漢の1/12「ロータス72D」その2

皆さん、こんにちは。
いや~ここ数日寒いっすね。
朝なんか起きるのが嫌になっちゃいます。でも寒いのもあともう少しの辛抱だと信じて頑張りましょう。

さて、実は製作に着手してからちょっとの間手が止まっていました。
というのもカウルやウィングのリベットの再現をどうしたらいいかでモヤモヤしてたんですね。

で、結局完成後に外から見える部分をメインにリベットを再生することにしました。
特にキットのリベットのモールドはごつ過ぎて実車のリベットとは違うようです。まるで昔のレベル1/32のスツーカやマスタングを彷彿とさせます(笑)。
実車は表面から飛び出さない平リベットのようでカウル面と均一なのが資料から確認できます。

いっそのこと全て削り取って飛行機みたいに○状の凹リベットにするというのも考えたのですが、やはりそれなりに凸状になっていたほうが雰囲気が出ると思うのでリベットは平リベットにしようかと・・・

で、再生に使うのはモデルファクトリーヒロのリベットです。
画像

画像

画像

100本入りで頭は平らで径は0,4ミリ。これを先日もセールでお世話になったバラッカさんに3袋注文。この上に0.6ミリ(50本入り)というのもありますが一応1袋買っておきました。またさかつうのリベットもどこかに使えるだろうと注文しておきました。
あとはヒロの透明チューブも2種類の太さを確保。

今のところ0.4ミリのリベットを使おうかと思っているんですがちょっと小さすぎな気がしないでもない。逆に0.6ミリだと大きすぎのような気もするし・・・
ま、とりあえず1回バランスを見てみることにしましょう。

その他にもパイピングなどに使うマテリアルも引っ張り出してきました。
画像


さて、資料としているF-1MODERINGの実車写真を見てみると、どうもフロントウィングにはリベットは無いようです。
画像

この実車(72/5)は本によると2000年から1年かけて当時のチーフメカによってレストアされたそうで、ボディカラーは塗りなおしはほとんどされていないオリジナルとのこと。
ちなみにレストアされる前は75年仕様だったそうですが、それをロータス通算50勝を記録した73年仕様に当時のストックしてあったパーツなどを使って完璧に戻したそうです。
ということはやはりフロントウィングにはリベットは無いということになります。
そこで潔くリベットは削り表面をペーパーで均しました。
画像


カウルへの取り付けも穴がガタガタだしキットのピンでは強度的にも問題なのでウィング側をΦ1.5ミリの真ちゅう線に変え、カウルの穴も一度パテで埋めて開け直します。
画像


リアウィングの裏もご覧の通りパテだらけ
実車がどうなっているのかよく分からないのですが、とりあえず継ぎ目や段差は消しておきます。
画像


インダクションポッドの口は接合部がこんな具合なのでここも要修整です。
画像


コクピット周りのカウルのミラー取り付け穴はバカでかいので一旦埋めて開けなおします。
画像


漸くエンジンにも手を付け始めました。
画像

この1/12のF-1シリーズのフォードコスワースエンジンを作るのは過去にタイレルフォード(003)と放置中のM23についで3回目。
今回は各パーツの接合部を丁寧に整形して全体の歪み等を無くすように気をつけて組んでいきます。というのもこのエンジンって箱組みなのでその合わせ目をちゃんとしておかないと全体に狂いが生じてどこかにしわ寄せがくるんですよね。

暫くはカウル類の修整とエンジン関係の組み立てが続きそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

yaszo
2009年01月16日 17:04
やってますね(^^)
リベットは100×3ですか(^^; 大変なのがわかりますよぉ。地震でダメになったタイレルも400個弱リベットの穴開けしましたからw
お互い頑張りましょう!

モデラーズのホースジョイントいいなぁ(^^; こればっかりはもうどこにも売ってないんですよねぇ。オクじゃかなり高いですし…
あるば
2009年01月16日 19:50
奇遇と言うかなんと言うか、実は私もリベット用のパーツを発注したばかりだったり(笑) 私のは普通の虫ピンですけど(^^; そうかヒロだと平リベットもあるのかぁ。

サイズに関してはコンマ数ミリの違いでもイメージが変わっちゃうから悩みますよね。

しかし皆さんの作業を見てるとタミヤといえども古いキットはやはりそれなりに手間がかかりますね。 
躍人
2009年01月16日 21:16
漢でございますな。
キットが古いだけに難儀されるとは思いますが、生暖かく見守らせていただきますw
エンジン周りのDアップは、是非今後の参考にさせていただきたいと思っていますので、ちょっと詳しく記事にしてもらえると大助かりです。
よろしくお願いします。
Limahl
2009年01月16日 22:35
うわー燃えているなあ!
やはりこのモデルはリベットの鬼にならざるを得ないのでしょうか?(笑)

ホースジョイント、おいらもほすいー。
自作方法見つけなきゃいかんですなあ。
ヒロシ
2009年01月16日 23:07
yaszoさん、こんばんは。
実際改修するリベットはもっと少ないと思うんですが、今後のこともあるんで多めに注文しました。
ホースジョイントはなぜか残ってました。多分カーモデルから飛行機中心にシフトしたせいで使う機会が無かったんでしょうね。
で、なるほどオクでは高価ですか・・・
ヒロシ
2009年01月16日 23:10
あるばさん、こんばんは。
虫ピンは私も考えたんですが、今回はヒロのやつを使ってみようかと思ってます。
サイズは難しいですよね。スケール相応というのもありますし。
タミヤといえども古いんで皆さんそれなりに苦労してますね。お互い頑張りましょう。
ヒロシ
2009年01月16日 23:12
躍人さん、こんばんは。
エンジンまわりのDアップは要所を押さえてあまり過激にならないようにしようと思ってます。
参考になれば幸いですが。
ヒロシ
2009年01月16日 23:16
Limahlさん、こんばんは。
この72Dはリベットは少ない方だと思います。たとえば312Bとかマトラとかはもっと多いですし。
ホースジョイントはモデラーズ以外では無いんでしたっけ。しかしかなり前から商品自体は見かけませんでしたね。
takayuki fukami
2009年02月03日 18:01
今頃書き込むのも何ですが…
間に合えばこちらも検討してみてください。
http://www.adlersnest.com/page004.html
価格が安くて色々なバージョンがあるので、僕はこちらを利用しています。

この記事へのトラックバック