Avro's Annie(3)

あっという間に静岡まで3ヶ月を切ってしまいました~!
もうホントにヤバイです。ここらで本腰を入れないと…。

ということでできる限りアニーを優先していこうと思います。

ところでこのキットを作るにあたりこのお方から昨年末より資料をお借りしています。
ありがとうございます。Kazuさん。
最近は作例を作るに当たっても現在発売中の電スケのスピットでカトーさんからも資料をお借りしたり、kazuさんからは今月発売になる号の作例の資料をお借りしたりと、BMのメンバーになってホント良かったと思う今日この頃です。
画像

SAM本はこのクラエアの作例が載っていて参考になりますしWARPAINTの方は実機写真や塗装図がたくさん載っていてこれも参考になります。

さて、まずは途中で止まっていたコクピット&室内の製作を再開です。
シートは塗装までは済んでいたのですがやっとシートベルトが付きました。
画像

画像

しかしなぜか腰ベルト?が3組なきゃいけないのにエッチングはなぜか片側が2組しかありません。
インストにはちゃんと取り付ける図と番号まであるんですが。で、仕方ないのでエデュの塗装済みエッチングからちょっと細いんですが似たやつを付けました。

室内にはレジンの細かいパーツが結構付きます。それらの切り出しやゲート処理にかなり時間を費やしてしまいました。まあ、仕方ないんですけどね。
画像


室内の床はプラ、側面や各種メーターや計器などはレジン、計器盤はプラのベースにフィルムを挟んでエッチングを貼るという異種格闘技の様相です。(笑)
画像

画像

画像

真中にある支柱の間のメーター板には裏に配線らしきものを追加してみましたがちょっと太すぎたみたいです。

計器盤のすぐ下につくレバー類のコンソール。(と言うのかな)
画像

エッチングの頭にサフを盛って握りにし、エバーグリーンの0.25ミリ×0.75の板材で新たにレバーを新造。
これはサフを吹いた段階。

さて、問題は後部のはめ殺しの窓と機首先端にある丸い小窓の処理ですね。これが終わらないと工程上胴体を貼り合わせることができません。
なんといってもいかにキレイに接着できるかがキモ。
画像


機首のところは穴は開けましたけどプラが厚い!(笑)
画像


とりあえず窓のパーツを合わせてみましたけど…
画像

胴体側が少し小さめです。
まあ、すこしずつ削って合わせていくしかないですね。

主翼は後縁がぶ厚いので接着面を削らないといけないですね。これは近日中にやる予定。
画像

さて、主翼と胴体の合体はどうしましょ。
一番確実なのは胴体にスパーを通すのがいいのですが、この機体の場合室内と翼の高さが一緒なので貫通するのはちょっとムリ。
ちなみにSAM本の作例では特に細工はしてなくてそのままイモ付けみたいですが…。

コクピットは片側の左側胴体にまず付けてから右側の胴体を接着。その後に上の鋼管フレームを接着するということになってます。
画像

この方法だと計器盤の接着位置がこの段階まではっきりしません。計器盤は先のレバーコンソールと接着し、そのコンソールの下が床にピタリとこないとうまく接着できません。
上のレジン製のフレームもうまく合うかどうか。まあ、フレームはプラ棒で作り替える予定ですけど。

あ~ややこしや~ややこしや~

これはへたな脳トレより頭を使うぞ…(笑)

さぁ!静岡まで残りあと70日!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kpfw
2008年03月09日 07:27
おはようございます。
さすがに簡易キット、手ごわいですねぇ
我ながら腕もないのによく買いまくっていたものだとつくづく思います。(笑)
タミヤのキットが最近多いのでもうそっちの世界には行けない予感が・・・(;´ρ`)
楽しみにしています、頑張ってくださいね。
APACHE
2008年03月09日 10:15
チト御無沙汰致して居りましたAPACHEデス、おはようございます。
『静岡モード』、入って来ましたね。・・・アト70日ですか。

さて、昨日秋葉原の『SuperModelers』でヒロシサンの"タマゴ"見せて頂きました。カワイイ上に、凶悪に綺麗に作ってあるんですねぇ♪雑誌作例が伊達ではないコトを思い知りました。

当方は現在、ココの過去Logなどを参考にTOM製作中です。また、どっかで呑みましょうね。
では。
河井
2008年03月09日 11:28
私は以前、スパーを通せない主翼の接着は、胴体側に4.8㍉角のプラ棒を貼り付け、それだけでは心もとないので3ヶ所くらいを金属棒で縫って胴体とは絶対に外れないようにしてから主翼を差し込めるように整形したことがあります。バッチリでした。是非お試しを。
ドカ山
2008年03月09日 11:51
インテリアが豪華で見ごたえありますね
これは楽しみですよ。
頑張ってくださいませ!
ヒロシ
2008年03月09日 21:35
kpfwさん、こんばんは。
私も48の簡易キットはエデュのような出来の良いものしか作ったことがないので結構悪戦苦闘してますよ。でもそれが楽しみでもあるんですけどね。(笑)
ヒロシ
2008年03月09日 21:40
APACHEさん、こんばんは。おひさです~。
たまご見ていただけましたか。ありがとうございます。(笑)
今年の静岡にはいよいよ?APACHEさんのトムが見れそうですね。(←軽いプレッシャー 笑)

で、ホントまた一緒に呑みたいですね。
ヒロシ
2008年03月09日 21:45
シャチョーさん、こんばんは。
仰るとおり私も胴体側にプラ角棒で細工使用と思ってましたが金属線までは考えつかなかったです。(汗)
確かに金属線を入れた方が強度も増すし上半角も決めやすいかもしれませんね。実際にできるかどうか考えてみます。
ヒロシ
2008年03月09日 21:47
ドカ山さん、こんばんは。
完成後もインテリアはよく見えそうなので手抜きできません。ただ戦闘機のようなゴチャゴチャ感はないので間の抜けた感じにならなければいいのですがね~。(笑)
あきみず
2008年03月09日 22:01
内部の構造が窓が大きいのでよくわかりますね これだけキッチリと
作られたら大丈夫でしょう
製作を参考にさせてもらいます
ヒロシ
2008年03月09日 22:57
あきみずさん、こんばんは。
キッチリ作れているかどうかはわかりませんが完成後によく見えるのは間違い無さそうです。
むしろ今後胴体に組み入れたときにズレたりしないよう注意しないといけないでしょうね。

この記事へのトラックバック