レベル1/25 `40Ford Standard Coupe製作記#8 完成!

楽しかった静岡HSからあっという間に10日以上経ちました。

ということで模型を再開!

まずはもっとも完成に近かったフォード・クーペを完成させました。
画像


インテリアは静岡の前にとりあえず完成させてありました。
窓のレギュレータハンドルなどはメッキシルバーの筆塗り。細いモールはメタルックでやってみました。
画像


いろいろネットで検索したのですが、このキットと全く同じという実車画像は発見できず。。
またダッシュボードやステアリングなどの色使いはそれこそ千差万別で、キットもそれらを参考に適当に塗り分けてます。
画像


次にボディに付ける各メッキパーツです。
今回はドアハンドルとホイールキャップ以外はキッチンハイターでメッキを落とし、メッキシルバーNEXTで再塗装で仕上げました。

その中でもヘッドライトのパーツはヒケが目立つのでパテで修正しました。
画像


画像


ヘッドライトレンズはキットのモールドがちょっと・・・という感じでしたので、秘蔵のモデラーズのライトレンズセットから径の合うものに変えました。
画像


またレンズの中心にクリアーランナーの先端を炙って丸めた電球を追加しました。
画像


画像


ボディサイドのメッキモールは、ハセガワのミラーフィニッシュを貼ってみました。
幅広に切り出したミラーフィニッシュを貼り、その後一発勝負?でモールの幅にカットしてます。
画像


ここで問題発生!
ボンネットのモールは左右で先端の位置が微妙に違います
この段階までまったく気づきませんでした。。。
しかしもう修正は不可能なので、このままです。
画像


バッテリーにはそれらしくコードを追加しました。
ラッパ式のクラクションはメッキを落とし、メッキシルバーで再塗装。
画像


ダッシュボード下にはヒーターか何かのパーツも付きます。
画像


そしてインテリアをボディにセットし、さらにシャーシをセット。
画像


このあとバンパーを取り付けるのですが、バンパーステーとシャーシが微妙に合わず取り付けに苦労しました。
あ、写真はありませぬ

ベンチシートの助手席の方には、デカールでセットされていた新聞か雑誌のようなものをプラペーパーに貼り、置いてみましたよ。
画像


ホイールはナットもちゃんと塗り分けてあるのでこのままホイールキャップレスにすることも考えたのですが、やはりホイールキャップを接着することにしたのでこれで見納めです。
画像


ということで完成でっす!

クリアーはフィニッシャーズのウレタンクリアーGP2を使用しました。
画像


GP2は本来吹きっぱなしで仕上げるタイプで塗膜が硬く、研ぎ出しにはメチャ時間が掛かります。
今回は埃などを噛んだところを中心に、全体の半分強を研ぎ出ししました。
画像


フロントグリルは中心がボディカラーでその左右がメッキのものや、ルーバーが縦ではなく横のものもあるようです。
ある時期でマイナーチェンジされたのかな?よく分りません。
画像


画像


こうやって見るとキャビンが凄く小さくボンネットとトランクが長いですね。
でもこれがカッコイイ!
画像


エンジンはかなり精密に再現されています。
追加したのはプラグコードとバッテリーコードくらいです。
画像


画像


画像


久々の古いアメ車の製作は楽しかったです。ただ、製作を開始したのが昨年の8月で、途中に作例などが入ったため、長期の中断を余儀なくされモチベーションが下がってしまい、最後は早く完成させたくてちょっと仕上げが雑になってしまいました
やはり短期間で集中的に作って完成させないとダメですね(笑)
でも完成したのは素直に嬉しいです。

レベル1/25 ‘40Ford Standard Coupe
製作開始:2013年8月20日
完   成:2014年5月28日
価   格:ヤフオクで数個まとめて購入のため不明

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2014年05月30日 05:17
フォードの完成おめでとうございます。
いかにも「クーペデス!」というボディー形状がたまりません。
室内やエンジンルーム内まで丁寧に表現されていて格好いいです。

