ヒロシの蜜柑山探訪第17回「レベル1/32 Ki-43隼2型乙 」

今回は昔からすご~く欲しかったレベルの隼です。
最近やっとヤフオクで手にいれました。
画像


このレベルの隼はかなりレアなようで、出品されているのをあまり見かけません。以前もヤフオクに程度の良さそうなのが出品されていたのですが、その時は軽く1万を超えてしまい諦めざるを得ませんでしたが、このキットは一部(といってもホントに一部だけ)組み立てや塗装が行われていたため、通常よりは安く落札できた次第。

キット全容
画像

送られてきたとき、パーツは袋に入っていましたが、元々の袋はありませんでした。

主翼パーツ
裏面のモールド
画像


表面のモールド
画像


胴体パーツ
画像

画像


カウリング
画像

画像

カバーにはマイナスネジのモールドがあります。

計器盤
画像

ちょっと辛い出来かなぁ・・・

キャノピー
画像

意外と綺麗だと思います。これなら充分使えますね。

一部組み立て、塗装済みなのはこれ
画像

画像

プッシュロッドは数本折れていますが、どうせ金属線で作り直しちゃうので関係ありません。あとシリンダーは黒鉄色で塗装されています。
それ以外は、パーツが数点ランナーから外れている程度で作る分にはまったく問題ありません。

お前は誰だ!(笑)
画像

とても日本人には見えないですね。
というか、顔崩れてません?

デカール
画像

もう逝っちゃってます(笑)

組み立て説明書
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


豪華なカラー塗装図
画像


当時の価格は800円。
画像

ですがこれは値上げされたあと。
当初は600円か700円だったのではないでしょうか。

当時1/32の隼はハセガワとこのレベルのものがほぼ同時期に発売されたと記憶してます。
んで、当時中学生くらいだった私の少ないお小遣いからは両方を買うのは当然無理。
散々迷った挙句にその時はハセガワ製の隼を購入したのですが、いつしかレベルの隼は市場から姿を消して買う機会を逃してしまいました。

実は当時スッキリとした機体表面のハセガワと、リベットがビッシリと入ったレベルとでは、なんとなくハセガワの方が気に入ったんですよね。それに作りやすそうでしたし・・・(笑)
でも歳を重ねてくると、このレベルの多少誇張はあるけれど、いかにも日本機という感じのディテールが良くなってきて、「いつか作りたい」と思うようになっていたのです。

やっと夢がかなって手に入れることができたので、これはなるべく早く手を付けたいと思っています。
来年には着手・・・・かな?(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

日の丸航空隊
2009年10月30日 18:42
こんばんは。
ひゃやぶさ!いいですね~。(^_^)
リベットボツボツがそそられます。
運転手さんの顔は、どうにもならない感じですな。
デカールも逝っちゃてるので、塗装で仕上げですね。
陸軍さんのマーキングは、ハデハデなのが多くていい
感じですよね。
いつ、作るのかな~。暫くは、蜜柑山にですか?
apuro
2009年10月30日 18:56
うわぁー!
コイツ、中身ははじめて見たよ。
いいなー。
見てるだけでワクワクしそうだね!。
じっくり昇華させてあげてクダサイ!!。 
2009年10月30日 21:46
こんばんは、はじめまして!
ひゃ~あ!懐かしいです。これ、中学の時に作りました。完成品はまだ残っています。(実家に)
隼って、胴体は細身なんですよね。それで、尾輪は細長くて折れやすいので注意が必要です。
思い出してみると、パーツの合いが良くなくて苦労したような気がします。今から30年くらい前のキットだから仕方ないですね。価格は、800円だったような気がします。
小春好
2009年10月31日 05:14
お久しぶりですっ。
私、隼大好きっ子なので
思わずコメントさせて頂きました。
キット自体は良さげですが
フィギュアが埴輪さん状態ですね(笑)
製作の方、期待させて頂きますのでっ。
フェニックス
2009年10月31日 05:39
えっ???
こんなキットありましたっけ???
不覚にも知りませんでした
でも、どんな仕上がりになるか?楽しみです
でひ、密柑山にいれずに作ってくださいね(笑)
ヒロシ
2009年10月31日 20:07
日の丸航空隊さん、こんばんは。
これが出たときはハセガワのとかなり迷いましたが、今見ると味があっていいですよね。
出来れば来年早々にでも着手したいと思ってます。どちらにしても来年は蜜柑山のレベル1/32の中からどれか手を付けようと思ってますよ。
ヒロシ
2009年10月31日 20:10
apuroさん、こんばんは。
おや、初めて見たのですか。
私も当時店頭で中身は1回見ただけです。でもカウリングのネジのモールドははっきりと覚えてました(笑)
ヒロシ
2009年10月31日 20:14
フリーダムさん、こんばんは。はじめまして!
この隼はどうも飛燕や雷電と違い、外国での設計製作という感じがしますね。ちょっと同社の零戦に感じが似ています。それだけに味があるのかも・・・
それにしても完成品がまだ残っているとは凄いですね。私は数年前にアクロバットムスタングを処分してしまい、今は当時のレベル1/32の完成品は1個もありません。
ヒロシ
2009年10月31日 20:18
フェニックスさん、こんばんは。
そうなんですよ、あったんです(笑)
箱に1973と印刷されているので発売されたのはその頃だと思います。
なんとか蜜柑山に入れず、来年早々には着手したいと思ってますよ。
日の丸航空隊
2009年10月31日 21:05
ヒロシさん。レスポンスありがとうございます。
是非、レベルの32シリーズ完成させて下さい。
楽しみがまたまた増えちゃった!
ヒロシ
2009年10月31日 23:08
日の丸航空隊さん、どうもです。
来年はこの隼か、ハリケーンあたり行ってみようかと思ってますよ。
あきみず
2009年11月02日 21:28
レベルの32は憧れてました 日本機は
なぜかイメージが合わずに手を出しませんでした。リベットやらマイナスドライバーの溝跡が同じ方向でないとか
言われてました 70年代のキットを
楽しむのもいいものです。
ヒロシ
2009年11月03日 01:33
あきみずさん、こんばんは。
レベルの32日本機はこの隼と紫電以外は全て当時作りましたが、外国(アメリカ?)で設計製作された零戦は向こうの国から見た零戦という感じで形状がイマイチでしたね。
この隼はどうなのか、早く作って確認してみたいです(笑)

この記事へのトラックバック