Avro’s Annie(1)

昨年勢いで?狩ったクラエアの1/48AVRO ANSONですが、当初の予定通り今年の静岡アイテムとして製作を開始しました。

まずは胴体の合いをチェック。そしてコクピット関係の製作開始です。
画像


一番厄介なのがコクピット内のフレームです。
画像

レジンパーツなのですが、抜きの関係で○のフレームが外側に面する部分がカマボコ型というかΩ型のようになっています。なので折らないように慎重に削って修整します。

画像


カッターとヤスリでどうにか○に近い感じになりました。
画像

画像

これでコクピットはとりあえず塗装に入れます。

そうそう、キャノピーと胴体の合いもチェックしておかなければいけませんね。
画像

合わせてみた感じではまずまずですが、やはりある程度すり合わせは必至です。

胴体下面は補強を兼ねてプラ板でのりしろを追加しました。
画像


尾翼のアンテナ支柱?は曲がっちゃってます。これは金属線で作り替えですかね。
画像


あと水平尾翼の取り付けも芋付けなので何か考えないといけません。
画像


で、1ミリ厚のプラ板を3枚重ねて差込ベロを作ることにしました。
画像


そのままでは尾翼の中に入らないのでプラ板の積層がピタリと入るまで削りガッツリと接着しておきます。
画像


胴体側は差込穴を開けます。寸法を測らないと尾翼がずれてしまいますのでここは慎重にやりました。
画像


うまくピタリと入りました。でもまだ片側しかやってません。(汗)
画像

画像

パーツ同士の合いはいいので差込穴さえ寸法通りに開ければピタリと付きます。

しかし主翼も同じ芋付けなんだよな~。どうしようかな…。
やはりプラ板で桁のようなものを作ってやらないといけない悪寒がします。(大汗)

まあこんな感じでユルユルとやっていきます。
静岡に間に合うといいな~。(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kpfw
2008年01月06日 07:00
蛇の目、簡易・・・魅力的な組み合わせですね(笑)
それにしても簡易キット、妙に合わせがいいのが不思議です。部分的ですが(^^;
改めて簡易キット製作の勉強になります。よろしくお願いいたします。<(_ _)>
ヒロシ
2008年01月06日 13:05
kpfwさん、こんにちは。
クラエアのキットは幾つか持っているのですが作るのは実はこれが始めてなんです。
同社の中でも最近のキットなので合わせも良いみたいですね。ただ翼は相変わらずイモ付けなのでその辺りが苦労します。
Kazu
2008年01月06日 18:44
おお、アニー、はじまりましたね。
さすがクラエアとはいえ、簡易は簡易、なかなか手強そうですね。
スペホの72を作る際に参考にさせていただきますんで、記事楽しみに読ませていただきます。
がんばってください!
あきみず
2008年01月06日 21:15
アンソン製作の工程参考になります のりしろの追加や尾翼の差込等今までに使った事ありません ビチャとひっつけていました これから楽しみです
ヒロシ
2008年01月07日 00:01
kazuさん、こんばんは。
いよいよ始めましたよ~。
基本的に合いはいいみたいですが、まだ先は長いので地雷がないか不安です。(笑)
ヒロシ
2008年01月07日 00:04
あきみずさん、こんばんは。
イモ付けの場合は完成後の強度が心配なのでやはり補強は必要だと思います。
特に48クラスになると大きさからいっても主翼などは補強を入れないといけないでしょうね。

この記事へのトラックバック