次は「紫電」でしょうか?
楽しみです。
ヒロシ
2014年05月30日 13:19
日の丸航空隊さん、コメント&気持ち玉ありがとうございます。
レベルやモノのアメ車はやっぱり雰囲気抜群で作っていて楽しいです。また近いうちに作りたいですね。

次は紫電とファントムの予定ですが、もしかしたら別のも始めるかもしれません。
yaszo
2014年05月30日 17:31
完成お疲れ様でした。
ウレタンの手ロッとツヤが丸いボディと合わさっていい感じですねぇ(^^)
雰囲気はいいですけど作るのにはいろいろと落とし穴がありそうなキットで(^^; 30~40年代のアメ車もそろそろ作ってみたいなぁなどと思ってしまいましたw
ヒロシ
2014年05月30日 20:35
yaszoさん、ありがとうございます。
当初はガイアにするか迷ったのですが、結局ウレタンにしました

今回の落とし穴は、バンパーを付けるのに苦労したのと、フロントガラスをボディにはめると、下部にすき間があいてしまったことでしょうか。
どうやらクリアーの厚みで、クリアランスが狂ってしまったようです。

yaszoさんの作る30~40年代のアメ車も是非見てみたいです
雪風
2014年05月31日 22:07
完成おめでとうございます。
こういう古いクルマはカタチがいいですね。何ともいえない曲線がそそります(笑)。タイヤの白い部分とか、そういうところも実に良い感じです。
2014年05月31日 23:05
完成おめでとうございます。
実車のことは全く存じ上げません∧∧
各種ディテールアップと古いクルマとのバランス感が絶妙。
当時の空気感が漂ってきます。
何とも言えないボディ色もセンシティブですね~
ヒロシ
2014年06月01日 10:21
雪風さん、ありがとうございます。
この時代の車は本当にいいですね。なのでまだまだ沢山作りたいです。

タイヤの白い部分は別パーツになっているんですよ。合いはバッチリでした(笑)
ヒロシ
2014年06月01日 10:23
たかととさん、ありがとうございます。
私も実車のことはよく分りません(笑)

ボディカラーはネットでこういう色の実車を見つけたので、それを手本にしてみました。
2014年06月01日 12:03
フォード・クーペ完成おめでとうございます!!!!
本当に品のある美しく仕上げられますよね。
早く完成させようという気持ちを持たないのでしょうね。
その場その場の作りを楽しんでいらっしゃるのでしょう。
私は早く完成し見たい派です。
ですから完成時いつも泣いております。
ヒロシ
2014年06月01日 17:38
エアプレンさん、ありがとうございます。
実は早く完成させようと毎回思っているんですよ。
もちろん楽しんで作っているんですが、完成が近くなると早く完成させたくて工作もちょっと雑になってしまいます(笑)
2014年06月01日 20:03
完成おめでとうございます。
これ、味がありますねぇ。 クラシックな車両には当時の生活感を取り入れると、ジオラマじゃなくてもストリーが頭に浮かんできそうです。
お疲れ様でした。
ヒロシ
2014年06月02日 00:09
COLT-Tさん、ありがとうございます。
昔からなぜかこの手の古いアメ車好きなんですよね

いずれこういうアメ車を添えたビネットを作ってみたいものです。
2014年06月07日 11:13
完成おめでとうございます。

私も現車は守備範囲外ですが…
『らしさ』『雰囲気』が素敵です。
ボディの色合い、艶。各種メッキパーツの風合いにうっとりです。
ヒロシ
2014年06月07日 22:52
ひろさん、ありがとうございます。

今回はこのボディカラーにしたくて作ったようなものです。
今までですと、この手のアメ車は黒や赤や茶系の色しか作ってなかったので
またそのうち古いアメ車やりたいです(笑)

この記事へのトラックバック