Avro's Annie(6)

今日は1日雨と風が強く寒い1日でした。
こんな日は家で模型作りが一番なんですが、いろいろ野暮用で結局模型をいじることが出来たのは夕方遅くになってから。これじゃ平日とあまり変わりません。
まあ、愚痴を言っても模型は進まないので手を動かしましょうね。

さてと…

まずは胴体と主翼をいつでも合体できるように細工をしました。
画像

画像

といっても3ミリ角のプラ棒を主翼と胴体側にのりしろとして接着しただけ。
これで意外と接着強度が得られそうなので金属線とかは入れなくても良さそうです。

胴体上部にある回転銃座はお借りした資料の作例の真似をしてみます。
画像

画像

画像

初めはこの追加工作は特にするつもりはなかったのですが、どうもこれをしないと銃座が回転しないとともに、塗装の際マスキング等非常に面倒になりそうなことがわかりました。
この追加工作をすれば塗装後に銃座をセットできるようになります。

脚収納庫は前側の部分が筒抜けです。
画像

ここはおそらくエンジン架や後部の補器類などがあるんだと思います。実際図面の透視断面図でもそのようになっていますが、そのままなのかカバーがあるのか確認できる資料がないのでわかりません。

このままの筒抜けではちょっとみっともないのできればエンジン架や補記類を自作したい。でもそんな時間があるかどうか微妙なところなんですね~。
ということでお手軽にプラ板でカバーをデッチアップしてみました。
画像

画像

一応作ってはみたけどまだ使うか分りません。実機がどうなっているのかが分らないので迷うところですが筒抜け状態は嫌だしな~。

まっ!何はともあれ士の字にしちゃえ~!
画像


やっと士の字になった!

さてここからがまた大変です。
主翼と胴体、その他の合わせ目の処理、そしてキャノピーと胴体の接着と処理などパテとヤスリの力技になりそうです。

このキットの場合当然キャノピーなどは機体に接着して塗装となりますが、一番の心配はインテリア内部への塗装の吹き零れですね。
銃座のところからインテリアへのすき間は埋めてあるので大丈夫だとは思うんですが…。

               静岡まであと57日!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

magus
2008年03月21日 01:27
エンジン回転上がってますねぇ!
それにしても細部写真に垣間見えるキットのモールドも良い感じですね。
作ってて楽しそうです。

2ヶ月切りました。
当地でヒロシさんと美味しいお酒呑む為にも私も頑張ります!
ヒロシ
2008年03月21日 08:46
magusさん、おはようございます。
エンジン全開とまではいきませんが何とか進んでます。(^_^)
このキット総じてモールドはいいですね。簡易なのでそれなりの難しさはありますが、それが逆に作っていて楽しいキットです。

私も頑張ります。当地で美味しい酒呑みましょう!
作左
2008年03月21日 18:17
こんにちは。
またまた、有意義な作業のオンパレードですね。
ためになりまする。
ううう……そっかー、あと57日くぁ~~!
……もう、ダメかも(笑)
toy
2008年03月21日 22:00
さすがプロの仕事って感じで見ていてすがすがしいですね。どんなマーキングになるか楽しみにしています。
ヒロシ
2008年03月21日 23:00
作佐衛門さん、こんばんは。
私自身も試行錯誤しながらやってまする。(笑)
2ヶ月を切ってしまいましたね。
私も危ないです。(冷汗)
ヒロシ
2008年03月21日 23:03
toyさん、こんばんは。
いや~プロだなんてお恥ずかしい。
マーキングはまだ決めてないんですよ。
キットのデカールだと迷彩か全面シルバーなんですが、どっちも捨てがたいです。でもそろそろ決めないといけないですね~。
ohtinsky
2008年03月22日 00:04
ヒロシさん、こんばんは!う~ん、難しそうですね、小生にはとても無理。難度にもかかわらずいつもスラッと組んでしまうヒロシさんには本当に脱帽です。小生もマネしたいけど、やっぱ急には無理ですね。天候が変わりやすいので、どうぞ体調管理に注意して、静岡に臨んでください。応援しています。
ヒロシ
2008年03月22日 00:45
ohtinskyさん、こんばんは。
いや~そうでもないですよ。それほどスラッとは進みません。いろいろ考えながら作ってます。
でもohtinskyさんだってやれば出来ると思いますよ。素性のよい72クラスの簡易キットなんていかがでしょう。

この記事へのトラックバック