エアフィックス1/72 DH.82aタイガーモス製作記⑦完成!

皆さん、こんにちは。

台風が関東直撃し、かなりの大雨となりました。
皆さんは大丈夫でしたでしょうか?

さて、今年の3月に着手していたエアのタイガーモスが漸く完成しました

画像


では完成までをご覧ください。

いよいよ上翼を取り付けますが、張り線の下準備を行います。
コードをばらした極細の銅線でアイボルトを作ります。
ピンバイスにくわえているのはL字にしたφ0.3㎜の洋白線です。
画像


画像


このアイボルトをφ0.2㎜の穴を開け翼の各所に埋め込みます。
そして上翼を付ける前にドール用の髪の毛で張り線の準備
画像


上翼を取り付けたらある程度接着剤が固まるまで放置し、その後張り線を行います。
画像


両サイドのクロスした補強ランナーは他の張り線が終わった時点、最後に切除しました。
画像


画像



画像


下翼前縁付け根付近からは張り線が2本出ていますので、ここは0.2㎜の穴を開け直接2本を埋め込んでいます。
画像


実はラダーから胴体側面に2本の作動索があるんですが、これは胴体後部のフィンを貫通しています。
画像


箱絵でも
画像


しかしこのスケールでこれを再現するのは今更無理と判断し、今回はスルーしました。
因みにこのフィンがあるのは民間型のキットの方で、軍用型ありません。

ということで完成!
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


エアフィックス1/72 デ ハビランドDH.82a タイガーモス
製作開始:2016年3月23日
完   成:2016年8月21日
価   格:¥600


キットはパーツも少なく、サクサクと組めます。
ただ胴体後部の民間型のみカットして差し替えるフィンのパーツの合いはイマイチ。
軍用型ならここはそのままなので問題ないでしょう。

張り線はお得意のドール用の髪の毛を使用し、コードをばらした極細の銅線で作ったアイボルトを埋め込んで貼っています。
塗装マーキングは作品の1種類のみですが、インストの塗装指示と箱絵の色が違うのでちょっと迷うところがありましたが、全体的にはよく出来たキットです。
軍用型もストックしているので、いずれまた製作したいですね。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2016年08月23日 05:06
タイガーモス、完成おめでとうございます。
作例やSHS作品を挟んでの製作で、大変だったですね。

赤とシルバーのシンプルな塗装が良いですね。
張り線も「アイボルト」を使っているので、より本物に近い感じに見えます。

自分も、九三式中練を2機積んでいるので、いつかは作りたいです。
2016年08月23日 08:30
このラインのモデリングは全くの門外漢でして。。
600円というのは今の時代とてもリーズナブルですね!
張り線をドールの髪の毛を使うんですね。繊細い!
スケールが小さいので水平とか気を使いそうですねぇ~
ヒロシ
2016年08月23日 11:16
日の丸航空隊さん、ありがとうございます。
なんだかんだで放置期間を含めてほぼ5ヵ月掛かってしまいましたが、完成して嬉しいです。

塗装は1種類しかないのでこの塗装しか選べませんが、派手なので気に入ってます。
別売デカールも出ているのでそれを使えばいろいろできますね。
日の丸航空隊さんの九三式中練も見てみたいです。
ヒロシ
2016年08月23日 11:27
たかととさん、エアフィックスの1/72キットはイーズナブルなのが多いので、気に入ったのがあるとついつい買ってしまいます(笑)

ドール用の髪の毛はこの他アンテナ線に使ったりしますが、テグスより伸縮性があって舜着も効きやすいので気に入ってます。
2016年08月23日 18:54
タイガーモス完成おめでとうございます!!!
アイボルトまで作られるとは本格的ですね。
ヒロシさんはWWⅠ機も製作されていらっしゃいますものね。
ヒロシさんは張り線をドールの髪の毛を使われていますが、WWⅠ機通の模型店の店長は自分の髪の毛をたまに使うそうです。
弾力性があり伸び縮みと良い大変ベストだと言っていました。
私は釣糸を使うのですが、少したるんでしまった時線香で炙りピンとさせようとする時があるのですが、運悪いとプスッと切れてしまいやり直しという時があるのでその時は大変スリルがあってドキドキものであります。
ヒロシ
2016年08月23日 22:08
エアプレンさん、ありがとうございます。
WWⅠ機は結構ストックがあるんですよ。
ウィングナッツの32キットは10個ほど積んでいます。

張り線の素材は色々ありますが、特に72スケールだと髪の毛(ドール用でも人でも)はちょうどいい太さですね。
ひろ
2016年08月25日 23:18
完成おめでとうございます。

WWI機をじっくり見るのは初なのですが、独特の存在感が素敵ですね。
ヒロシ
2016年08月26日 08:38
ひろさん、ありがとうございます。
タイガーモスはWW1機というより(1930年代初頭)大戦間~戦後まで使われ、現在でも現存機が多数あります。

複葉機はなんとなくロマンが感じられて好きなんですけど、張り線が厄介と言えば厄介(笑)
でも完成したときの存在感は抜群!これからも沢山作っていきたいです。

この記事へのトラックバック