今月のモデグラは…

毎月私が読んでいる模型誌は電スケ、MAの2冊であとはたいてい本屋で立ち読みです。が、今月はモデグラを買いました。(画像はありませんすいまめ~ん)
というのも我がBMのメンバーでもあり、またYDCCの親分でもあるmagusさんがライターデビューされたからなんですね。
製作されたのはエアフィックスのスピット!
そう、先月号で同じく私が作った普通に作ったらまともに誌面に載せられないあのキットです。

しかしそこはmagusさん、ツボを押さえた工作で流石の仕上がり。
皆さんも是非ご覧になってくださいね。
そして、なんとmagusさんのすぐ次のページにはrocketeerさんのフラゴンが!

いや~Blog Modelersも凄いことになってきましたね。

で、私の方の作例はといいますと…
ドイツレベルのアブロ・ランカスターでした。
画像

画像

まあ、やはり72とはいえ4発機を1ヶ月は結構辛かったです。
翼端灯や機銃の銃身など手を入れないといけない部分があったりしたのも手間が掛かった理由ですがそれ以上に製作中に花粉が飛び始めたり、手を3針縫う怪我をしたりという事のほうがもっと辛かったりして。

そういえばドラケンのメーカー発送日が31日に変更になったらしい。
なんか目の前にエサがあるのに「お預け」を言われて我慢している犬の心境ですよ。(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • ohtinsky

    私はてっきり作例はB-24なのかなと思っていましたが、黄色いラインが新鮮なランカスターでしたね。フラゴン、今大いに気になっています。1/48はトラペのがあるけど、大きいので置き場に困るんですね。それで1/72のトラペを作りたいなと。ただ、1/48ではレドームの角度が妙で、そこが1/72で改善されているのか気になるところです。フラゴンA型も1/72でトラペからアナウンスされていますから楽しみです。A-modelの1/72フラゴンに嫌になってしまったんですね。もう形にしないで捨てようかと言うくらい。ま、ここまで苦労して組んできたからと思って、しまってありますが・・・トラペの1/72フラゴンがあればもうA-modelはいらないかも。ドラケンはまず手元のレベル1/72を片づける予定。1/48でどこまで再現されているのか、とても楽しみ。1/32P-40も超楽しみです。レベルの1/32P-40がとても楽しかった思い出があるので余計にひとしお。私はF4U-5Nをサフ吹き一回目でアラを磨いてそこで中断中。小生にしてはめずらしくあちこち手を入れています。
    2008年03月27日 00:41
  • ドカ山

    作例お疲れ様でした
    4発機を一ヶ月はつらいですなぁ。
    こうしてみるとBMメンバーって各所で活躍しててすごいなぁと思ったり。
    2008年03月27日 09:30
  • kpfw

    作例お疲れ様でした。
    レベルランカスターでしたね♪
    ドカ山さんがおっしゃってるように短期間での製作ご苦労様でした。
    いつもながらの清潔感のある仕上げ、大好きです(ハートw
    2008年03月27日 11:33
  • rocketeer

    ランカスター、シャープな仕上がりでいい感じですねー
    時間を区切られて、職業的やるってのは大変なことですね。ボクもSu-15は3週間しかなくて。
    これをクオリティを落とすことなくずっとやられてきたヒロシさんには、ほんとに頭が下がります。
    2008年03月27日 14:00
  • magus

    電撃早速買ってきました!
    血と追いまくられた時間の結晶のランク素晴らしい出来栄えでした。
    怪我してて4発重爆1ヶ月ですものね~マジリスペクト!
    ピアノ線とか最後のクロージングまで手を抜かない所にライター魂を感じましたですよ。

    あとrocketeerさんのコメントもうんうんと頷きますね。
    ヒロシさんの毎月のご苦労がホント骨身に染みて解りました。
    48大戦機で2ヶ月丸まるかかって反省しきりです。
    2008年03月27日 17:16
  • ヒロシ

    ohtinskyさん、こんばんは。
    そうB-24ではなくランクでした~。
    トラペの48フラゴンは以前作りましたがやはりデカイですよね。72だと大きさも手ごろですしいいのでは?
    A-modelのフラゴンは見たことありませんが、貴重な時間と労力をかけて価値があるものならいいのでしょうが、そうでなければ決断してもいいかもしれませんね。
    P-40は私も当時レベルのを作ったのがすごく思い出になっているので楽しみと同時にちょっと複雑です。(笑)でもレベルのはいつか作りたいです。(キットはあるので)
    コルセア頑張ってくださいね。
    2008年03月27日 23:39
  • ヒロシ

    ドカ山さん、こんばんは。
    4発機を一ヶ月というのはかなりキツかったですが、以前にハセガワのを作っているので多少経験が生きましたのでその点では楽でした。やはり経験って大事ですね。
    2008年03月27日 23:43
  • ヒロシ

    kpfwさん、こんばんは。
    ありがとうございます。そう言って頂けると嬉しいです。
    もっと手間をかけて汚した感じにしてもよかったのですが、今回はキレイな感じに仕上げるだけで精一杯ですた。(笑)
    2008年03月27日 23:47
  • ヒロシ

    rocketeerさん、こんばんは。
    ありがとうございます。
    もうプロペラが4個あるだけで嫌になりました。(笑)
    クオリティがいつも同じかどうかはわかりませんが、まあ、これも慣れというのでしょうか。どうにかいつも何とかなってます。
    2008年03月27日 23:51
  • ヒロシ

    magusさん、こんばんは。
    お買い上げありがとうございます。(笑)
    ニューキットレビューは早さ+タイミングなのでやはり通常は1ヶ月ですね。
    特集記事用の作品なんかはもっと(2ヶ月とか3ヶ月?)くらい製作期間があるようですが、それはそれでまた大変だと思いますよ。
    2008年03月27日 23:56

この記事へのトラックバック