完成品ギャラリーVol.6

次の作例の製作着手までちょっと余裕があるので久しぶりに完成品のご紹介をしてみようと思います。しかしここで余裕があるということは? 後半が怖いですう~。

で、またまた昔作ったものなので出来は??ですが、お目汚しにひとつどうぞ~。(笑)
今回は昔作った飛行機 1/48編です。

P-51Bムスタング
画像

画像

画像

この作品は48の飛行機キットの中では最古のものです。ハゲチョロや汚しをしていますが、なんか汚いだけの作品になってしまっていますね。暫く押入れの中にしまっていたためアンテナが紛失してしまい、この写真のために似たものをジャンクから探して付けました。

バンダイ/モノグラム1/48
製作年:1978年2月
発売当時価格:¥500

メッサーシュミットBf109G-6
画像

画像

今は無きオオタキのメッサーです。これもP-51Bの次に古いです。
モットリングは「ぼかし筆」で再現していますが、今見ると「は~?」ですね。(笑)
一応アンテナ線とブレーキホースは追加してます。
これより古いP-47(1979年製作)もあるのですが現在レストア中です。完了したらいずれお見せしたいと思います。

オオタキ1/48
製作年:1983年8月
発売当時価格:¥400

雷電21型
画像

画像

画像

タミヤのキットです。エアブラシ塗装ですがよく見ると所々筆で汚くタッチアップしています。(笑)
ハゲチョロも施していますがいま一つ(いや二つか…)センスに欠けますね。ブログに載せるため最近アンテナ線を張り替えてみました。

タミヤ1/48
完成年月日:1984年3月11日
発売当時価格:¥600

P-51Bマスタング
画像

画像

画像

こちらはタミヤのキットです。モノグラムと比べると面白いです。
銀塗装はただ1色を吹いただけ。排気汚れは最近入れました。ちょうどこの数年前からカーモデルからまた飛行機の方をメインにやりだした頃ですね。

タミヤ1/48
製作開始:1996年6月2日
完   成:1996年12月5日
¥1800

一式戦 隼
画像

画像

画像

この隼は飛行機キットのライターになるきっかけとなった記念の作品です。
当時コトブキヤさんのコンテストにスケールものの出品が少ないので出しましょうということになり、これとカーモデル(何を出したか忘れました)を出品しました。そこで審査に来ていた今の某誌の編集長(当時は別の模型誌の編集長でした)の目に留まり飛行機キットのライターとしてデビューすることになったんです。
デカールはエアロマスターを使っています。
ニチモ1/48
製作開始:1997年3月20日
完   成:1997年5月1日
¥600

中島二式単座戦闘機Ⅱ型甲 ショウキ
画像

画像

画像

主脚柱とシートなどにファインモールドのメタルパーツを使用した以外は素組みです。
とても作りやすいキットで、主翼のパネルラインが違うとかいろいろ言われていますがとてもいいキットだと思います。
アンテナ柱がテグスに負けて曲がってきています。過去に作った作品でこのように柱が曲がってしまったものが多いんですよね。いずれ直したいです。

ハセガワ1/48
製作開始:1998年6月14日
完   成:1998年7月17日
¥2200

如何でしたでしょうか?
前半の3作品は今と違って、塗装後にコンパウンドで磨いてわずかにツヤありに仕上げていますね。こういうのも最近いいかな~なんて思っているんですよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

BAEL
2006年11月08日 23:15
こんばんは
ヒロシさんは昔っからやっぱりヒロシさんだったのですね・・・(笑)上品な仕上がりの作品ばかりですね。中でもマスタングに妙に惹かれました。翼のツヤが素敵です。しかし、70年代の完成品を今もしっかり保存されているのには脱帽いたします。
ヒロシ
2006年11月08日 23:43
BAELさん、コメントありがとうございます。
いやはや、お恥ずかしい!
当時は今より技術は未熟でしたが、それなりに一生懸命作っていたんだな~と妙に納得。(笑)
最近、クリアーコートで作品のツヤがみな一緒という感じがします。今度昔の技法でやってみますかね~。
ドカ山
2006年11月09日 00:57
こんばんは
メッサーの色味なんかちょっと昔風の考証で
懐かしい感じがしますね(笑)
ともあれ、昔からたくさん作って来られたのですね。古いP-47のレストアとありますが、
レストア作業、興味津々です。どのような作業なのでしょうか?
しょぼんぬ
2006年11月09日 03:23
こんばんはー

