~ライバル登場~タミヤvsハセガワLOTUS79製作記⑬

毎日暑いですね~
猛暑や酷暑というのがピッタリと言うのがなんとも・・・

さて、今回は塗装準備編です。

一昨日ブラックに塗装するほとんどのパーツにサフを吹いたのですが、タミヤのコクピットカウルだけはちょっとした加工があったので、これは後回し。
画像

そう、ミラーを初期のタイプの一体型にするための加工です。
ハセガワもそうなのですが、折角一体型のミラーもセットされているので使ってやろうという訳です。
裏側のカットラインに沿ってカウルを斜め三角にカットして、縁は薄くしておきました。

また裏側の取り付け穴のところが目立ちそうだったのでパテ埋め処理しておきました。
画像


で、ブラックに塗装する全てのパーツにサフを吹き終わったところで、この時点で気になったところがいくつかあります。

タミヤ
この後部の三角のパネルは別パーツになっていますが、私が作ろうと思っているマシンにはありません(もっと前に気づけよ、ヲレ)
画像


なので瞬着で埋めて処理することにしました。
それにしてもこのパネルは一体何なのでしょうかね?
画像

画像


ハセガワ
各部にあるリベット(ファスナー?)のモールドが大げさでかなりの凸!
これはリアの翼端板ですが、ここまで出っ張っていると、デカールを貼る際に難儀しそうだし、研ぎ出しも同様です。
そもそも実車はこんなに出っ張ってないと思うぞ。
画像


ということで0.1ミリくらい残してカット!
画像


フロントも同様に
画像


カウル後部も同様。またカウルの分割ラインが途中で消えているので入れておきます。
画像

画像

画像


こんな感じで各パーツをチェックしつつループしておりますが、今晩あたりやっと黒く塗れそうな悪寒。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

日の丸航空隊
2010年07月22日 18:11
こんにちは。ボディー塗装に
入る直前ですね。(^^)
タミヤのカウル後部の△板は
私はスルーしちゃいました。
昨夜、ヒロシさんの前回の
画像を基に、燃料ポンプの
配管を作りました。
そして、今日はハセのカウルに
リベットを打って、サフ吹きに
入ります。
ヒロシさんのお陰で、スキルが
アップしたようです。(感謝!)
ヒロシ
2010年07月22日 22:50
日の丸航空隊さん、こんばんは。
あの後部の△は何なのでしょうね?
ハセガワの方には無いので、やはりタミヤが取材した実車にはあったのでしょうかねぇ。
私も今晩塗装する予定ですが、TVを観ちゃったりしてまだしてません(汗)
これから頑張りま~す
CAB
2010年08月12日 10:21
そのパネルはですね、79年になるとその場所に追加のブレーキダクトが付くので、バリエーション展開前提(たぶん)のタミヤがあらかじめそういう設計にしてるようです。サイドポンツーンのアウトレット部もすぐ79年式にできるようなパーツ分割ですし。
ヒロシ
2010年08月13日 00:55
CABさん、こんばんは。
あ~やはりそうでしたか。
多分そういうことではないかと思っていましたが、実車に詳しくなかったので確信が持てませんでした。
箱の絵にもこのパネルが描いてあるので不思議に思っていたんです。
でもこれでバリエーション展開があるということがほぼ確実ですね。
ご教授ありがとうございます。

この記事へのトラックバック