WINGNUT WINGS Junkers J.1その10

今日から10月です。
今年も今月を入れてあと3か月という…

早いですなぁ…

今年はJMCが無いので、来週末の全日本模型ホビーショーとかクラブの模型展示会とかに行きたいなぁ…と思っているんですが行けるかな?
そうそう、JMC事務局からその全日本模型ホビーショーの招待券が6枚ほど届いていますので、もし行かれる方はご連絡くださいね。招待券をお送りしますので。

ところで最近、このCMのソングが頭から離れません(笑)
やっぱ良美さんは歌が上手いですな

そしてこれもまた頭から離れない歌。「揖保の糸」CMではお姉さまの宏美さんの歌「時の針」が流れてます。この曲は6月に出したオリジナルアルバム「Love」に収録されているのですが、好評だったので急遽シングルカットされて10月9日にリリースされますよ。

皆さん、よろしく


さて、ユンカースもあともうひと頑張りすれば完成なんですが、何せ他のものに手が掛かってなかなか落ち着いて製作できません。
しかしあと少しなので頑張っていきましょう。
何とか今月中の完成を目指したいところです。


で、エンジンですが、インストにある実機写真を見ると、プラグコードはシリンダー左右上部の角パイプ?にまとめられて、それぞれのプラグへ繋がっているようです。
ただ右側はその写真があるので分かるのですが、左側(吸気側)の写真が無く、吸気マニホールドをどのように避けているのかよく分かりません。
画像


キットにはデスビ(たぶん)とプラグはモールドされているので、1/32というスケールを考えるとここはコードも再現したいところですが、それが確認できないので躊躇しているところです。
ただエンジンはもっと後でも載せられるので、先に上翼などを取付することにしました。


上翼を取り付けする際、コクピット内から上翼へ延びる作動索があります。インストではこのパーツは先にコクピット内へ接着して、上部のカバーを接着するという指示なのですが、その後の作業工程で絶対折ってしまう!と思ったので、この時点で取り付けました。
ちょっとコクピット奥に知恵の輪のように滑り込ませないといけませんが、後でも付けられます。
画像


画像



操縦席両脇のコノ字型のガイドの中に通します。
画像



で、いよいよ上翼の取り付けです。
まず下翼に左右2本のストラッツを取り付け上翼を載せます。そして接着剤がある程度乾いて固定できたところで、胴体側からの斜めのストラッツを接着。
画像


しかしこれがなかなか難しく、ほんの僅かに長さが足りないのか、固定中に外れること数回
遂には胴体に接着剤が付着して汚くなってしまいますた。。
画像


やっぱ複葉機は慣れてないからかなぁ・・・
ま、ここはフラットクリアをオーバーコートしているおかげで、何とか綺麗にリカバリーできましたけど(苦笑)


しかし接着剤が乾いてくると、それまでグラグラしていた上翼もわりとガッチリとしてきて一安心。
何しろ、上翼は左右に分割している重たい翼が付きますからね。
画像


ということで現在はここまで!
画像


残るは、足回りの工作や、機銃の工作、それにエンジンの追加工作など。
やっと完成が見えてきた感じです。

では!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2013年10月01日 14:09
ユンカースも締めに近づいてきたようですね。
プラグコードは、シングルコードなのかも知れませんね。
寸足らずのパーツで、塗装面を汚すこと何回もあります。
後少しですね、無理せずに頑張ってください。
ヒロシ
2013年10月01日 16:07
日の丸航空隊さん、こめんとありがとうございます。
プラグコードは左右に6本ずつのようです。デスビが両側にあるし、プラグも両側にあるので。

一番大変な上翼載せが済んだので、プラグコードさえ終わればあとは気楽に行けそうです(笑)
やひち
2013年10月02日 21:37
主翼の組立て、歪まないように
組むのに気を使いそうですね。
とは言え形が大分見えてきましたね。
完成までもう少し?あっ、当然この後
には張り線もあるんでしょうね・・・。
頑張って下さい!!
JW
2013年10月02日 21:44
こんばんは。
ドイツの複葉機ってこういう
緑/紫ってありますが
これって迷彩になるのかな~?と
前から思ってました。
でも夕方とかなら紛れるんですかね?(笑)

ウイングナット、細かいですね~。
でも組み立て方が面白いですね。
ヒロシ
2013年10月03日 00:03
やひちさん、コメントありがとうございます。
仰る通り、翼が上下水平になっているか、胴体に対して直角になっているかなど気を付けながら組みました。

張り線ですが、嬉しいことに(笑)この機体は翼間などには無く、尾翼への作動索(ワイヤー)がある位です。
ヒロシ
2013年10月03日 00:08
JWさん、コメントありがとうございます。
この迷彩の色の組み合わせは不思議ですよね。同じ意味でローゼンジも不思議です(笑)

32なので細かい部分まで再現されていますが、組み立て方は合理的な感じです。でも複葉機は慣れていないのでこんなものかなぁ…という感じですけど
雪風
2013年10月04日 23:29
複葉機は、どれも大なり小なり上翼の取り付け時に何かあるような気が。。。

それにしても、翼が付きだすと俄然格好良くなってきますね。張り線が無いというのは楽でいいです(笑)
ヒロシ
2013年10月05日 10:33
雪風さん、コメントありがとうございます。
上翼の取り付けはやっぱり慣れが必要なのかな(笑)

あともう一息で完成なんですが、なかなか続けて作業できないのが辛いところです。

この記事へのトラックバック