模型制作代行引き受けます。詳細は近日!

レベル1/32隼Ⅱ型乙その5

みなさん、連休はいかがお過ごしでしたでしょうか?

ワタクシ?

私は3連休の真中が仕事ですた。
こういうのはどうにもこうにもつぶしが利きませんね(笑)
まあ、別にどこへ行くことも無いので、土曜は家族で買い物に行ったりしましたが、連休最後の今日は、ほとんど1日模型を弄ってました。
こういう日も久しぶりです

で、現在は仕掛かり中のものをいろいろやってます。
まずはレベルの隼です。

機体のほうは士の字になって、各部の合わせ目の修正もめどがついてきました。
なので、キャノピーやカウリングなどのフィッティングをチェックです。

透明度はまあいのですが、ゲートのところなどは湯流れが悪くこんな状態
画像

画像

ここは黒瞬着を盛って修正しますかね。

あと胴体との合いもいまいち。
前部風防はピッタリ合うのですが、後部風防は浮いてしまいますので、風防の内側と胴体側を削って調整しました。
画像



カウリングと胴体の位置関係(上下)ですが、ちょっと上にずれています。
画像

画像


ここはカウリング上部の内側を少々削り、胴体側の下部のベロにプラペーパーを2枚ほど貼り、カウリングが下方にいくように修正しました。
画像

画像


機銃口の縁が厚いのと、奥行きがないのでドリルで深くし、縁も削りました。
画像

画像

画像


カウルフラップは凸線から凹線にしました。
また縁も薄々攻撃です(笑)
あ、ちなみに、今回レベルのキットの特徴であるカウリングカバーは接着せず、完成後に精密な(笑)エンジンが見えるようにする予定です。
画像


機種下のオイルクーラーの縁も薄く削りました。
これ中身はなにかこしらえないといけないですね。
画像

画像


プロペラは30年以上前のものにしては形状はいいのではないでしょうか。
ただ先端の厚みがかなり厚いので薄々攻撃です。
画像

画像

画像


そろそろ、どういう塗装にしようかと色々と思案してます。
キットには豪華なカラー塗装図が付属してます。
画像

画像

画像

画像

この中からどれかを選ぶか、あるいは他の資料からまったく違う塗装にするか・・・・
キットの塗装図はかなり前のものなので、資料との突合せもしないとね。
ま、この際そんなことはお構いなしに塗っちゃっても面白いかも。

まあ、どれにするにしても日の丸をはじめ、全て手書きでやらないといけません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

日の丸航空隊
2010年09月21日 05:34
おはようございます。

いよいよ士の字になって、
塗装の段階に入られるようですね。
塗装の資料として、
・エアロデティール
・MA2006年5月号
・マスターモデラーズVOL.35
がありますね。
ヒロシさんなら、全てお持ちでしょう
けれど、一応お知らせまで。
taki
2010年09月21日 08:06
塗装図こうゆうの嬉しいですね
昔のタミヤや大滝のキットの塗装図
大事にしてました。

レベルの32は説明書良いですね。
雷電についていた、稲妻マークの
説明なんかが、考証の第一歩だっ
たきがします。
ヒロシ
2010年09月21日 11:02
日の丸航空隊さん、こんにちは。
資料はエアロディティールとMAはありますね。マスターモデラーズは買ってるかなぁ?
あと他にも幾つかありますのでいろいろ見てみます。

塗装まではまだまだ掛かりそうです。凸モールドのラインやリベットの再生が厄介です(苦笑)
ヒロシ
2010年09月21日 11:07
takiさん、こんにちは。
そうそう、タミヤや大滝のカラー塗装図は私も今でも大体取ってあります。

昔のキットの説明書には機器の名前やマーキングの説明など、いろいろとためになることが書いてあり、楽しかったですね。
あきみず
2010年09月21日 20:12
カラー塗装図は当時資料を
持ってなかったので、貴重でした
航空ファンにもレベルのキットの
宣伝にずっと掲載されていました
凸ラインを掘りなおされるの
ですか 凄いチャレンジです
頑張って下さい。
COLT-T
2010年09月21日 20:38
良いですね~!
この塗装図、懐かしいなぁ。私もトミーの 1/32 P-51D の塗装図をまだ持ってますよ。(笑)
隼も、カウリング周りがぐっとハンサムになって、カッコイイ!
古くても、名作と言われるキットって、必ずどこかに魅力があるキットなんでしょうね。
ヒロシ
2010年09月21日 23:47
あきみずさん、こんばんは。
そうですね。
当時は資料などほとんど見ずに、キットの塗装図を見て塗装してました。

凸ラインはそのままで作ります。
消えたところはカッターの刃を立ててラインを再生しようかと思っています。
ヒロシ
2010年09月21日 23:51
COLT-Tさん、こんばんは。
私もトミーのP-51Dは作りました。
本当は疾風が欲しかったのですが、なぜかP-51Dになってしまいました(笑)

カウリング周りはネジの頭がモールドされていて(オーバースケールですが)なかなか迫力があります。
でも一部成型の関係か、そのモールドが消えかかっているところがあるんですよね。
そこはどうしようか思案中です。

この記事へのトラックバック