがあったので、丸いエッチング(中心に0.5oの穴があいてます)を接着し、そこに1.6oのプラ棒を接着。

画像


画像


画像


画像


さらにもう1枚エッチングを接着します。
画像


センター部分のφ1.6oのプラ棒の高さを少し削って調整し、真中をすり鉢状にザグったら、4方向にφ0.3oの穴を開けます。
画像


プラの白のままでは判り難いのでシルバーに塗ってみました。
画像

これでまぁ実機っぽくなったかなと。。

そしてプロペラの軸ですが、そのままエンジンに差し込むとちょっとくっ付きすぎです。
画像


これは実機を見るとハッキリわかるんですが、軸の基部が少し太くなっていてその分エンジンとは間隔が空きます。
そこで基部にプラパイプを入れ周りをパテを盛って整形しました。
画像


プロペラのセンターから軸が少しずれていますが、これは元々キットがそうなっていたんです。
直そうかと思いましたが、面倒なのでとりあえずそのままっす。
画像


一応こんな感じです。
あとで調整してもう少しエンジンとプロペラの間隔を狭めてもいいかも。
画像


ということで今回はここまで。

そろそろ塗装&マーキングを決めないとなぁ・・・

ではまた!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
エンジンシリンダーは、必ずと言っていいほどどのキットもずれてますね。
合わせるのが難しいのでしょうかね。
プロペラのD・UPはお見事です。
自分ではここまでやれません。
梅雨入りしてしまいましたが、塗装に影響が出なければいいですね。
日の丸航空隊
2018/06/06 16:31
日の丸航空隊さん、特に古いキットはシリンダーのズレが大きいですね。
プロペラは何とか実機ぽくなりました。
エッチングを取っておいて良かったです。
しかもまだF-4B4の分も作れます(笑)

いよいよ梅雨入りしてしまいましたね。
この時期はエアコン掛けて乾燥機で乾燥させてます。
ヒロシ
2018/06/07 00:28
梅雨になってしまいましたね。
P-12Eの製作は順調そうですが、各部のパテ跡が目立ちますね。それだけ合わせの不具合や段差があると言う事だと思いますが、その修正力はさすがです。それに、ペラのディティールアップにカーキットのエッチングを使うと言う発想も素晴らしく、そこはカーモデルも手掛けられる貴殿ならではだと思います。お見事です。続報、楽しみにしています。
0-sen
2018/06/07 22:45
0-sen殿、とうとう梅雨入りしてしまいました。
カーモデルなどの艶あり塗装は特に厄介です。
合わせは悪いところもあるんですが、翼間支柱などは軽いすり合わせで大丈夫でした。
ペラのエッチングは「そういえば使えそうなやつがあったな」とすぐに思い浮かびました(笑)
上手く実機っぽくできて良かったです。
ヒロシ
2018/06/08 00:43
ネットの写真は、資料として結構役に立ちます
全部の資料があるわけないので、ネットの写真
を探しては、活用しています。
プロペラのDアップが、うまい具合に
なりましたね エッチングも記憶を頼りに
探せばあるのが、すごいです
あきみず
2018/06/08 21:10
あきみずさん、最近は高い資料本を買わなくても、大抵はネットで探せばそこそこ資料が揃いますね。
エッチングはなぜかあのパーツが記憶に残ってまして、実機写真を見たときにすぐに思い浮かびました(笑)
ヒロシ
2018/06/09 00:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハセガワ1/32 ボーイングP-12E #4 ヒロシのホビーライフ雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる