帰ってきた漢の1/12「ロータス72D」その11

皆さん、こんばんは。
この連休はどうお過ごしでしたでしょうか。
私は土曜だけ午前中仕事で現場に出ましたが、あとは休みでした。
そんな訳でロータスを製作していたのですが、なかなか進みませんね~(苦笑)

でも今年の静岡にはどうしても展示したいと思っているので、がんばります。
実はまたまた作例を依頼されまして、その〆切りが4月末~5月初め!
まだ詳しくは言えませんが、このロータスを早く完成させてそっちに取り掛かからないとスケジュール的にキツくなりそうです。
また、現在製作途中の他のキットや静岡に持ち込む作品も含めてこのロータス以外は新たに手を付けるのはほぼ不可能になってしまいました。

てなわけで、この漢の1/12だけは・・・と思っているんです。

閑話休題
さて、塗装し直したシャーシやウィングなどはブラックの上から2回ほど軽くクリアーを吹いて乾燥中。
もちろん今回はブラックもクリアーもガイアです。
で、その間に他の部分を進めます。

まずはダンパーの製作ですが、合わせ目にかなりのすき間やギャップができるのでそれを処理します。
根元にあるボルトのモールドは(多分オイルの出し入れに使うのでしょう)ヒロのリベットに変えました。
画像

今回このキットを作り始めて初めて知ったのですが、このロータス72Dはサスペンションが一般的なコイルスプリングではなく、トーションバースプリングなんです。
なのでダンパーは付きますがコイルスプリングはありません。

てなわけで・・・
いきなりリアのミッションとサスペンションユニットほぼ完成しました。
2本出ている棒のようなものがトーションバースプリングです。
画像

画像

ちなみにこのキットはトーションバーが実際には機能しないので、ボディの下にクリアーパーツのスペーサーを入れて車高を保つようになってます。

次はフロントセクションです。
ステアリングのタイロッド(でよかったかな?)はパーティングラインが気になるし、強度的にもチト不安。
また実車はアルミのような色をしているのでバーのところだけ1.4ミリのアルミパイプで作り直すことにしました。
画像

画像

パイプの中に0.8ミリの真ちゅう線を入れて、それを両端のヒンジに差し込みます。

実車はこうなってます。
画像


マアマアの雰囲気でしょうか。
スタビはクレオスのメッキシルバーで塗装しました。
画像


フロントのアップライトの上下のピン(アッパーアームとロワアームにはめる部分)は強度が心配だったので金属線を埋め込んでおきました。
画像


ということで途中の工程すっ飛ばしてフロントセクションほぼ完成。
画像


ためしにシャーシに仮組みしてみました。
画像

画像

それにしてもこのフロントセクションの組みにくいことと言ったらあ~た!大変ですよ
キッチリ角度を出すのも一苦労で、この作品も若干歪んでいるように見えます。まあ、シャーシに接着するときに修整しますが・・・

それに全体的に言えることですが、塗装指示が実にアバウト!
というか細かいところはナッシング!!
資料と睨めっこしながら色を決めて、また資料でも分からない部分は想像に任せてって感じで塗ってます。

エンジンのファンネルはインジェクターとの合いがいま一つで、ガタガタなうえにすき間と段差が生じます。
接着剤では充分な接着ができないので、すき間に白瞬着(シアノン)を流し込みます。
画像

画像


また燃料ホースの差込を0.4ミリの洋白線にしました。
画像


というのも、キットの透明ホースでは太過ぎるうえに色が黄ばんでいるし柔軟性に欠けるので、別売のヒロかモデラーズのものを使う予定なのです。
画像

画像


ファンネルの縁は実車ではカールしていて曲線的なのですが、キットは角が立ちすぎています。
なので削って丸みを持たせるように修整しました。
左が未修整、右が修整後。
画像


段差はタミヤのパテで
画像


さ~て、そろそろシャーシやウィングなど塗装し直したやつを軽く研ぎ出してデカールを貼る準備をしますかね

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

yaszo
2010年01月12日 16:32
ミッションもフロントセクションもいい感じですねぇ(^^)
72がトーションバーってのは私も今知りました(^^;

作例と重なると確かにキビシイでしょうが頑張ってください!
私はやっとサフです(^^;
ヒロシ
2010年01月12日 22:30
yaszoさん、こんばんは。
模型から実車を知るというのは子供の頃よくありましたね。
作例は2点製作することになりそうなんですよ。
なのでスケジュールを考えないといけません
910はもうサフまできましたか!
お互いがんばりましょう。
日の丸航空隊
2010年01月13日 18:35
こんばんは。
クリア塗装はその後どうなりましたか?
サスやタイロッドの処理は流石です。
プライベート作品をやりたいのに、
作例が飛び込んできてしまい、
大変ですね。
がんばって下さい。
ヒロシ
2010年01月13日 20:37
日の丸航空隊さん、こんばんは。
ご心配をお掛けしましたが、クリアーは無事乾燥し、昨日研ぎ出しを終了、これからデカール貼りに再突入です。

作例はあともう少ししたら着手したいと思ってます。
少しでも進めておきたいですから
Limahl
2010年01月13日 23:06
うわあああ、萌えまくって失神してしまいそうダス。
徹底的ですね~、思いっきり気合いを感じますぞ。
これは何だか相当に凄いのが出来そうな予感・・・・
ヒロシ
2010年01月14日 01:10
Limahlさん、こんばんは。
エヘッ!ありがとうございます。
でも気合が空回りしているという噂もチラホラ(笑)
実は沢山打ったリベットはまり意味がなかったということがここに来て判明しますた・・・
まあ、出来がいまいちだったら困るのであまり期待しないでくださいね
takayuki fukami
2010年01月15日 03:07
お久しぶりです~。拘って泥沼になるケースがありますが、これは素晴らしい!流石ですね~
ヒロシ
2010年01月15日 08:57
fukamiさん、おはようございます。
そうなんですよね。
拘りすぎると泥沼にはまって完成が遠のくので割りきりが必要ですね。
只今デカール貼りの真っ最中なんですが、ゴールドの細い線だらけで疲れます(笑)

この記事へのトラックバック