お手付きをつくろう「フェラーリF2001」その2

前回剥がれてしまったウレタンクリアー(精密屋)ですが、もう一度上から塗装してみました。

一度吹いた後、少しおいてもう1度吹いて、少し厚めにしてみました。
このまま2~3日おいて様子を見てみます。
画像


さて、他の部分を進めましょう。
ステアリングを塗り分けました。
画像

本当は艶消しになっているグリップ以外の半艶の部分はカーボンなので、それ相応の再現をしてもよかったのですがスルーです。

パドルシフトのパーツを接着してコクピット内に取り付け。
画像


ここからいよいよアンダーボードとの合体作業に入ります。
後方のエンジンが載る部分には、モデラーズのメタルックを貼りました。このメタルックはかなり昔に買ったヤツですが、糊も異常なくちゃんと貼れました。
画像


フロントサスペンションはかなり前に塗装も終わっており、あとはモノコックに付けるだけ…と思ったら、アッパーアームだけまだカーボン模様を再現していませんでしたので、それを再現。

サイズの合いそうなメッシュを当てて、エナメルのメタリックグレーを軽く吹き付けます。
画像


するとこんな感じに。
上手くいかなければ、エナメルの薄め液で拭きとって何度でもやり直しができます。
この上から仕上げに半艶クリアーをさっと吹いておけばOK
画像


フロントサスペンション取り付け完了です。
画像


さて、ここでまた失敗をやらかしました。
アンダーボードとモノコックを接着する際、密着するようにテープで押さえたのですが、剥がす際にデカールを持っていかれました
画像


いやはや、ここがデカールだというのをすっかり忘れていました。
もうこの作品ボロボロです。

仕方ないのでタッチアップしましたが、ここはちょうど黒から赤に変わるグラデ―ションのところで、リカバリーが厄介です。

とりあえずこんな感じにしかできませんでした
画像


実はこのデカールを貼るグラデーションのところは、当初塗装で再現するか悩んだところでした。
結局塗装で再現するのも大変そうだし、上手くいくか自信がなかったのでデカールで処理したんですが、それが裏目に出た感じです。
また塗装のフェラーリレッドとデカールの赤もびみょ~に違うし・・・

ま、いまさら仕方ないですね。

さて、気を取り直してエンジンも接着です。
画像


今回エンジンは何もしません。
インスト通り塗装するだけです。どうせ完成しちゃえばカウルを外すこともないだろうし、何より資料がありましぇん!

エキゾーストマフラーはこれから塗装ですが、一応成形上見過ごせない部分は修正しました。
完成したら見ないつもりなのに・・・(笑)
画像


画像


さて、明日(もう今日ですが)はロードスター奥多摩ミーティングに参加してきます。

もう寝ようっと!

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2012年08月26日 06:39
ナイス・リカバリー!
カーボン模様はエンメルですね。
シッカリ記憶にインプットしておきます。

奥多摩ミーティング、気をつけて行ってきてください。
ヒロシ
2012年08月26日 16:46
日の丸航空隊さん、ここは一応リカバリーできたのですが、他の部分もデカールが剥がれたりして散々です。
もうこれはとにかく完成すればいいや…という雰囲気になってきました(苦笑)

奥多摩は湖畔からくる風が涼しくて気持ちよかったですよ。日向はやっぱり暑かったですけど(笑)

この記事へのトラックバック