完成品ギャラリーVol.17(エンスー&ヒストリックカーその1)

久しぶりの完成品ギャラリーです。
今回はエンスー&ヒストリック車系でいってみようと思いますよ。
でもって例によって例のごとく大変古い作品ばかりなので何卒ご容赦くださいね。

アルファロメオGTA1300Jr
画像

画像

画像


グンゼ(現GSIクレオス)のハイテックモデルです。
このキットの場合シャーシ&足回りはダイキャスト、バンパーはホワイメタル、グリルやワイパー等はエッチングなどでその他ボディ等はプラでした。
バンパーは硬さを重視したためかホワイトメタルの金属の配合が違うんでしょうか。磨いてもキレイなメッキのようにならないのが残念でした。
ボディはルーフとそれに合わせてサイドウィンドウのラインがイメージと違う印象がありますね。確かこのボディの金型は後に2000GTAmに改修されてしまったと聞いています。
作ってみるとやはり普通のプラモと違いなんだか高級なものを作っているような感じにさせられます。

グンゼ1/24
製作開始:1986年5月21日
完   成:1987年1月4日
価   格:¥3800

LOTUS Super7 Sr.Ⅱ
画像

画像
画像

画像

画像


この作品はエンジンにパイピング等をした以外はほぼ素組みです。ボディカラーはタミヤスプレーのブリティッシュレーシンググリーン(だったかな)。
完成当時はキットのエンジンカバーでしたが、数年前偶然アルミのエンジンカバーが格安で売っていたので買って取り替えてみました。このカバー発売当初欲しくても高くてとても手が出なかったものだったんです。さかつうの製品だったと思います。
キットは発売から相当経ちますがいまだに売れ続けている名作ですね。タミヤのキットは生産休止品になってたまに限定再販されたりするものが多い中現在まで模型店でも定番商品として顕著に見かけます。

タミヤ1/24
製作開始:1985年9月27日
完   成:1986年3月2日
価格:¥800


モーリス ミニクーパー
画像

画像

画像


これもタミヤのキットの中では定番となっているものですね。
この作品実は昔東武タミヤモデラーズコンテストに応募して初めて入選した作品。この前年に出したプレリュードは惨敗ですた。
エンジンに軽くパイピングしてボディカラーにちょっと拘った以外は素組みです。コンパウンドで磨いただけで研ぎ出しもしてません。
蜜柑山には他にレーシングバージョンなどもあるのでまた作ってみたいキットです。

タミヤ1/24
製作開始:1984年2月
完   成:1984年5月27日
価格:¥900



FIATアバルト1000TCRベルリーナ
画像

画像

画像


この作品はハイテック版ではなく廉価版のキットです。フロントスポイラーの形状(特に上面の角度)がイメージと違ったので修整していますが、あとはほとんど素組みです。

グンゼ1/24
製作開始:1996年7月15日
完   成:1996年11月9日
価   格:¥1600

FIATアバルト695SS
画像

画像

画像

画像


この作品と上のグンゼのアバルトは同じ色を塗っています。
画像で見るとわかりませんが、同じFIATでありながら1000TCRと695SSとではかなり大きさが違います。695SSはかなり小さいですね。
エンジンもフルディテールで良くできています。
ボディサイドの赤い部分はデカールですが、クリアーコートした上から最後に貼っているので経年変化で色が退色してきてしまいました。

タミヤ1/24
製作開始:1996年9月17日
完   成:1996年12月19日
価   格:¥1800

ということで前半の5台は如何でしたでしょうか?

近日中にその2をお届け予定でございますよ。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • ohtinsky

    またまたクオリティの高い素敵な作品を拝見しました。も、ヒロシさんのツミツクリ~(汗)。パイピングやエンジン関係の彩色が絶妙ですね。やはり車が普段から好きで内部をいじっている人の作品だと思います。思い入れが感じられます。そうそ、ホーカーハンターはドイツレベルの新作です。あんま好きな機体じゃないんですが(好きな方ゴメンナサイ)、このキットをながめている内にワクワクしてきて早く作りたくてなりません。ドラケンはヒロシさんのマーキングとバッちング~するかもしれないので(グレーのオーストリア空軍)、ドラケンはヒロシさんの力作を拝見させていただいてからとしましょうか。でも、紅白の機体もきれいですよね。インストには半つや消しの紅白とあるんですが、どうなんでしょ。
    2008年04月04日 01:36
  • magus

    僕のモニターじゃアバルトの色合いもデカールの退色具合も逆にリアルな感じします。
    スーパー7も良いですね。バッテリーもキットの物なんですか?それにしてもエンジンカバーが羨ましいです。
    私の蜜柑山にもタミヤの67モンテがありますので、今度機会があれば同じ時期に作りましょうよ。(ってお互い殺人的スケジュールですけど…)

