モンスターをつくろう「大アマゾンの半魚人」#2

既に雪風の記事に登場していますが、合わせ目の処理をしてサフを吹きました。

合わせ目は若干パテを使用して消しましたが、その部分の鱗というか皮膚のモールドは少々消えてしまいました。ちょっとは再生してみたのですが、あまり上手くは出来ませんでした。まあ、仕方ありませんね。

で、いよいよ塗装ですが、どういう風に塗っていくか悩みます(笑)
この手のフィギュアって塗ったことないもんで、どうやっていいのか・・・

ただ所謂モンスターですから、あまり明るいイメージの塗装では雰囲気が出ないと思い、まずはツヤ消し黒を全体に塗って、次に体のグリーンなどを塗っていく暗色立ち上げ法でやることにしました。
これでちょっとおどろおどろしい感じが出せたらと思います。

本当はこの全体を黒に塗ったのもデジカメで撮ったのですが、うっかりいらない画像を消去するときに全部消してしまい、画像がありません(涙)

ということで、いきなり塗装後の画像です。
画像


画像


体の色はグリーン系で塗ることにしたのですが、どんな感じのグリーンが合うかな?と塗料のストックを漁って選んだのが、ロシアングリーン(1)。
このちょっと明るい感じのくすんだグリーンを黒のベースに塗り、その上からカーキを要所要所に軽く乗せました。
腹の部分はサンディブラウンを下地の黒を残すような感じで塗装。
画像


この腹の部分の塗り分けはエアブラシでマスキングなしで塗装しました。
画像


普通の人間の顔でも苦手な顔の塗装はこんな感じ。
やっぱり目の入れ方が難しいですな。
画像


全体を塗装したあと、先日買い込んだ新しいタミヤの墨入れ塗料(ブラック)でフィルタリングして陰影を強調しました。(買い込んだのはブラウンと2色だす)
画像

この墨入れ塗料、私は以前からタミヤのエナメルのフラットブラックとフラットブラウンやレッドブラウンを混ぜたものを作っておいて使用してたので、あまり必要とは思わなかったのですが、つい最近、その作りおきした塗料が無くなって来たので試しに買ってみました。

使ってみた印象ですが、なかなかいいですね。
塗料を置いた瞬間にすっと溝などに流れていくのがいいです。ベースはタミヤのエナメルなのでしょうが、何か流れが良くなるようなものが入っているんでしょう。

さて、半魚人本体は終了したので、あとはベースの塗装です。
錆びているであろうイカリは昔買っておいたクレオスの水性錆び塗料で塗ってみました。
画像


水草は302番(グリーンFS34092)で塗って、やはり墨入れ塗料でフィルタリングしました。
画像


とりあえず半魚人と水草などをセットしてみました。
あとはベースですね。
まあ、これはまた合間を見つけてやろうと思います。
画像


画像


しかし半魚人は沼とか川にいたはずで、貝は良いとしてなんでヒトデがいるんでしょう??
まっ、いいか

で、調子に乗ってこんなの買いますた
画像

やっぱ私の世代は1号です(笑)

さあ、そろそろまたファントムに戻らないと・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い
ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

日の丸航空隊
2011年11月07日 07:09
お早うございます。
半漁人も色が入ると「らしく」なってきますね。
やはり、水中様ケースに入れたいですね。(^^)
こちらも、「デカールが乾いたであろう」なので、クリアー吹きに逝きます。
ヒロシ
2011年11月07日 09:55
日の丸航空隊さん、おはようございます。
あとはベースの色なのですが、地面は砂地??泥??でどういう色にするか悩みどころです。

この記事へのトラックバック