完成品ギャラリーVol.14

前回からだいぶ間が空いてしまいましたが、またまた完成品(過去の駄作ともいう)をご紹介しましょう。
今回は1/48の飛行機です。これらはプライベートで比較的近年製作したものですが、ほとんどストレートに作っています。(汗)

ホーカーテンペストMk.Ⅴ
画像

画像

画像

画像

確か初めて作ったエデュアルドのキットがこれだったと思います。というかそもそも簡易キットというものが初めてだったと記憶してます。
キットはプロフィパック版でコクピットの大部分がエッチングだったのでえらく作り辛かったのが印象的でした。
キャノピー開状態ではプラが厚かったので第二風防のみキットのものを型にしてエンビで絞り、翼端灯もエンビを絞ったカバーを取り付けています。今考えれば素直に透明プラを接着して成型した方が簡単でしたよね~。なんでだろ?
迷彩の色がなんか変な感じがしますが、これは当時専用の色が出ていなかったので調色したものの失敗したんでしょうね~。(←人事みたいに言うな ごもっとも)
デカールはこのキットが登場してエアロマスターから数種発売されたものの1種を使用しています。
しかし簡易キットを初めて完成させ、機種としても他にこのスケールでインジェクションで出ていないテンペストということもあり作品としては気に入っています。

エデュアルド1/48
製作開始:1998年3月10日
完   成:1998年6月10日
価   格:¥2900


ハインケルHe280
画像

画像

画像

テンペストで味をしめて(笑)またまた簡易キットを作りたくなって作ったものです。Me262に負けて試作で終わってしまったというのも哀愁をそそるものがありますね。
テンペストに比べるとかなり作りやすかったのですが、水平尾翼と胴体の取り付け部にかなりギャップが出て修整に苦労しました。またやはり翼後縁が厚かったので薄くしたりという加工は必須でした。
全体がRLM60一色なのでパネルラインに沿ってシャドウを入れてみましたがちょっとリアルさに欠けますね。でも当時はこれはこれでいいと思っていたんです。(笑)

エデュアルド1/48
製作開始:2001年10月10日
完   成:2002年5月23日
価   格:¥3900


F6F-5Eヘルキャット ナイトファイター
画像

画像

画像

画像

ハセガワの限定版キットです。
主翼のレーダーが一般的な前縁に付く流線型になる前のもので、翼下に懸架しているのが特徴です。
キット自体はシンプルでとても作りやすい好キットですね。手を入れるベースとしてはもってこいでしょう。(笑)
作品はほぼストレートでエッチングのシートベルトやアンテナ線などを追加した以外はなにもしていません。

ハセガワ1/48
製作開始:2002年1月27日
完   成:2002年7月8日
価   格:¥2400


メッサーシュミットBf110G-4
画像

画像

画像

画像

画像

プロモデラーの名作キットですね。
機体表面のモールドも綺麗だしコクピットも素晴らしい出来!とにかく作っていて楽しいキットでした。ただ水平尾翼と胴体にギャップが生じ、水平を出しつつ接合部を処理するのが大変だったのと八木アンテナの取り付けだけはその位置決め&角度に苦慮しました。結局真ちゅう線を埋め込んで角度を調節しながら取り付けました。
デカールは国旗マークなどはキットのもで、細かいコーションデータなどはエアロマスターのものを使用しています。

プロモデラー1/48
製作開始:1998年5月16日
完   成:1999年1月3日
価   格¥5600


フォッケウルフFw190D9
画像

画像

画像

デカールは別売のエアロマスターを使用してキットのとは違うマーキングにしています。
シートベルトとアンテナ線の追加、そしてピトー管をファインモールドのものに替えた以外はストレート組みです。(汗)
キット自体は流石タミヤといえる合いの良さでサクサクと組みあがります。JV44もストックしてあるのでそのうち作りたいですね~。

タミヤ1/48
製作開始:2001年2月4日
完   成:2001年10月14日
価   格:¥1800

いかがでしたでしょうか?
今回は比較的近年作った飛行機作品ですが、今見るとけっこうアラが見えてお恥ずかしいかぎりです。
できればもっと手を加えた納得のいく作品を作りたいのですが、なかなかまとまった時間がとれないので現状では厳しいのが辛いところです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ドカ山
2007年10月18日 00:43
比較的最近とのコトですが
すでに十年近く経過しているではないですか(笑)
個人的にはメッサーの夜戦がツボでした
それにしても、大切に保管してあるところが凄いですね。みんな飾っているのですか?
今度家庭訪問しよう、そうしよう。
ヒロシ
2007年10月18日 21:05
ドカ山さん、こんばんは。
>比較的最近とのコトですが
すでに十年近く経過しているではないですか。
うう~それを言われると辛い…(笑)

これらの作品は全て飾っていますよ。でも最近はショウケースの中は満杯で飾るスペースがマジで無くなってきました。
家庭訪問お待ちしてます。あ!お土産も。(笑)
ohtinsky
2007年10月18日 22:16
昔の作品とはいえ、やっぱヒロシさんてスゴイなあ、というのが正直な感想です。これだけ大きいのがあると、スペースも大変でしょうね。私もがんばってストック減らしに専念します。手が遅いから、どうもストックばかりが増えるんですよね。作りたがるのも古いキットばかりだし。新しいのは積んだままです。
ヒロシ
2007年10月19日 00:00
ohtinskyさん、こんばんは。
ストックはそのままでもスペースをとるし、かと言って作れば今度は飾るスペースが減るしで悪循環です。(笑)
とはいえ私もストックは増える一方ですよ。(汗)
あきみず
2007年10月19日 22:38
全部ケースに入れて展示されてるのですね48ではスペースがいくらあっても足らないのではありませんか。私も食器棚と本棚にいれてますが48は入りきりません。He280はハインケル博士の会心作なのに無念さが残る機体ですきなのです。
72はヒューマモデルで作りました、48はeduardというメーカーです製品の内側もきれいに金型が磨いてあり、こんなに手を加えてもいいのかなと思えるほどでした 皆さんの記事を読むとあれもこれも作りたくなり困ります。
ヒロシ
2007年10月20日 12:21
あきみずさん、こんにちは。
そうなんですよ。しかも飛行機だけではなく車やバイクも一緒なのでもう満杯状態です。(汗)
エデュアルド(eduarud)は簡易キットですが、とても簡易には見えませんよね。
JW
2007年10月30日 14:45
ご無沙汰してました・・。
プロモデラーのメッサーはレベルのと違うんでしょうか?
それだったら近所の模型屋さんにまだあるんですが・・。でも48の双発なんて飾りきれません。
フォッケもかっこいいですね!塗装がうまいな~
ヒロシさんは。
ヒロシ
2007年10月30日 18:49
JWさん、ありがとうございます。
レベルのメッサーとは確か同じものだと思います。あちらのキットはモノグラムになったりドイツレベルになったりと忙しいですからね~。(笑)
現在エデュの110Eを作ってますが、これが完成したら置き場所はありません。どうしよう?(汗)

この記事へのトラックバック