ナイト オブ・ザ スカイ ミラージュ(5)

機体の塗装はやっぱり少し退色&汚れた感じにすることにしました。ベースとなった2色をそれぞれ白を入れて明るくしたものや、黒を入れて暗くしたものを調色して、パネルラインを目安にランダムに軽く吹いてみました。
結果少し落ち着いた感じになってより実感が増したと思うのですが。(自己満・・・です)この画像だと変化が判るかビミョーですが・・・
画像

画像

あと機体各所の細かい塗装が残っているんですが、それは追々やっていくことにします。この機体は映画の主人公の乗機とする予定で、機首のシリアル№や垂直尾翼に部隊マーク?などをその設定に合わせるのですが、一度観ただけでは分からず、パンフにもそれが明確に判別できるものがないため、現在それが分かる資料を手配してもらっているところです。
そんなわけで機体の方は措いといて、脚柱やタイヤの塗装などをすませておくことにします。
脚柱はいつもタミヤスプレーの「シルバーメタル」で塗ることが多いのですが、今回はMrカラーの「スーパーFシルバー」で塗ってみました。塗ってみての感想としてはやっぱり現用機にはこっちの方が合うように思います。大戦機なんかはシルバーメタルの方がいいかな。
画像

さて、タイヤは当初から両面を貼り合せ、合わせ目も消し、トレッドの溝も一応再現してあったのですがそのままほったらかしにしてました。で、いざ塗ろうと思いよくよく見るとなん~かおかしい!
タイヤとホイルのバランスが変なんです。インターネットで検索して脚回りの資料を見つけたので比べてみると、明らかにホイルの径が大きすぎ、リムの形状も変。なんだかロープロファイルのタイヤみたいに見えてしまいます。これは前輪も同じ。やれやれ・・・
画像

ご覧のようにタイヤの扁平率が極端に薄く、ホイルのリムも二重になっているような変な形状なのでどうしようか考えました。
①.見なかったことにする。
②.ジャンクパーツから会うものを探す。
③.修正する。
①はやっぱり目立つところなのでパス、②は探したが見つからず結局残ったのは③しかありませんでした。方法はリムとタイヤの境目にパテを盛るという方法です。それをやったのが↓です。
画像

パテをサンドペーパーで削り、形を整えてみました。あまりきれいにはいかなかったけど、きっとのままよりはマシと思うのですがいかがでしょうかね~
しかしモノが小さいのでペーパーをかけたりすると持っている腕が疲れて肩もこってしまい苦労しました。
画像

さ~いよいよ大詰めです。今日にはマーキングの資料も届くので完成まであともう少しです。でもここからが長いのよね~!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック