ナガノ1/20 ケンメリGT-R製作開始

いよいよナガノのGT-Rに着手しました。

来年2月のオー集に向けて頑張りたいと思います。
第1回目の今回は製作していくうえでのキットの考察です。

まずはボディのチェック!
画像


画像


全体的なプロポーションは素晴らしいですが、プラの厚みがわりと薄く、すべて開閉するのでボディの剛性が無く全体が少し歪んでいます。
そして各開閉部分はかなりヘロヘロ

画像


画像


画像


画像


画像


グリルはなかなかの出来。
メッシュ部分はくりぬいてメッシュを貼ろうかな。
画像


エンブレムもキレイ。
但し研ぎ出しに邪魔になるのでなんとしないとなぁ。。
画像


このキットはモーターライズで、エンジン内にモーターを仕込みプロペラシャフトを介してデフケースのギアで後輪を回転させます。
なのでエンジンもそうですが、デフケースがとんでもない大きさと形状です(笑)
画像


画像


試しにタミヤの箱スカミニカーから外したリアサスやデフを置いてみると、若干の加工でそのまま付きそうです。
これは驚き。
画像


画像


もちろん箱スカとケンメリではサスの形状なども違うでしょうが、キットストックの状態よりは数段マシですので、これを流用しようと思います。

まずはシートだけ組みました。
合わせ目はパテで。。
画像


当面はボディの開口部をシャキッとさせることが先決かな。
シャーシはミニカーから移植するエンジンやサスペンションなどを上手く付くように加工ですね。

ではまた!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

ヒカル
2016年09月08日 20:15
プロポーションは良い感じですが、細部の修正は
必須なんですね。
やはりこの時代のキットはこんな感じかぁ~。
でも、横浜でヒロシさんマジックが見れるんですね。
2016年09月08日 21:06
いよいよ開始ですね!
ヒカルさんの仰るとおり各ボディパネルの形状は良くても合わせると「!」なのはこちらの2000GTでも経験しました。
何度プラ板薄切りを貼ったことやら。。。
しかし下回りのパーツがそのまま行けそうなのは凄いです。
今同時進行しているキットが完成したら1/24のニチモハコスカとマルイのケンメリを作る予定です。(来年)
ひろ
2016年09月08日 22:25
いよいよですねo(^o^)o
そうでした。デフが巨大でした。
細部を見ると『思い出補正』が入っていた事に気付かされました( ̄▽ ̄;)
リアサス&デフの移植はナイスアイデア。タミヤさまに感謝ですね。
ヒロシ
2016年09月08日 23:36
ヒカルさん、予想はしてましたがやはり開口部などはかなりの修整が必要ですね。
果たしてマジックをお見せできるか分りませんが頑張ってみます
ヒロシ
2016年09月08日 23:40
たかととさん、2000GTより古いと思うのでもっと大変かもしれません。
それにしてもリアサス周りがほぼそのまま使えそうなのは私も驚きました。

ニチモの箱スカとマルイのケンメリも楽しみですね。
特にマルイのケンメリは完成品も見たことないので楽しみです。
ヒロシ
2016年09月08日 23:42
ひろさん、デフは「こりゃダメだ!」と思って試しにタミヤのパーツを付けたらほぼピッタリ。
更にサスペンションも合わせたら、前側の差し込みピンもほんの0.3㎜ほどずれているだけでした。

この記事へのトラックバック