~ライバル登場~タミヤvsハセガワLOTUS79製作記⑱

あ~あぢいいぃ~

なんなんだ!この暑さは・・・・

と、愚痴をこぼしても涼しくなるわけでもないので、素直に我慢です。

さて、当初の予定通りタミヤの方もデカールを貼り終え、ウレタンクリアーを塗装しました。
画像

画像


もうタミヤの方も研ぎ出しできそうなのですが、まずは満を持してハセガワのロータスからやってみます。

リアウィングを例にとると

まずは#1500→#2000とペーパー掛け。
但し、デカールを貼った部分で段差が生じているところは#1200を使用します。
左は比較用のタミヤのパーツでウレタンの吹きっぱなし状態。
画像

画像

画像


次にタミヤのコンパウンド(荒め)で磨きます。
ここであまりムキになって磨きすぎるとクリアー層を削りすぎてしまうので注意します。
画像

画像


次はMr,クラフトのトップコンパウンドで磨きます。
以前はタミヤの青蓋のを使ってましたが、最近はこれを使用しています。
ここまでで、かなりのつやが出ますがまだまだです。
画像

画像


次にタミヤの仕上げ目で。
画像

画像

とりあえずこんな感じになればOKです。
この後最後にハセガワのセラミックコンパウンド→コーティングポリマーで仕上げます。
尚、各工程の合間に必ず洗浄して前のコンパウンドの粒子などを洗い流しておきます。

このカウルも終了。
画像


ただ磨いている最中に「ピキッ」といやな音がしたので、よ~く見てみると・・・
画像


お分かりでしょうか?
クリアー層にクラックが入ってしまいました
ハセガワのボディカウルはプラが薄いので細心の注意が必要です。
もちろんそんなのは分かっていたのですが、やっちゃいますた。
まあ、あまり目立たないのでなかったことにしよう、そうしそう

この他フロントウィングや翼端板も研ぎ出し終了。
残るのは一番の大物の本体ボディカウルのみ。
腕&指が疲れるので毎日少しずつやっています(笑)

そうそう、フェラーリもフロントのマルボロのデカール以外のデカール貼りが終了しました。
これもウレタンを使用する予定ですが、これには精密屋のウレタンクリアー、または東邦科研のエンジンウレタンあたりを使ってみたいと思っているので、手に入るまでもう暫くこのままです。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

日の丸航空隊
2010年08月18日 20:42
こんばんは。
あじ~いいい~!!
ですよね。

我が家のロータスも
デカールが乾いたので、
クリアー吹きをしたいのですが、
この暑さで、モチベが下がりっぱなし
です。

ヒロシさんのロータスは
着々と進行しているようですね。
今晩から明日にかけて
クリアー吹きに
入る予定の日の丸です。
ヒロシ
2010年08月18日 23:10
日の丸航空隊さん、こんばんは。
こう暑いとなかなかやる気が出ませんよね(笑)
私はクーラーをつけてやってますが、研ぎ出しの際はそれでも汗かきながらやってます。
ハセガワの方はほぼ研ぎ出しが終了しました。腕が疲れるし肩が懲りました
お互いもう一息頑張りましょう。
JW
2010年08月20日 21:44
こんばんは。キレイに研ぎ出しますね。黒い塗装なんて出来ればやりたくないですね~。でも本当にキレイに磨けててすごいな~と思います。大抵白っぽくなっちゃうんですよね。
ヒロシ
2010年08月20日 22:18
JWさん、こんばんは。
お褒め頂き、ありがとうございます
研ぎ出しは根気とやる気の勝負ですね。
これでも隅っこの方はいまいち綺麗じゃないところもあるんですよ。
黒は大変ですが、綺麗に研ぎ出しできたときは喜びもひとしおです(笑)

この記事へのトラックバック