WINGNUT WINGS Junkers J.1その9

皆さん、こんばんは。
ちょっと更新が滞ってしまいました。

ここのところ作例の方に時間を取られ、プライベートものを進められなかったもので・・・(^_^;)

週末にかけて少し進められたのでユンカースをちょびっと


ところで以前、このウィングナッツのユンカースを含め、メーカー設立当初の初期のキットの価格が発売当初より上がっているみたいだとお話ししましたが、やはり上がってました。
私はキットを買ったらその価格を記録しておくのですが、先日調べてみるとこのJunkers J.1は買ったときはUS$79.00でした。

ウィングナッツのサイトを見ると、現在はUS$99.00!
$20上がってます。

ちなみに今買うと1ドル99円とすると9800円ですが、まぁキットの内容からしたら、$79.0では確かに安すぎるかもしれません。

ちなみに同サイトを見てみると、LVG C.ⅥHansa-Brandenburg W.29は既にSOLD OUTだそうです

もう再生産はしないのかな?
この2点買っておいてヨカッタ(笑)

ちなみに、LVGは未確認ですが、W29は先日行った相模原のTamTamに1個ありましたよ。価格は9800円くらいだったかな。

欲しい人は急げ~!


さて、本題にいきましょう。

胴体と下翼のストラッツをやっと6本全て取り付けました。
胴体側の取り付け部はライトブルーに塗り分ける必要があり、それが結構手間を食いました。
画像


画像


上翼を支えるストラッツ8本には小さなデカールを貼る工程があり(しかも裏表16か所 あ~マンドクサ)、やっとそれを貼り終えたので、あとはフラットクリアーを吹けば上翼を取り付けできます。
画像


画像


コクピット周りのレザーをレッドブラウンで塗ってみましたが、少々艶がありすぎる感じ・・・
画像

これはもう少し艶を落として、使用感も出したいですな。

試しにエンジンを載せてみました。
まだ幾つかパーツを付けたり、塗り分けするところがあるんですが、なかなかいい感じです。
画像


画像


この機体は下翼の左側に方位磁石があるんですね。
画像


さて、今日8日は相模大野で宏美さんのコンサートなので、模型はほとんど弄れません。
しかし久々なので楽しみです。

では!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2013年09月08日 07:03
おはようございます。
32となると、流石に細かなところまで表現されていて、作り甲斐がありそうですね。
エンジンもかなり細かい。
ここも見せ場の一つですね。

宏美さんのコンサートで息抜きしてきてください。
ヒロシ
2013年09月08日 09:04
日の丸航空隊さん、おはようございます。
やはり32はそれなりに手が掛かります(笑)

エンジンはまだ補機類が少々と排気管などが付きます。

今日は午前中から野暮用で都心の方に行ってから夕方相模大野でコンサートです。そろそろ準備しないと…
やひち
2013年09月08日 22:27
細かい所まで手の入れ甲斐がありますね~。
完成したときの事を考えると手は
抜けませんね。忙しいでしょうが、
頑張って下さい!!
ヒロシ
2013年09月08日 23:29
やひちさん、32スケールの第一次大戦機は初めてなので、色々試行錯誤しながらやってますが楽しいです。
残念なのは、作例があるので一気に完成まで続けてできないことですね(苦笑)
雪風
2013年09月11日 23:21
大スケールだけに、色々細かいところまで出来てるんですね。手を入れるところも多くて大変そうです。でも、楽しく作れているなら気にもならないですね(笑)
ヒロシ
2013年09月12日 10:32
雪風さん、第一次大戦機はまだまだ経験が浅いので、ほとんどストレート組みです(笑)
でも楽しいですよ。

早く完成させたいんですが、今のところ来月半ば位には…と思っています。

この記事へのトラックバック