こーして並べてみると
その当時に流行っていた技法だとか
自分の作風の変化が分かったりして
なかなか興味深いものがありますよね

まあ
イチバン驚いたのが
キットの値段の安さだったりしますよ(・ω・)
ヒロシ
2006年11月09日 08:47
ドカ山さん、おはようございます。
今と昔では色の考証もだいぶ違うので、当時の作品を見ると面白いですね。「あーこんな色で塗ってたのか…」とか。
P-47はオオタキのキットで、デカールが酷い状態になったのと、一部破損したところがあったので大改修中です。塗装を一部やり直し、デカールもエアロマスターのノーズアートのものにしようかと思っています。パーツ取り用の同じキット(アリイ版ですが)も用意してあるのであとは暇さえあればという感じです。ちょっとこの機会にやりますかねェ。(笑)
ヒロシ
2006年11月09日 08:53
しょぼんぬさん、おはようございます。
そう、値段の安さにビックリです。(笑)
昔からキットのリストをつけているので、購入当時の価格、完成品は製作開始日と完成日(古いものは完成年だけ)が判るようになってます。それを見ると昔はいかに安かったというのが実感できます。
メビウス3
2006年11月09日 18:11
ヒロシさん、こんばんわ。艶加減がカーモデルみたいな仕上げでとても素晴らしいですね。僕はAFVからヒコーキに入ってきたので汚さないと気が済みません。もちろんザラザラつや消しでごまかしてしまうため、とてもじゃないけどこんな仕上げはできません・・・うらやましいです。それにしても、どのジャンルから飛行機に移るかが作風にずいぶんと影響するんですね。
ヒロシ
2006年11月09日 18:43
メビウス3さん、コメントありがとうございます。
私は中学生くらいのときは飛行機一筋でした。だから元はといえば飛行機モデラー(だと思う)だったんですが、その後にカーモデラーに転身(笑)してからの方がいろいろな技法を覚えたため、飛行機に戻った時は浦島太郎状態でしたよ。
で、確かに元のジャンルからの影響は大きいですね。
雪風
2006年11月09日 19:37
ヒロシさん、こんばんは。
昔の作品は、やっぱり味があるというか、時間の経過が見てとれますね。それにしても、昔から良い作品を・・・。これを見て自分の作ったものを見ると(´・ω・`)ショボーンですよ(笑)
ヒロシ
2006年11月09日 23:50
雪風さん、コメントありがとうございます。
そうですね、なんか自分で作っておきながら味がある作品に感じます。たまには昔の作品を見て今のものに反映できるものはしてみるのもいいですね。
F/A-14
2006年11月10日 11:19
おはようございます。少しばかりの虚脱感と開放感を心地よく味わっています。さて、上手い人は昔から上手いのねェ~を実感させて頂いております。今度はドイツ機祭りをやりませんか?(といっても小生は来年はホーネット祭りをやりますけど・・)JMCもいよいよですね。上手い酒を飲みましょう。
ヒロシ
2006年11月10日 11:54
F/A-14さん、コメントありがとうございます。
いや、そんな…
画像で見ると良く見えますが、実物を見ると凹みますよ。
ドイツ機祭りですか~(^_^;) メッサーだのフォッケだのストックはいっぱいあるので、少しは完成させたいんですが、さてどうでしょう。(笑)
JMC楽しみですね。というかオフ会の方がメインだったりして…(汗)
河井
2006年11月10日 17:53
JMCオフ会、楽しみにしてま~す。
ヒロシ
2006年11月10日 21:06
河井シャチョーさん、こんばんは。
こちらこそ楽しみにしています。当日はよろしくお願いしま~す。

この記事へのトラックバック