模型制作代行引き受けます。詳細は近日!

零戦萌ゆ!その5

みなさん、おこんばんは!
いや~暑いですね。台風が逝ったと思ったらまた一層暑くなったような気がします。

さて、コクピットの続きです。主に細かいちまちまとした塗装の連続です。

計器盤が完成
画像


ここには座席の昇降装置に付くゴムひもを再現
画像


シートベルトはキットの付属のシールタイプ
画像


床に両サイドのパーツをセット
画像


全てのパーツを付けて完成
画像

このゴチャゴチャ感に萌えますわ
画像


このキットの難所と言えるのがココ
画像

小さなネジのモールドなどをいかに消さずに合わせ目を消すかが難しいです。

機関砲の溝の部分を先に塗装しときます
画像


使用したのはコレ
画像

このキット用に新しく出た色ですが、この色が気に入ったので今回使うことにしました。確かSWEETの21型の色の説明ではこのような色だったというようなことが書かれていますね。

で、缶スプレーをそのままぶしゅ~という訳にもいかないので、ビンに移しました。方法はストローを使ってこんな感じで
画像

左手はカメラを持っているので手を添えていませんが、もちろん実際にやるときは両手でやります。
こうして吹くと、あ~ら不思議!
ガスはストローの口から上へ抜けて、塗料は下へポタポタと落ちます。ただ、ストローを持っている指が凍りつきますのよ。

これで大体缶の中身の7割くらい
画像


しかし、これでは入れすぎでした。数分おいてからかくはん棒を入れた途端に
画像

一気に泡を吹いて溢れやがったではありませんか。ちなみにこの画像はそのあとのもの。しばらくかくはんを続けると中のガスが抜けて泡立たなくなります。

そしてちょっと溢れましたが、ガスが抜けたあとの量はこんなんです
画像


そう、ビンに移した後も塗料の中にガスが混ざっているんですね。この方法でやる場合はもっと大きいビンで行ったほうがいいよという一例でした。

これで胴体のコクピット後方をコクピット色で塗って、コクピットを胴体内にセットすればいよいよ翼関係の工程へ進めます。

ところで今日木曜から2泊3日で箱根に旅行に行ってきます。なのでブログへのコメントは土曜まで出来ませんのであしからず。
う~ん、しかしこんなんでゼロは間に合うのか?



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

しょぼんぬ
2006年08月10日 02:54
こんばんはー
なるほどおおおおおおおおおおお
缶スプレーの中身を
取り出すには
このよーな方法で行うのですね
長年の疑問だった事が解決致しますた
これで躊躇せずにタミヤの缶スプレーが買えます
ありがとうゴザイマスうううううう(・ω・)
Kazu
2006年08月10日 12:04
これは私にも、目からウロコっすよお!
他のスプレー缶塗料でも応用できそう!
いやあ、勉強になりますた。
コクピットも、画像でみると一段といいですねえ。
ヒロシ
2006年08月12日 19:18
しょぼんぬさん、こんばんは
先ほど箱根方面より帰還しました。

このスプレー缶の中身を出す方法は以前からアイデアだけはあったんですが、今回初めてやってみました。意外と上手くいくのでお勧めですよん。
ヒロシ
2006年08月12日 19:23
kazuさん、こんばんは
お勧めの方法ですんで、ぜひ試してみてください。
コツは大き目の容器に出すことです。かくはん棒を入れた途端に泡を吹き出すので注意してくださいね。あと、すぐに容器のふたをしない方がいいですよ。ふたをせずにしばらく置いてからかくはんしてガスを抜いてください。

この記事へのトラックバック