    >ohtinskyさん
    その方面五月蝿いほうなので^^;横レス失礼します。
    オーストリアのミレニアムですが、半ツヤはレドームの黒い部分。赤白はマットと半ツヤの中間くらいが実機に近いです。グロスな部分は、主翼とインテークの前縁のメタル部分だけです。模型的には下面のオイル漏れを少量のブラウンとクリアレッドで混ぜた方がリアルかもしれません。
    2008年04月04日 02:30
  • ドカ山

    エンスー車好き~♪
    今回は面白いですねぇ~
    どれも相当に小さい車だと思いますが
    大きく見えますよ。すばらしい。
    眺めていると僕も作りたくなってきました
    2008年04月04日 12:24
  • ohtinsky

    >magusさん
    いやー、耳寄りな情報を有り難うございます。
    m(_ _)m
    とても参考になります。自分的にはもしミレニアム塗装にするならグロスクリア研ぎ出しのピカピカにしようかなんて考えていました。たしかに、おっしゃるように仕上げたほうが、模型的には映えるでしょうね。俄然ドラケンの紅白マーキングに取り組みたくなってきました。また教えてくださいね。
    2008年04月04日 13:52
  • ヒロシ

    ohtinskyさん、こんにちは。
    お褒めいただきありがとうございます。エンスー車は最近作っていないのでまたじっくりと作りたいです。
    ドラケンの紅白はハセガワの72(2機セット)を持っていて私も作りたいカラーリングの機体です。そのうち48でも出るでしょうね。
    この2機セットの箱絵は実機写真なので見てみたのですが、magusさんの仰るようにマットと半ツヤの中間くらいですね。
    2008年04月04日 14:05
  • ヒロシ

    magusさん、ということで大変参考になる(私にとっても)アドバイスありがとうございました。m(__)m
    7のバッテリーはキットのものだったと思いますよ。
    エンジンカバーは本来は結構高かったと思うのですが私が買ったときはセールで700円くらいでした。あまりに高価だったせいで売れ残ってしまったみたいで買ったときは幾つもありましたよ。(笑)
    >67モンテ
    いいですね~。静岡が終わって落ち着いたらやりますか?私はクーパーレーシングゥ~でホイルをこの前手に入れたレボリューションにしてみたいです。
    2008年04月04日 14:23
  • ヒロシ

    ドカ山さん、ありがとうございます。
    695SSはかなり小さいですね。ミニと同じくらいでしょうか。作るまではこんなに小さな車だとは思いませんでした。
    1000TCRは以前筑波のヒストリックカーフェスタで実車を見たことがあって写真も撮っていたのでそれを参考にスポイラーを修整しました。でもはっきりしたことは分かりませんが車によって多少形状が違ったりするみたいです。
    2008年04月04日 14:29
  • yaszo

    どれもカッコいいですね~
    しかも私も蜜柑山に積んでたりします(^^;
    タミヤのミニは全種類あるし、GTAは3台、695SSも3台、セブンは2台、1000TCRは放置中だったりします(汗)

    あ~私もミニとかアバルト作りたくなってくるぅ(>_<)
    2008年04月04日 15:53
  • Limahl

    聖地巡礼に向けてどうみても臨戦体制にしか見えないこの時期、まさかまさか、こんなエントリーが来るとは予想だにしませんでした。
    御陰さまで興奮しすぎて今晩寝れそうもありません(春だかンね~~)

    ヒストリックカーに相応しく、キットも時の流れを重ねた風合いが出ていています。
    実車と同様、完成品キットもその年齢に応じた言葉を発するのですね。
    良い物を見せてもらいました、ありがとう御座います。
    2008年04月04日 20:52
  • ヒロシ

    yaszoさん、こんばんは。
    静岡後にでも一緒に作りましょう!
    私も蜜柑山の中のエンスー車が気になってますう。(笑)
    2008年04月05日 00:16
  • ヒロシ

    Limahlさん、こんばんは。
    喜んでいただいたようで良かったです。
    その2も楽しみにしていてくださいね。

    >ヒストリックカーに相応しく、キットも時の流れを重ねた風合いが出ていています。
    確かにそう言われればそうですね。単純に経年劣化してきたと思わないで風合いが出てきたと思えばまた愛着も一層湧きますね。(笑)
    2008年04月05日 00:22
  • あっくんパパ

    懐かしいです!!
    スーパーセブンとミニクーパーは、高校の時に作りました。
     缶スプレーで塗装したのですが、スーパーセブンの方はクラムシェルフェンダーの付け根に上手く塗料が回らなかったのを思い出しました。(当時は模型用のサーフェイサーなんて無い時代でしたね...)
    2008年04月05日 00:29
  • ヒロシ

    あっくんパパさん、こんばんは。
    スパーセブンやミニを作ったのはも23~4年前になるんですね。あの頃はまだサーフェイサーは無かったかな?でもあったとしてもたぶんこの2台には使用してないですね。
    昔はサフが無かったので塗料がのりにくかったですね。いまはいい時代になりまし。(笑)
    2008年04月05日 23:09

この記事へのトラックバック