オートモデリングVol.25発売

本日17日発売のモデルアート誌増刊号のオートモデリングVol.25
画像


今回も私が作例を担当した、ロータス99TBとフェラーリ643が掲載されていますので、是非ご覧ください。

また今回は裏表紙にロータス99TBがデデ~ンと使われていて、ちょっと嬉しいです。
画像


尚、今週末のJMCでこの作例は返却していただけることになっていますので、19日のみスペースに余裕があれば臨時で展示するかもしれません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

日の丸航空隊
2011年11月17日 05:46
お早うございます。
本日、この本を購入の予定でいます。
ロータスとフェラーリ両車共相当の作り込みがされていると見ました。
また、JMCでも展示予定とのこと。
楽しみです。(^^)/
ヒロシ
2011年11月17日 09:16
日の丸航空隊さん、おはようございます。
ご購入とのこと・・ありがとうございます
JMCではスペースに余裕があれば展示しますので。まあ出来なくてもいらっしゃればお見せしますね
tukiji
2011年11月17日 11:35
はじめまして、オートモデリングのロータス拝見しました。丁寧な工作で清潔感があって素晴らしいですね。ところで金属板等の切り出しはどの様に切り出してるんでしょう?どうもにがてでして。ちなみに私も今回MP 4/4で参加させてもらってます。今後宜しくお願いします。次回作頑張って下さい。
ヒロシ
2011年11月17日 13:51
tukijiさん、はじめまして。
MP4/4拝見しました。ゴチャゴチャとした用途の知れない部品に鉄道模型の機関部などのパーツを使用するとは開眼でした。今度私もやってみますね

金属板の切り出しですが、私も得意でないし、経験もあまりまりません。ただご参考になるか分かりませんが、以前1/12のロータス72Dを製作したときに翼端板を切り出す方法をご紹介しています。
htttp://hj.at.webry.info/200912/article_4.html
又は左側のブログテーマのF-1をクリックし、[帰ってきた漢の1/12「ロータス72D」その8]をご覧ください。
こちらこそ、今後とも宜しくお願いします。
2011年11月17日 16:19
こんにちは。
ロータス99TB・・・!?なんぞや?と思って調べてみると、第9戦ハンガリー以降に投入されたマシンを模型誌だけが”99TB”と名称されているんですね。タメオの独自ルールが命名した事から、モデラーの間では一般的になったとか!(モデルグラフィック2007年8月号34ページ参照)
 うんちくはこの位にして、まだ本誌は見ていませんが楽しみです。今後の製作の参考にさせてください。
ヒロシ
2011年11月17日 19:42
フリーダムさん、こんばんは。
そうそう、私も最初はTBってなに?と思ったのですが、どうやらそういうことらしいです。

この99TBはスタジオ27のトランスキットで改造しましたが、唯一ターボのシュノーケルの高さが不足しているのが残念です。製作自体はコレのおかげで楽だったのですが、やはり自作した方が良かったかな?と思います。
ただ時間的な制約もありなかなか難しいところです。
yoshi
2011年11月19日 17:27
買いました 今回は車が少なく感じましたが、濃厚な内容でした ヒロシさんロータス99Tの作例多くないですか? 裏側の表紙カッコよかったです  
ヒロシ
2011年11月19日 23:24
yoshiさん、こんばんは。
そうですね、私も今回は内容が濃いように感じました。
今回ロータス99Tは3台登場してますが、新たに製作したのは99TBだけで、極初期型とイギリスGP仕様は、キットが発売された87年当時にプライベートで作ったものです。
今回は比較として一緒に載せたいということで一緒に貸し出した次第です

この記事へのトラックバック