零戦萌え~その6

突然ですが今回よりタイトルを萌ゆ!から萌え~に変更させていただきます。
いえ、別に大した意味はないんですが、何となく変えてみようかな~と思っただけです。ハイ。

もうそろそろお盆休み@夏休みも終りの方々がほとんどでしょう。私も前半はご存知のように箱根方面へ旅行、その後は模型三昧になると思いきや、やっぱり他のことで時間を潰されました。まあ、でも2日くらいは昼から夜までできたので良かったかな。
そんな訳で(どんな訳だ?)ゼロはどうにか塗装に備えてマスキング、そして塗装というところまで進みますた。

士の字になりました
画像

胴体にコクピットを入れたら今度は主翼に主脚収納部などを仕込んで合体です。エンジン関係は後から取り付け出来るので便利ですが入り組んだところのマスキングが面倒です(-_-;)

キャノピーのマスキング
画像

キットには52型同様マスキング用のシールがセットされています。試しに2箇所ばかり切り出して貼ってみたんですが、コレ微妙に合いません。52型のときもそうだったんで期待してなかったんですがね。ラインに沿ってカットするんですが、これも結構面倒!
なので、マスキングゾルでやることにしました。前2つは新しい「改」、後の1つはもう絶版になった旧マスキングゾルでやってみました。
画像

今回初めて「改」を使ってみたんですが、乾いたあともハセガワのみたいにべたつきがなくいいですね。塗るときの感じはハセガワのに似てますが…
カットはBAELさんもおっしゃってましたがちょっと刃に引っかかるような感じがあります。刃は常に新しいものを使うようにした方がいいです。また乾燥も少し時間がかかるみたい。私は早く乾かそうと乾燥機の中に入れたら表面に気泡が発生してしまいました。これは旧版では無かったことですので今後この手は使えません。
塗るときは薄く塗って2度塗りするといいみたいです。1度塗りでもOKですが、皮膜が薄いため、カットしいる最中手で持っているところの縁がめくれてきたりすることがありました。
手持ちの旧版はもう残り僅かなので、いずれ「改」に切り替えなくてはならないですがこれなら使えそうですね。はっきり言ってハセガワのが期待はずれだったんでとり合えず一安心です(笑)

機体色を塗装
画像

機体色はいろいろ言われて諸説ありますが、今回はタミヤがこの21型のために発売した[AS-29]を使いました。
缶スプレーから取り出した塗料は少し濃い目だったので、タミヤのラッカー用薄め液で希釈。別にクレオスのでも構わないと思うんですが一応ね!あとそのままだとツヤがあまり無いのでデカール貼りに備えクリアー(これはMr.カラーの46番ね)を少々入れてエアブラシで吹きました。

このあとは墨入れ~デカール貼りと続きます。この週末でどこまで進むかなぁ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

F/A-14
2006年08月18日 15:26
こんにちは。盆休みも十分に休養がとれたみたいですね。零戦士の字おめでとうございます。いつも思うのですが工程管理がしっかりされていらっしゃる。見習わなければ。うちの6Bもぼちぼち士の字になりそうです。お互い頑張りましょう。
ヒロシ
2006年08月18日 18:10
F/A-14さん、こんにちは
プラウラー拝見させてもらってますがなんか凄いことになってますね~
それでも最後にはちゃんと形になるんだからF/A-14さんの技術(と根性)には敬服します。
お互いがんばりましょう。
BAEL
2006年08月18日 18:54
こんばんは
夏休みを挟んでもしっかり進めてらっしゃるあたりはさすがプロですね。
で、マスキングゾル改、綺麗に塗れてますね。私はダラダラ流れて大変でした(笑)現用機モデラ-(元?)的には、零戦のキャノピ-マスクなんて見てるだけでゾッとしますよ(笑)
躍人
2006年08月18日 19:01
こんばんは

マスキングゾル改は良さそうですね!
ハセガワで幻滅しちゃったので、今後はテープ一本で、とも思っていたんですが、考えちゃいますね。
フェニックス
2006年08月18日 19:36
ヒロシさん、着々ですね。
塗装色も中々良い感じです。諸説ある色ですが個人的には、あまり褐色に振れた色はゼロ戦らしくないと思います。
ところで、私もマスキングゾル改を買いました。まだ未使用ですが使い勝手が良さそうなんで楽しみです。
メビウス3
2006年08月18日 21:00
ヒロシさん、士の字おめでとうございます。完成までもう少しですね。マスキングは前までセロファンテープでやっていましたが、失敗が怖くなりマスキングテープ+ゾルでやってます。
ヒロシ
2006年08月19日 00:04
BAELさん、こんばんは
ゾルを塗る前にはビンの説明書きにもありますが、キャノピー等塗る物をよく洗った方がいいみたいです。私も最初洗わずに塗ったらはじいたり流れたりしました。
零戦のキャノピーはまだましです。日本やドイツの爆撃機などはうんざりしますよ(笑)
ヒロシ
2006年08月19日 00:08
躍人さん、こんばんは
昔からマスキングゾルでやっていたので、やっぱりこの方法が自分には向いているみたいです。最も最近はケースバイケースで、テープでやるときもあります。たとえば枠のラインがはっきりしていない場合なんかはテープの方が失敗は少ないですね。
ヒロシ
2006年08月19日 00:16
フェニックスさん、こんばんは
零戦の色で所謂飴色という説がありますよね。以前私も試しに32型の下面に塗ったことがあるんですが、やっぱりなんか変です。似合いませんね。
「改」は旧に慣れた者からすると多少慣れが必要かもしれませんが、使い勝手はまずまずですよ。
ヒロシ
2006年08月19日 00:20
メビウス3さん、こんばんは
セロテープも良い方法ですが、貼ってから短期間で剥がさないと糊がべたついたりしません?
私は昔作りかけで2年近くほったらかしていたキットで経験して以来どうもセロテープにはトラウマがあります。
COLT-T
2006年08月19日 00:43
今晩は。
タミヤの新色は本当に良い色ですね。
零戦の機体色に関しては、私も以前から独自の見解があって、ちょうど今夜、自分のサイトに掲載したところでした。(^^ゞ
(http://www.toshis.net/models/)
タミヤの零戦は精度の高さがヒロシさんの緻密な工作を一層引き立たせる好素材だな~と感心しながら見てます。完成を誌上で拝見するのを楽しみにしてます。(笑)
私も遠からぬうちに是非製作したいですね。
ヒロシ
2006年08月19日 14:34
COLT-Tさん、こんにちは
サイトの考察拝見しました。
私もまったく同感で、なぜか飴色だけが一人歩きし、零戦=飴色というのが一部の人たちの間であたかも常識のようになっているのはどうなのかな?と思っています。元ライターの黒須氏もこの件では痛烈に批判したましたね。

この記事へのトラックバック