完成品ギャラリー特別編(ロータス99T)

え~とですね、JWさんからこのロータス、どこをどうしたのかお知りになりたいとおっしゃったのでご紹介することと相成りました。
製作したのは87年9月~12月にかけて約4ヶ月です。

まずはキットをストレートに組んだ方と並べてみました。こうすると違いが分かりやすいと思います。
画像


フロントウィングはプラ板で自作しました。
画像


リアウィングも自作でございます。
画像

サイドポンツーンの後部下も違います。
画像


ターボのインダクションポッドも位置形状が全然違うのでこれも自作です。
画像

画像

この位置決めには苦労しました。また、サイドポンツーンの角のRはかなり削って元よりかなり丸みをおびてます。

車載カメラです。この当時はえらくでかかった。
画像

外すとこんな風になってます。
画像


カウルを外すと汗と涙の結晶が…
画像


エンジンは資料を見てできる限り作りこみますた。
画像

画像


ターボのインダクションポッドはこんなに違います。
画像

よくまあ、こんなに上手く形を作れたもんです。今では出来ません(笑)
画像


画像


ロールバーのところの電子機器パーツ
画像


画像


リアのブレーキのインダクションポッドはキットを元に改造です。
画像

画像


メーター回りはフードみたいなのが付いてます。
画像

画像


カウルを外した状態の比較ですう~
画像


いかがでしたでしょうか?
ちなみに、この第4戦仕様では中嶋車は従来のカウルで、セナ車はサイドポンツーンの高さが数センチ(何センチか忘れました)低い新カウルを使用したそうです。ただ、中嶋も予選では使ったらしいですが…。この辺のことは当時のカーグラの中嶋のF-1日記(だったかな)に詳しく記されています。

しかしまあ、今考えるとよくもまあここまでやったもんだと、自分に感心してしまいます。あの頃のパワーが欲しい!(笑)
でもって、またF-1が作りたくなってきたど~






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

ohtinsky
2006年09月06日 02:04
ややや、これはこれは!いつもながらヒロシさんには驚かされます。私もF1やってみようかな。

ところで、カーモデルのゴムタイヤについているパーティングラインはどうやって消せばいいのでしょうか?きのう息子にせがまれてトヨタ2000GTを買ってしまって、早く作って見せてくれと言われてます。
Kazu
2006年09月06日 13:21
うむむむ、これはスゴい…。
カーモデルはドシロートですが、すげえ緊張感が伝わってくる作品ですね。
これが10年近く前の作品だと知って、再度仰天!
昔からすごかったんですねえ、ヒロシさんは…。
BAEL@会社
2006年09月06日 18:56
あぁ・・・・
なんかもう、スゴすぎて言葉も出ません。
リクエストに応えていただいてありがとうございましたm(__)m
ものすごく刺激的です。

クルマ始めてから、いつかこういうのを作ってみたいなと思ってたんですが、このロータスを拝見して、偉そうに作り散らかしてる自分が情けなくなってきました(苦笑)
よりいっそう奮励努力いたしますです。ハイ。


ヒロシ
2006年09月06日 22:08
ohtinskyさん、こんばんは。
タイヤのパーティングラインを簡単に消すには、#400くらいのサンドペーパーを平らな面に置いて、タイヤを回転させながら削ってやるといいと思いますよ。
ヒロシ
2006年09月06日 22:12
kazuさん、こんばんは。
コレを作っていた当時はカーモデル一辺倒でしたね。特にF-1ブームだったのでよく作りました。しかしここまで作りこめたのは思い入れがあったからなのかもしれません。
ヒロシ
2006年09月06日 22:23
BAELさん、こんばんは。
無事ブツは着弾しましたでしょうか?

作り散らかしてる?いいじゃないですか!自分の好きなように作るのが一番ですよ。このロータスは当時の自分の持ってる技術を全てつぎ込んだ作品といえますが、今は逆にカーモデルにここまで情熱を傾けられないかも…
でもいつかまたこういうのやりたいですね。
JW
2006年09月06日 23:28
ヒロシさん こんばんは。
早速リクエストにお応え下さって
ありがとうございます。
それにしてもすごい作り込みですね(汗)
自作パーツのシャープさといい、
パイピングやら色々ディテールアップが
すごいですね。
ほんと昔からこんなの作ってたんですか・・・・。
自分には今でも作れませんね・・・。
また何か旧作があったらお披露目してくださいね。
ドカ山
2006年09月06日 23:33
こんばんは
凄いものを拝見しました。
ナマで見てみたい。見たら卒倒確実(笑)
超絶改造に加えてノーマル仕様も作られているところが面白いですね。
10年ものの作品がちゃんと保管されているのも凄いです。感動しました。
ヒロシ
2006年09月07日 00:13
ドカ山さん、こんばんは。
家も近いので宜しかったら今度いかがですか、もちろん自転車で(笑)。
この2台は同時に製作を始め、ストレートに作ったゼッケン12のセナ車で合い等を確認しながらそれを中嶋車にフィードバックしました。
ところでよく考えたら10年ではなく19年ものですね。
BAEL
2006年09月07日 00:15
ヒロシさん
例のブツは確かに着弾いたしました。
本当にありがとうございました。
ヒロシ
2006年09月07日 00:17
JWさん、こんばんは。
私も今ではもう作れません(笑)。
しかしお披露目できるのは旧作ばかり…、過去の栄光ではありませんが、もっと現在のプライベート作品を充実させないといけませんね。
ヒロシ
2006年09月07日 00:29
BAELさん、がんばって素晴らしいやつを作ってくださいね~。

この記事へのトラックバック