エデュアルド1/72 Fokker Dr.Ⅰその3 完成

フォッカーDr.Ⅰ完成しました!
画像


最後は夢中で製作していたため写真をあまり撮ってませんが、完成までをご覧ください。





デカールを貼ったあと、80%位の艶消しに調整したフラットクリアーを吹いて機体を組み立てました。

動翼の作動索のワイヤーはφ0.2㎜の真ちゅう線で再現しています。
画像


画像


このキットは袋入りで売っていて箱がないうえに、インストにも張り線の図もありません。
Dr.Ⅰはもともと張り線は少ないですが、コクピット前の上翼と中翼の間に確かあったはずと思い、ストックしているローデンの1/32の箱絵を参考にしました。
画像


すると、コクピット前には左右とその前方にクロスしているのが分かります。
画像


またタイヤの付く脚柱の間もクロスしているのが確認できました。
画像



コクピット前などは張り線の基部にそれらしくモールドがあったので。0.25㎜のピンバイスで穴を開けておき、そこに真ちゅう線を差し込んでから瞬間で固定しました。
画像


画像


また脚柱間にはその基部のモールドがなかったので、胴体側の付け根と車輪の間の翼の付け根に瞬間で接着しています。
画像


プロペラはまだまだ苦手な木目塗装
画像


ベースに明るめのブラウンをエアブラシで塗装し、そのあと筆塗りで暗めのブラウンを塗装。
最後はクリアーオレンジを吹いています。
画像


画像



ということで完成で~す!
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像



エデュアルド1/72 Fokker Dr.Ⅰ
製作開始:2,016年3月4日
完   成:2016年3月13日
価   格:\420(購入当時税込み価格)


第一次世界大戦のドイツの撃墜王フォン・リヒトホーフェンの真っ赤な愛機「レッドバロン」です。

今回は着手してからわずか9日間で完成させることができました。
そもそも紫電改のリベット打ちが大変だったのでその気分転換にと始めたのですが、作り始めるとサクサクと組めてこっちがメインになってしまいました

簡易キットとはいえ、そこはエデュアルド!
とても組みやすく、フィッティングも良くて作っていて全くストレスを感じませんでした。

元々張り線が少ない機体だったので、その張り線を追加した程度であとはほとんど手を加えていません。
唯一脚柱と胴体とがイモ付けに近い状態で、接着しても強度が不安定で張り線を行っている最中にポロッと取れてしまいました(笑)
なので前側の2本(カウリングのすぐ直後)だけ、張り線と同じ0.2㎜の真ちゅう線を介して接着しています。

買ったのはちょうど10年前、そのうちそのうち…と思っていたのですがやっと完成させることができました。

それにしても今年のキット完成数は1月からランチアベータモンテ、P-47N、Uボート、F355GTSに続き5作品目です。
今年は良いペースです

では!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2016年03月14日 14:31
Dr.Ⅰの完成、おめでとうございます。
レベルのキットよりも作りやすそうですね。
簡易とは言え、サクサク行けそうで、作りたくなってきました。
このくらいの大きさなら、駐機場の心配も無いですからね。(笑)

お疲れ様でした。
引き続き、「紫電改」頑張ってください。
ヒロシ
2016年03月14日 18:34
日の丸航空隊さん、ありがとうございます。
レベルのキットは古いですからねえ。
このキットは作りやすいですよ、お勧めです

紫電改も頑張ります。

あきみず
2016年03月14日 20:56
DrⅠ完成おめでとうございます。
複葉機も張線の少ないのが、作ろうと
いう気がします。黒下地で赤の発色が、いい
のでしょう アップで見てもよく解ります
複葉機の在庫は どれくらいあるのでしょう。
やひち
2016年03月14日 22:08
完成おめでとうございます!
72の複葉機だとかなり小さそう
ですが、細部まで抜かりないですね!
気分転換の積もりがサクサク進んで
止まらなくなるのは良く有りますよね、
ワタシも今そうなってますので・・・。
結局デカールはプラッツのを購入
しました、提供の御申し出無駄に
してしまい申し訳ありません・・・。
ヒロシ
2016年03月15日 00:27
あきみずさん、ありがとうございます。
インストではクレオスの3番が指定されてましたが、それよりも明るく隠ぺい力のあるハーマンレッドをマホガニーサフの上に塗装したので狙った通りの塩梅の赤になりました。

複葉機の在庫は1/72が7~8機で、1/32が12~13機位です。
1/48はほとんどありません。
2016年03月15日 00:28
DrⅠの完成おめでとうございます。真っ赤な機体色が映えますね。ペラの木目塗装も雰囲気があってグッドです。ローデンの1/32をお持ちとの事ですが、私は数年前に完成させています。よろしければこちらを御覧下さい。⇒http://blog.goo.ne.jp/0-sen/e/07ccbba8fea9300b5431a11f3ec60b25
私は真っ黒の塗装で仕上げましたが、デカールの硬さに苦労させられました。ぜひ、機会があればローデンのキットも製作して下さい。私も、何だかDr.I作りたくなって来ました。(*_*)
ヒロシ
2016年03月15日 00:31
やひちさん、ありがとうございます。
張り線だけは少ないので頑張って付けまし(笑)
合いも良いのでサクサク進んで楽しかったです。
また完成した機体も可愛くて気に入ってます。

F-1はプラッツのデカールが手に入って良かったですね。
申し出の件は気になさらないでください
ヒロシ
2016年03月15日 09:01
0-senさん、ありがとうございます。
ペラの木目塗装はまだまだですねぇ…もっと上手くなりたいです

ローデンの32あとでじっくり拝見させていただきますね。
実は数年前に1/72のユンカースD.Ⅰを作っていますが、やはり固いデカールに苦労しました(笑)
上の記事の最後にあるテーマ「第一次大戦機」をクリックするとユンカースD.Ⅰの製作記がご覧いただけます。

この記事へのトラックバック